30代フリーター

30代フリーターのバンドマンは就職すべきか

更新日:

「夢は見るモンじゃなくso かなえるモンでしょ?」

ということで今回は30代を迎えてしまったフリーターのバンドマンが就職すべきかどうかについて答えます。

個人的には元夢追求型のフリーターとして最後まで応援したい所存です。

しかし現実問題のところどうなんでしょうか。

バンドマンでいようと、就職しようと自由

まず前提として、私自身バンドを組んだことがないので真相は定かではありません。

ですから個人的にはやりたきゃ最後までやればいいとも思います。

たとえ30代になったとしてもバンドをしたい人はする、就職したい人はする

それでいいのではないでしょうか。

どっちの道を選ぼうと、本人がよければ問題ありませんし、他人がどうこう口出しするものではありません。

30代バンド限界説は本当か

ではなぜ30代がバンド活動を諦める区切りにされるのでしょうか。

まず第一に、遅咲きのバンドマンがあまりいないということがあげられるでしょう。

もちろん0ではなさそうですが、メジャーデビューしたての人を見るたび若い傾向があるように思えます。

実際に「遅咲きのバンドマン」と検索しても、さほど見つからないのが現状です。

また30代になると一気にフリーターの就職率が下がります。

これも30代バンド限界説を語る上で需要なファクターとなりうるでしょう。

就職率が下がるということで、このタイミングでやめてしまう人が多いのです。

だからこその30代バンド限界説と言えます。

バンドが成功しやすい年齢は定かではありませんが、フリーターの就職しやすい年齢に関しては明らかです。

30代になってもバンドマンを続けるリスク

もし仮に30代になってバンドマンを続けるにしてもリスクがつきまといます。

それは生活コストが上げられないということです。

当然ですが、フリーターでもあるバンドマンは収入が低くなります。

同世代のサラリーマンと比較しても、確実に贅沢できません。

さらに今後、就職をしたところで早く見切りをつけた人に収入の面で叶うわけがないのです。

就職が遅くなればなるにつれ、収入も増えにくくなります。

というわけで、今も今後も生活コストを下げることができる人ならバンドマンを続けることができるでしょう。

もっともバンドで一泡吹かせれば、一発解決ですが。

M-1グランプリのエントリー条件

昔のM-1グランプリにはエントリー条件がありました。

それは結成10年以内ということ。

この年齢制限は「10年やってダメなら、諦めた方が次の人生で幸せになれる」という島田紳助さんの考えのもと設定されました。

これはおそらく同じ芸能関係のバンド活動にも当てはまるはずです。

諦めが肝心というのはまさにこのことで諦めて幸せになった人の方が確実に多いでしょう。

メジャーデビューがスタート地点

さらにたとえ30代を過ぎてメジャーデビューできたところでそれはスタート地点に過ぎません。

なぜならメジャーデビューをして消えていくバンドなんて山ほどあるのですから。

ようやくスタート地点に立てたとしてもそこからさらに売れる保証なんてどこにもないのです。

実に難しい世界です。

バンドマンでも食えていれば問題ない

とはいえ、メジャーデビューが全てではありません。

要はバンドを通じて、生活できればいいのですから。

そういう意味でも今やネットが発達した時代ですから、ファンだけの商圏で食っていくことも不可能でないように思えます。

とにかく売れるまでは低空飛行をすることが大切です。

これは何もバンドだけの話ではなくビジネスにも同じことが言えます。

もちろん低空飛行中は生活コストを下げる必要があるのは言うまでもありません。

30代フリーターのバンドマンは就職すべきか

結論を言うと、この記事をここまで読んでしまう方は就職した方がいいでしょう。

バンドに対する思いが本気であればそもそもこの記事にでさえ辿りついていないでしょうから。

どこか不安があるからこそこの記事を読んでいるのです。

またその迷いがあるうちはいい作品なんて作れっこありません。

これは何もバンド曲だけの話ではなく、すべてのクリエイターに関して言うことができます。

お金にならなくても好きで作り続けている人に、就職して安泰を求める人なんかが敵うわけありません

というわけで30代フリーターのバンドマンは就職すべきかどうかという問いですが、このページを開いた時点で答えは決まっています。

迷った時点で就職を検討すべきでしょう。

30代フリーターバンドマンにおすすめの就職方法

就職を決意したらあとは、実際に活動するのみです。

バンド活動という大きな決断をしたあなたなら、決して就職活動を始めるのは難しいことではないでしょう。

なお、就職活動は主に2通りの方法があります。

  • フリーター就職サイト
  • 紹介予定派遣

もしあなたが30代手前であるならフリーター就職サイトを利用しましょう。

なぜならフリーター就職サイトは20代までしか利用できないからです。

30歳になる前に利用して、手厚いサポートを受けない理由がありません。

一方で30代になってしまった人は「紹介予定派遣」という仕組みを利用しましょう。

これは30代フリーターの就職としてもっともメジャーな方法です。

確かにこの方法だと、最初は正社員ではありません。

それでも紹介予定派遣なら最長半年で社員になることができます。

そんなわけで30代フリーターバンドマンの方はこの仕組みを利用して就職までこぎつけましょう。

なおフリーターにおすすめの派遣サイトはいくつかあります。

どこを使っても問題ありませんが、必ず紹介予定派遣の求人を紹介してもらいましょう。

普通の派遣社員だとフリーターとほとんど変わりませんから。

30代バンドマンの方はこれまで本気でバンド活動をしてきたという強みがあります。

30代フリーターの就職でもきっとうまくいくでしょう。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-30代フリーター

関連記事

30代フリーターの人口と割合について

就職が一気に難しくなると言われる30代フリーターですが、一体どれくらいの人口なの ...

30代フリーターの就職率と転職希望率について

フリーターは30代になると一気に就職しにくくなると言われますが、果たして真相はど ...

30代フリーターと30代正社員の収入差と平均労働時間

30代フリーターの年収と30代正社員の年収はかなり差が開きます。 この差はもはや ...

30代フリーターの結婚について!まだ間に合う!

30代と言ったら結婚盛りの年代です。 そんな時、フリーターでも結婚はできるのでし ...

30代フリーターにおすすめの就職サイト「ハタラクティブハケン」を利用しよう!

30代フリーターから正社員になることは可能なのでしょうか。 結論から言うと、なれ ...