フリーター・ニートの就職

アルバイトから正社員になる方法まとめ!なり方はひとつじゃない!志望動機の作り方と例文も!

更新日:

正社員のなり方がわからない方はアルバイトからの正社員登用を狙いがちです。

慣れた環境で正社員になれたら確かに嬉しいでしょう。

しかし、アルバイトから正社員になることが果たして正しいのでしょうか。

そこでこの記事では「アルバイトからの正社員登用」についてまとめました。

正社員になる方法は正社員登用だけではありません。

アルバイトから正社員

アルバイトから正社員になる方法

アルバイトからの正社員登用は簡単ではありません。

以下のように立ち振る舞う必要があります。

  • 成長企業を見極める必要がある
  • 人気企業は難しい
  • 社員から気に入られる必要がある
  • ミスが犯せない
  • ミスした場合は信頼回復が必要
  • 空回りでない情熱が必要

それぞれ見てみていきましょう。

アルバイトから正社員になるには成長企業を狙わなければならない

アルバイトから正社員になるには成長企業を狙わなければならない!事業を拡大している企業が狙い目!

運も実力の一つということでアルバイトから正社員になるにはタイミングが重要となります。

能力だけではどうにもならないのが現実です。

ではそのタイミングとはいつなのか。

少し考えてみましょう。

需要と供給

人材というものは需要と供給で成り立っています。

つまりその企業に人手が足りていたら、あなたは必要ありません

特異な能力があるのなら、需要を作り出せますが、そのような人はそもそもフリーターなんかやっていないでしょう。

社員になりたい人と社員を増やしたい会社がマッチして初めて、一人の社員が生み出されます。

では一体どんな時にフリーター及び人材の需要は高まるでしょうか。

事業拡大がチャンス

シンプルに答えると、事業を拡大している企業が狙い目です。

なぜなら事業拡大には人手が必要になるからです。

つまり猫の手も借りたい状態というわけです。

猫の手を借りるくらいだったら、まだ経験のあるアルバイトの方がいいだろうということで初めて正社員になれます。

ではどんな企業が事業を拡大するのでしょうか。

基本的には成長中の企業でなければ事業拡大は行えません。

売成長見込みの少ない会社が事業を拡大することはほぼありえないでしょう。

飛ぶ鳥を落とす勢いの会社が事業を拡大させるのです。

以前にユニクロやスターバックスがアルバイトや契約社員の正社員化を行いましたが、それも勢いがあったからこそ。

勢いのない会社が真似することは決してできません。

アルバイトから正社員は時間がかかる

当たり前ですが、いちアルバイトが信頼を勝ち取って、正社員になるには多大なる時間を要します。

まずはアルバイトの中で頂点を目指す必要があるのです。

その時も会社に勢いがある保証はありますか?

自分がアルバイトを始めた時は確かに勢いがあったかもしれません。

しかし勢いというものは必ずどこかで落ちてしまうもの。

もしかしたら、潰れてしまっているかもしれません。

万が一アルバイト先の企業が潰れてしまったらこれまでに築いてきたものは全てパーです。

そういう意味でもアルバイトが正社員を目指すのは非常にリスキーで運を要することになります。

あなたに成長企業を見抜く眼力はありますか?

もしできるのであれば、アルバイトから社員になることは容易いです。

もっとも、その力があれば株でも一儲けできるでしょう。

人気企業は難しい

アルバイトから正社員の場合、人気企業を狙うのは難しいでしょう。

なぜなら、人気企業こそ成熟しきってしまっているからです。

そして、誰もが羨む人気企業だからこそ応募もたくさん来ます。

応募がたくさんくるというのに、果たしてアルバイトから正社員にする必要が企業にあるのでしょうか?

企業はまっさらな人材か、即戦力を求めます。

アルバイトから社員では大した戦力にもなりませんし、まっさらとも言えないので人気企業はなかなか難しいでしょう。

だからこそ、人手不足の成長企業を狙わなければいけません。

社員から気に入られよう!社内政治は永遠に続く!

アルバイトから正社員になるなら社員に気に入られよう

一緒に働きたいと思ってもらおう

答えはとてもシンプルです。

もしあなたが社員だとしたら、一体どんな人と一緒に社員として働きたいですか?

