30代フリーター

30代フリーターと30代正社員の収入差と平均労働時間

更新日:

30代フリーターの年収と30代正社員の年収はかなり差が開きます。

この差はもはや労働時間だけでなんとかなるものではありません。

今回は30代に絞って、収入差を比較していきましょう。

収入差が気になるなら早めの就職をおすすめします。

30代フリーターと30代正社員の平均年収

下のグラフは30代フリーターと30代正社員の年収を比較したものです。

30代フリーターの年収差

なお当統計は最もフリーターが多いとされている高卒者を対象としたデータです。

大卒者はもっと差が大きくなります。

もちろん高卒者同士でもご覧の通りその差は歴然でしょう。

このグラフにおいて最も年収の高い「35-39歳(男)」では差が244万円もあります。

最も年収の低い「30-34歳(女)」における差でも129万円です。

このように正社員というだけでも、フリーターの格差は自動的に広まる一方となります。

この差額でフリーターは一体何を手に入れているのでしょうか。

私も元フリーターですが、はなはだ疑問です。

30代フリーターと30代正社員の平均労働時間

「30代の正社員ともなると責任や権限が増え、仕事も忙しくなるから給料が高いんだ」

と思うフリーターの方もいるでしょう。

そこで30代のフリーターと正社員の平均労働時間についてお伝えします。

以下週平均労働時間のグラフです。

30代のフリーターと正社員の平均労働時間

確かに正社員はフリーターに比べよく働いています。

それでもおおよそ1週間に10時間程度しか変わりません

それでいて年収が200万以上も変わってきてしまうのですから、フリーターは損をしているとしか言いようがないでしょう。

週に10時間ですから1日あたり2時間残業すれば済む話です。

1日2時間を無駄にできないフリーターを私は今までに見た事がありません。

30代フリーターと30代正社員の平均時給

いかにフリーターの1時間に価値がないのかは正社員の平均時給を見れば一目瞭然です。

30代のフリーターと正社員の平均時給

それは長くも働きたくなります。

これだけ時給に差があるわけですから。

時給換算すると最大で800円弱も差があります

もはやフリーターをやっているのがバカバカしくなってくるでしょう。

しかも40代になるとその差はさらにぐんぐんと開いていきます。

フリーターは何歳になっても時給が大幅に上がることはありませんから。

まとめ

30代フリーターと30代正社員の年収に関してまとめると以下の通りです。

  • 最安でも129万円、最高で244万円の年収差がある
  • 労働時間は変わらない
  • 最大で800円弱の時給差がある

というわけで、30代フリーターの方は一刻も早く脱フリーターすることをおすすめします。

30代フリーターの就職は20代よりも難しいですが、不可能ではありません。

30代直前の方はなおさらです。

取り返しのつかなくなる前に就職活動を始めましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-30代フリーター

Copyright© フリーターの就職道|脱フリーター伝説 , 2019 All Rights Reserved.