40代フリーター

40代フリーターの就職率は最も低い!残された数少ないチャンスを活かそう!

更新日:

40代フリーターの就職率は最も低い!残された数少ないチャンスを活かそう!

30代フリーターの就職率は20代フリーターと比べると一気に下がります。

30代になると需要が下がり就職に関する適切なサポートを受けられなくしまうからです。

実際フリーター就職サイトは20代限定のサービスとなっています。

では40代になってしまったフリーターは一体どうなってしまうのでしょうか。

当記事は40代フリーターの就職事情についてお伝えします。

ここで就職できなければ、フリーターとしての最悪な将来を迎えることとなるでしょう。

なお40代後半のフリーターに関するデータは皆無なので40-44歳までを対象といたします。

もっとも43歳フリーターも47歳フリーターもイメージはあまり変わらないでしょう。

あわせて読む
フリーターの将来性
怖い?不安?絶望?フリーターの末路に関するすべて!将来どうなる?

フリーターの将来や末路と聞くと、ほとんどの人がよいイメージを持たないでしょう。 そもそもフリーター自体イメージが悪いですから。 そして多くの人が「怖い」「不安」「絶望」のような感情を抱くはずです。 果 ...

続きを見る

40代フリーターの就職率

40代フリーターの就職率は以下の通りです。

年代別フリーター就職率

男性は20.6%,女性は7.8%。

予想通り10代をのぞいて、もっとも就職率が低いです。

とはいえ30代とたったの3%しか変わらないのも事実。

女性に関してはたったの0.5%の差です。

諦めるにはまだ早いでしょう。

40代フリーターの転職希望率

40代フリーターの就職率が下降する原因としてあげられるのが、そもそも希望していない人が多いからです。

いわば諦めてしまっている人が多いのでしょう。

年代別フリーターの転職希望率

こちらのデータで女性の就職率の低さも説明できます。

つまり就職というのは希望を持たないことには始まらないということです。

40代フリーターの就職率が低いのはまさに、諦めてしまっているから他なりません。

事実、転職を希望している3割の40代男性フリーターのうち2割の方が就職を決めているわけですから。

40代だって希望さえ持てばなんとかなります。

下手な鉄砲数撃ちゃあたる戦略を採用しましょう。

あわせて読む
40代フリーターの男
40代フリーター独身男の生きる道!このままでは高齢の生活保護受給者になる可能性が高い!

諦めたらそこで試合終了です。 しかし40代フリーターはどうなのでしょうか。 この記事では40代フリーター男の戦略についてお伝えします。 40代男性フリーターはまず就職 一念発起で新しいことを成し遂げる ...

続きを見る

40代フリーターの就職戦略

冒頭でフリーターは30代から適切なサポートを受けられなくなるといいましたが、40代はどうやって就職すればいいのでしょうか。

戦略はたった一つです。

紹介予定派遣という働き方を選択しましょう。

紹介予定派遣なら、最長半年で社員になることができます。

ただし一つ気をつけないといけないのが、社員とはいえど契約社員の可能性もあるということ。

最終的な就業形態に関しては派遣会社にきちんと確認するようにしましょう。

なおフリーターにおすすめの派遣サイトはいくつかあります。

自分の希望に沿った派遣会社に登録することをおすすめします。

ちなみに派遣会社に登録する際には、多くの場合説明会に参加しなければなりません。

説明会に参加するのは確かに面倒ですが、ここは我慢の時です。

40代フリーターは残された数少ないチャンスでもありますから、希望を捨てずに最後まで諦めずに活動を続けましょう。

あわせて読む
フリーターにおすすめの派遣
フリーターにおすすめの派遣サイト!紹介予定派遣から正社員も狙える!

フリーターは派遣社員よりも正社員がおすすめです。 しかし、中には派遣社員になりたい方やならざるを得ない方もいるでしょう。 そこでこの記事ではフリーターにおすすめの派遣サイトをご紹介します。 あらゆるタ ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-40代フリーター

Copyright© フリーターの就職道|脱フリーター伝説 , 2019 All Rights Reserved.