その「一緒に働きたい」こそがまさにアルバイトから正社員になるためのキーワードです。

一緒に働きたくない人をわざわざ社員にさせる必要はありません。

ではどうしたら「一緒に働きたい」と思わせることができるのでしょうか。

一番シンプルなのは気にいられることです。

人は所詮、感情で動く動物ですから気に入られることは何より大切なのです。

現場責任者に気に入られること

社員と言っても、下っ端社員に気に入られるだけでは物足りません。

その場で一番偉い人に特に気に入られましょう。

なぜなら下っ端だけでは権限が足りないからです。

とはいえ、下っ端社員をないがしろにしてもいけません。

下っ端社員が上司に推薦してくれる場合もあれば、反対に妨害してくる可能性も考えられるからです。

いずれにせよ、社員には全員気に入られるといいでしょう。

ただし、一番上の上司が部下のことを嫌っている場合はその限りではありません。

必要なのは共感なのです。

これこそがまさに社内政治です。

社員になる前からその戦いは始まっています。

決して、つく人を間違えないようにしましょう。

なお気に入られる上司の役職が高すぎても、あまり効果は見込めません。

気に入られることに越したことはないのですが、結局自分を推薦してくれるのは直属の上司だからです。

偉い人はアルバイトなんかに構っているほど暇ではないでしょう。

成功よりもミスをしないこと!それだけで社員からの信頼が得られる!

アルバイトから正社員になるには成功よりもミスをしないこと!それだけで社員からの信頼が得られる!

アルバイトから正社員になりたい方は是非覚えておきましょう。

社会では成功よりもミスの少なさが大切となります。

ミスをしてはいけません。

失敗は上司に迷惑がかかる

あなたというアルバイトの失敗はすべて上司の責任です。

「たくさん失敗しろ」という優しい言葉がありますが、それはあくまでも自分に迷惑のかからない範囲内という意味合いが込められています。

結局のところ人は自分が一番大切ですから、自分に迷惑がかかることは御免なのです。

逆の立場で考えてみてください。

もしあなたが誰かを雇ったとします。

その人は失敗ばかりして仕事になりません。

そんな時あなたはその人をどうしますか?

クビにしたいと思うでしょう。

もちろん、簡単にはクビにできません。

実に困りました。

これはアルバイトからの正社員登用にもつながる話で、自分の推薦した人が会社に迷惑をかけるのは非常に困るわけです。

自分の名誉も傷つきます。

だからこそ、正社員登用を目指すなら失敗はできる限り回避し、上司の面目を保たなければなりません。

アルバイトはミスしないことが成功なようなもの

アルバイトから正社員を目指すのにそこまで大きなことは求められません。

上司の求めることさえ、そつなくこなしていればそれは成功です。

基本的に、部下の成功は上司の手柄になるので、大成功を収めたところでそれ単発では正社員に直結しません。

上司から求められるのは従うこととミスを犯さないこと。

すなわち持続的な仕事のパフォーマンスが求められます。

ミスしないこともそのうちの一つです。

正社員になりたいなら、ミスをせず、上司に従うだけでも十分でしょう。

ミスがバレたら認めること

ミスをしてはいけないからといって、隠蔽はもっと最悪です。

結局のところ、信頼に値する人間こそが正社員として選ばれます。

信頼というのは崩れるのは一瞬です。

ですから決して嘘だけはつかないようにしましょう。

嘘は最大の敵です。

嘘つきを社員にしたいかといったら答えはもちろんノーです。

ミスをしてしまったら素直に認め誠意に対応しましょう。

その上で同じミスは決して犯してはなりません

それでもミスをするときはどうしてもしてしまいます。

ミスしない人間などいないなのですから、大きなミスだけは未然に防ぐよう心がけましょう。

あとの小さなミスはすべて誠意の問題です。

「ミス」はしてもしなくても信頼関係を築くチャンスといっても過言ではありません。

正社員に求められること

これはテクニカルな話ですが、ミスに関して正社員に求められることはたったの3つです。

  1. 大きな事故は未然に防ぐ
  2. ミスが起きたら再発防止策を
  3. ミスは素直に受け入れる

たったのこれだけで、社員からは信頼が得られます。

信頼が得られれば、正社員もそう遠くはないでしょう。

もしあなたがアルバイトから正社員を目指しているのなら、この3つはぜひ意識する必要があります。

逆に言うならば、この3つができない人間に正社員という道はほぼ残されてないと言っても過言ではありません。

アルバイトから正社員になるには情熱が一番!暑苦しくない情熱を会社や上司にアピールしよう!

アルバイトから正社員になるには情熱が一番!暑苦しくない情熱を会社や上司にアピールしよう!

信じられないような話ですが、アルバイトから正社員になるには情熱が一番。

人を動かすのは情熱だからです。

皆さんは情熱を持ち合わせていますか?

