フリーターの就職道|脱フリーター伝説とは

当サイトは元フリーターの現役就職アドバイザーが運営する「フリーター向け就職情報サイト」です。

一般的にフリーターの就職は難しいと言われています。

なぜなら第二新卒と同じ就職マーケットで内定を勝ち取る必要があるからです。

フリーターから見れば第二新卒組はいわばエリートで強豪。

普通に就職活動をしては到底太刀打ちできないでしょう。

しかし、だからといってフリーターの就職ができないと思ったら大間違いです。

フリーターの置かれた状況を理解し、正しい方法で就職活動をすれば、内定を得ることは難しくありません。

まずは自分がどのタイプのフリーターに当てはまるかしっかりと把握しましょう。

お急ぎの方はこちらから

>>おすすめのフリーター就職サイトまとめ<<

大卒フリーターの就職

大卒フリーターはフリーター界のキングといっても過言ではありません。

もちろん大卒者だからといって容易に就職できるとは限りませんが、有利になるのは間違いないでしょう。

人口&割合

まずは以下のグラフにて大卒フリーターの人口を確認します。

学歴別フリーターの人口

こちらの統計データによると、大卒フリーターの人口は男性が20.4万人、女性が16.9万人です。

この数字を多いと見るか、少ないと見るか。

割合で確かめましょう。

学歴別フリーターの割合

フリーターに占める大卒者の割合は男性が23.2%、女性が16.2%です。

この数字から判断すると、大卒フリーターは珍しくないながらも決して多くもないということができるでしょう。

多くもないということは、就職においてそれだけライバルも少ないということ。

ですから大卒フリーターで就職をお考えの方は非常にラッキーです。

仮にライバルと能力や人柄が同じだった場合、学歴が一押しになる場面も確実に出てきますから。

就職率

では実際、大卒フリーターの就職がどれほど有利なのか。

統計データにて確かめましょう。

以下のグラフは学歴別のフリーター就職率です。

学歴別フリーター就職率

男性が31.5%、女性が15.1%で、男女共に最も就職率の高いことがわかります。

それでも中には、この数字が低く感じる人もいるでしょう。

半数を下回っていますから。

しかしこの数字はあくまでも、フリーター全体から見た就職率です。

よって就職したくないフリーターも含まれていますから、それを考えると立派な数字と言えるでしょう。

ちなみに大卒フリーターの転職希望率は以下の通りです。

学歴別フリーターの就職希望率

いずれにせよ、大卒フリーターは就職率だけでなく転職希望率も高いことがわかります。

そんなわけで大卒フリーターの方は自信を持って就職に挑みましょう。

就職を希望することで初めて大卒フリーターの価値が生まれるのですから。

おすすめの就職方法

大卒フリーターにおすすめの就職方法はフリーター就職サイトの利用です。

フリーター就職サイトを利用すれば、手厚いサポートを受けながら就職活動を行えるので使わない手はありません。

むしろ就職を検討している大多数のフリーターはフリーター就職サイトを利用します。

ですから、使わないだけ損をしてしまうというのが現状です。

より有利に就職活動を進めるためにもぜひ大卒フリーターの方はフリーター就職サイトを利用しましょう。

高卒フリーターの就職

高卒フリーターは大卒フリーターに比べてやや不利です。

しかし、それでも不安になる必要はありません。

高卒フリーターでも就職することは可能ですから。

それでは詳しく見ていきましょう。

人口&割合

まずは高卒フリーターの人口から見ていきましょう。

学歴別フリーターの人口

高卒フリーターの人口は男性が39.6万人、女性が46.0万人です。

フリーターの大半が高卒ということがわかるでしょう。

ちなみに割合は以下の通りです。

学歴別フリーターの割合

人口が多いわけですから当然割合も高くなります。

これぞまさに「高卒フリーターは珍しくない」です。

就職に関しては人口が多い分、ライバルも増えますが、裏を返せばマーケットも大きくなるということ。

何も心配いりません。

就職率

実際のところ、高卒フリーターの就職率は低くありません。

以下のグラフで確かめましょう。

学歴別フリーター就職率

男性が23.5%、女性が8.7%で男性に関してはもはや短大卒フリーターの就職率を超えています。

もちろん女性の高卒フリーターも心配する必要はなく、ただただ就職を希望している人が少ないだけです。

 学歴別フリーターの就職希望率

37.9%の男性、25.1%の女性だけが就職を希望しています。

確かに高卒フリーターの人口はかなり多いです。

しかし、このように就職希望率は大して高くありません。

ですから、高卒フリーターでライバルが多いからといって諦めるのではなく、希望を持つことが大切です。

高卒フリーターでも就職を希望するだけで、半数以上のライバルが減るわけですから。

就職は希望なしには決まりません。

おすすめの就職方法

高卒フリーターにおすすめの就職方法はフリーター就職サイトの利用です。

なかでも研修型のサービスを使うといいでしょう。

研修型であれば、社会人として必要なスキルを培いながら就職することができます。

ちなみに高卒フリーターだと、大した就職先がないのが現実ですが、フリーター就職サイトを利用すればその限りではありません。

フリーター就職サイトは実際に目で確かめた企業しか掲載しないので、その企業ならば安心して働くことができるでしょう。

なおフリーター就職サイトが利用できるのは高卒以上から。

きちんとした会社で働きたい高卒フリーターはぜひ利用しましょう。

高卒フリーターの数多くがフリーター就職サイト経由で就職を決めています。

中卒フリーターの就職

お世辞を抜きにして中卒フリーターの就職は難しいです。

しかし、それでもやり方次第では不可能ではありません。

詳しく見ていきましょう。

人口&割合

中卒フリーターの人口は学歴別に見て最も少ないです。

学歴別フリーターの人口

男性が12.2万人、女性が10.6万人です。

言うならば、中卒フリーターの就職マーケットは非常に狭いということ。

一筋縄にはいきません。

就職率

では実際、中卒フリーターの就職はどれくらい成功しているのでしょうか。

以下のグラフで中卒フリーターの就職率を見てみましょう。

学歴別フリーター就職率

こうしてみると、意外にも就職率は高いことがわかります。

もっとも男性が17.9%、女性が4.0%であることから男女間の格差は明らかでしょう。

ちなみにそれぞれの就職希望率は以下の通りです。

学歴別フリーターの就職希望率

男性はそのまま希望率の低さが就職率に反映されています。

女性に関しては、希望に関わらずただただ就職率が低いです。

果たして本当に中卒フリーターは就職できるのでしょうか。

中卒フリーターの就職が難しい理由

中卒フリーターの就職が難しい理由の一つに適切なサポートを受けられないことが挙げられます。

実際、フリーター就職サイトも中卒者は利用することができません。

もし中卒でもフリーター就職サイトが利用できたらはるかに就職率は高くなるでしょう。

ではなぜ利用できないのか。

それは、中卒フリーターのマーケットが小さい以上、求人もはるかに少ないからです。

つまり中卒フリーターに紹介できる企業はそもそも多くないと言うことができます。

これぞ中卒フリーターの就職が難しい理由です。

中卒フリーターにおすすめの就職方法

では中卒フリーターは一体どのように就職すればいいのか。

単刀直入に言うと「紹介予定派遣」の利用です。

確かに紹介予定派遣は派遣社員の一種となります。

しかしこの働き方ならば最長半年で社員になることが可能です。

遅かれ早かれその企業での採用が半年で決まるということですから、大変便利なシステムと言えるでしょう。

というわけで、就職したい中卒フリーターは紹介予定派遣から正社員を目指すことをおすすめします。

むしろフリーター就職サイトが使えない以上、そうせざるをえません。

20代フリーターの就職

フリーターの就職において学歴以上に重要なのが、年齢です。

実際いくら高学歴とはいえど、高齢であればあるほどフリーターの就職は難しくなるでしょう。

逆にいえば、どんな学歴や職歴だったとしても若ければ若いほど就職は有利です。

というわけでここからはフリーターの就職戦略について年代別にお伝えします。

ちなみに20代かつ高卒以上の方であればここから先は見る必要がありません。

有無を言わずにフリーター就職サイトを利用しましょう。

20代かつ高卒以上の方はこちらへ

>>おすすめのフリーター就職サイトまとめ<<

就職率

一応20代フリーターの就職率に関してお伝えしておきましょう。

年代別フリーターの就職率

やはり20代フリーターの就職率は圧倒的で、男性が28.8%、女性が15.2%です。

つまりフリーターは今この瞬間こそ一番価値があります。

ちなみに20代フリーターの就職希望率は以下の通りです。

年代別フリーターの転職希望率

こちらもやはり20代が強いです。

多少誤差はあるものの、若いフリーターほど就職を希望していることがわかります。

そんなわけでフリーターの就職は思い立ったが吉日で、すぐに行動を移すことが大切です。

先延ばしにすることで得られるメリットはないのですから。

おすすめの就職方法

20代フリーターにおすすめの就職方法はフリーター就職サイトの利用です。

むしろ20代しか利用できないサービスを利用しない手はありません。

なお、20代フリーターの多くがフリーター就職サイトを利用して就職に成功しています。

20代なら使わないだけ損なので、ぜひ利用して就職活動を行いましょう。

いい意味で楽して就職できますから。

30代フリーターの就職

30代フリーターからはいわゆる中年フリーターと呼ばれます。

中年フリーターの就職に関する社会問題はニュースでもよく見るようにかなり深刻です。

それでも何も心配は要りません。

やり方さえ間違えなければ就職は成功しますから。

あとは気持ちの問題です。

それでは詳しく見ていきましょう。

就職率

以下のグラフから30代フリーターの就職率がわかります。

年代別フリーターの就職率

30代フリーターの就職率は男性が23.8%、女性が8.3%です。

女性に関しては20代に比べて約半数近く減少します。

そして気になる就職希望率ですが、以下のグラフから読み取りましょう。

年代別フリーターの転職希望率

意味深に30代前半の方が30代後半よりも就職率が低いです。

あくまでもこれは仮説ですがフリーターは20代が終わってしまうと、一旦就職を諦めてしまうのでしょう。

そして30代後半に向かうにつれて「いよいよ就職しなければ本当にヤバイ」と自身の問題を直視する傾向にあるようです。

いずれにせよフリーターの就職は若ければ若いほどいいのは間違いないので、30代前半であろうと後半であろうと一刻も早く就職することをおすすめします。

おすすめの就職方法

30代フリーターの就職が難しいのは、フリーター就職サイトを利用できないからです。

利用できないということはそもそもの求人数が少ないことが考えられます。

求人数が少なければ当然、就職も難しくなるでしょう。

そこでおすすめなのが「紹介予定派遣」のシステムです。

中卒フリーターの就職でも説明しましたが、この働き方なら最長半年で正社員になることができます。

いわばフリーター就職サイトを利用したくても利用できない場合のBプランが「紹介予定派遣」と言えるでしょう。

そんなわけで30代になって就職が不利になってしまったフリーターは直接正社員を狙うのではなく、紹介予定派遣から正社員を目指すのがおすすめです。

フリーター就職サイトを利用できない30代の多くが紹介予定派遣を利用して正社員になっています。

40代フリーターの就職

30代フリーターの就職が難しいのに40代フリーターの就職が簡単なわけありません。

基本的な就職戦略は30代フリーターと一緒ですが、より一層努力が必要だということを覚悟しましょう。

あとは諦めない気持ちです。

それでは詳しく見ていきましょう。

就職率

以下のグラフから40代フリーターの就職率がわかります。

年代別フリーターの就職率

40代男性フリーターが20.6%、女性が7.8%です。

そして就職希望率も見てみましょう。

年代別フリーターの転職希望率

残念ながら40代後半のデータはありませんが、31.5%の男性が、23.7%の女性が就職を希望しています。

就職率と就職希望率からポジティブな見方をすると、30代も40代も大差ないということ。

そういう意味でも決して悲観的になる必要はないでしょう。

とにかく40代でも希望を持つことが大切です。

おすすめの就職方法

40代フリーターも30代フリーターと同じく「紹介予定派遣」を利用して就職を目指しましょう。

もはやそれ以外の方法が残されていないというのが、正しい表現です。

繰り返しになりますが、紹介予定派遣のメリットは最長半年で正社員になれるということ。

いわば試用期間のようなものです。

紹介予定派遣を利用すれば、企業とのミスマッチも防げますから、後がない40代フリーターでも追い込まれることはありません。

ブラック企業に40代フリーターという弱みに付け込まれないためにも、ぜひ紹介予定派遣を利用して就職することをおすすめします。

後がない40代フリーターだからこそ、弱みに付け込まれて搾取される可能性が非常に高いです。

女性フリーターの就職

女性フリーターの就職戦略についてもお伝えしておきましょう。

ちなみに男性であれ、女性であれ基本的にフリーターの就職は年齢と学歴が肝です。

女性だからといって不利になることはありません。

このことを踏まえ、詳細を見ていきましょう。

就職率

年齢や学歴の観点から女性フリーターの就職率に関して見ていきましょう。

まずは年齢の観点から。

以下のグラフで年齢別に女性フリーターの就職率がわかります。

年代別フリーターの就職率

男性に比べて就職率は低いですが、心配いりません。

単純に就職希望率が低いだけですから。

そこで年代別フリーターの就職率を示した以下のグラフをご覧いただきましょう。

年代別フリーターの転職希望率

このグラフから見てわかる通り、男女間のフリーター就職率の差は単純に希望率の差だと言えます。

ですから就職したいと考えている女性フリーターはガンガン就職を希望していきましょう。

女性だからといって悲観的になる必要はありません。

むしろ悲観的にならないといけないのは年齢です。

男性と同じく、年齢を重ねるにつれ就職が難しくなるのですから。

続いて、学歴という観点から女性フリーターの就職に関して見てみましょう。

以下のグラフで学歴別女性フリーターの就職率を確認します。

学歴別フリーター就職率

一見すると年齢と同じく、男性より女性は就職が難しいかのように思えます。

もちろんこれも心配する必要はありません。

同じロジックです。

以下のグラフで学歴別のフリーター就職希望率を確認しましょう。

学歴別フリーターの就職希望率

やはり女性はそもそもの就職希望率が低いことがわかります。

希望がないことには就職できませんから、それだけ就職率も下がるでしょう。

なお女性フリーターも男性と同じく、高学歴であればあるほど就職率は高いです。

そんなわけで女性フリーターは性別ではなく、学歴と年齢に重きを置いて就職することをおすすめします。

女性フリーターだって希望さえ持てば就職は難しくありません。

おすすめの就職方法

女性フリーターにおすすめの就職方法はもちろんフリーター就職サイトの利用です。

その中でも「ジェイック女子カレッジ」を選ぶといいでしょう。

このサイトなら女性が働きやすい企業のみ紹介しているので安心してご利用いただけます。

仕事もプライベートも充実させたい女性はぜひ「ジェイック女子カレッジ」を使って就職しましょう。

登録はこちらから

女子カレッジ 【JAIC】

なお30代以上で、就職をご希望の方は例によって「紹介予定派遣」から正社員を目指しましょう。

紹介予定派遣だけでなく、派遣という働き方は様々なライフスタイルに対応できるため女性にかなり人気の働き方となっています。

派遣はフリーターよりもはるかに給料が高いのでおすすめです。

フリーターの就職まとめ

フリーターの就職に関して大切なことをまとめると以下の通りです。

  • フリーターの就職でも高卒以上の学歴は欲しい
  • フリーターの就職はフリーター就職サイトがおすすめ
  • 中卒者や30歳以上のフリーターは紹介予定派遣を利用しよう
  • フリーターの就職は思い立ったが吉日
  • どんなに厳しい状況であれ、フリーターの就職は希望を持つことが大切
  • フリーターの就職において男女間格差はない
  • フリーターの就職は20代のうちに

結局、フリーターの就職は若さと必要最低限の学歴とやる気があればなんとかなります。

この中でも最も大切なのが「やる気」です。

やる気がなければ就職はできないのですから。

というわけでフリーターで就職をお考えの方はこの機会にぜひ、フリーター就職サイトに登録しましょう。

就職希望のあるフリーターのほとんどがフリーター就職サイトを利用して就職に成功しています。

面倒な面接対策や書類審査対策を無料で行ってくれますから。

 

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

2017/04/09