情熱があれば気に入られる

いくら能力があっても冷たい人間が気に入られることは難しいです。

冷たい人間は上司の器でこそありますが、部下としてはイマイチ可愛げがありません。

ですから上司に気に入られるためにもまずは情熱を見せましょう。

タリーズ創業者の松田公太氏も情熱があるものを率先して採用すると言っているくらいです。

特に上司と同じ熱量の情熱があればもはや怖いものはありません。

気に入られるのも時間の問題でしょう。

上司が求める以上の情熱はいらない

かと言って、上司以上の熱量は入りません。

あっても隠してください。

なぜなら上司から煙たがれるからです。

暑苦しい人間が嫌いな人もいます。

あなたの情熱がその人でさえも改心させるくらいの熱量なら構いませんが、なかなかそうはいかないものです。

タモリさんはこのような名言を残してします。

「やる気のあるものは去れ」と。

タモリさんのお笑いに対する情熱は相当なものだとは思いますが、情熱と空回りは全く異なります。

求められている方向でなければ情熱があったところで人を温め動かすことはできません。

上司が求める方向と量をしっかりと見定め、情熱を吐き出しましょう。

情熱は伝わらなければ意味がない

逆に内なる情熱だけで、一切やる気が伝わらない人もたまにいます。

プロはアウトプットが全てです。

相手に伝わらなければ何ら意味がありません。

その人にはもしかしたら本当に内なる情熱があるのかもしれませんが、伝わらなければはないのと一緒です。

むしろ隠しきれないくらいが情熱と呼べるものなのかもしれません。

伝わらないのなら情熱はまだまだ足りていないのでしょう。

情熱は口で示すものではありません。

行動です。

情熱とは?

フリーターのような弱者が対価として差し出せるのは情熱しかありません。

情熱とは何か。

それは四六時中夢中になってしまうものです。

正社員になりたいあなたはいつでもどこでもその会社のことを考えていますか。

暇を見つけては遊びに行っていませんか。

そんなんではいつまでたっても正社員にはなれないでしょう。

もっとも無理に言われてやるのは情熱ではありません。

自然にハマれてこそ情熱なのです。

情熱はいつかあなたを素敵なステージに連れて行ってくれるでしょう。

アルバイトから正社員を目指すのにテクニックは二の次です。

暑苦しくない情熱を会社や上司にアピールしましょう。

アルバイトから正社員になってその後どうするの?志望動機の作り方と例文!

アルバイトから正社員になってその後どうするの?志望動機の作り方と例文!

アルバイトから正社員になることは不可能ではありません。

しかし、重要なのはその後です。

アルバイトから正社員になってどうしたいのでしょうか。

この質問は面接の志望動機でもよく聞かれますので是非、頭の中を整理しておきましょう。

アルバイトから正社員を目指す人ための志望動機

アルバイトから正社員を目指すにあたって、志望動機が必要になるでしょう。

その志望動機で大切なのは以下の3つです。

  • 何をしたいか
  • 何ができるか
  • 何をすべきか

これらを中心に志望動機を考えれば問題ありません。

それぞれ解説していきましょう。

何をしたいか

こんなことがよく面接で質問されます。

「あなたは正社員になってこの会社で何がしたいの?」

この動機が弱いと、面接で落ちてしまいます。

たしかに、最初からヒラの正社員がやりたいことなどできないに決まっているでしょう。

しかし、ここでは自分がやれるかやれないかは問題ではありません。

やりたいことがあるかないかが重要なのです。

社会人は必ず目標をもっています。

会社に入ってやりたいことだけは明確にしておきましょう。

ビジョンの有無は正社員採用に大きく影響します。

何ができるか

あなたが会社に持ってこれるものも非常に大切となります。

「正社員になってこんなことを成し遂げたいんです」

確かにこれだけでも想いは立派なのですが、会社は営利企業です。

想いだけではどうにもなりません。

あなたが会社の利益のために持ってこれるもの、できることはありますか?

何をすべきか

「できること」と「やりたいこと」が明確であれば、素敵な志望動機になるでしょう。

しかし、「できること」と「やりたいこと」が会社の求めることでなければ全くの無意味です。

野球ができて、野球がやりたいのに、組織が求めるのはサッカー選手だったらチームには入れません。

そこで重要なのが「何をすべきか」です。

会社にとって必要な「すべきこと」を明らかにしましょう。

その「すべきこと」が「やりたいこと」と「できること」にマッチしていれば完璧です。

志望動機の例文

志望動機に重要な3つのポイントを意識しながら例文を作っていきましょう。

私が正社員を志望するのは、美味しいコーヒーを通じたくさんの人々を笑顔にさせたいからです(やりたいこと)。

私は誰よりも美味しいコーヒーを淹れることができます(できること)。

しかし「〇〇コーヒー」は昨今、店舗数が増えるあまりドリンクのクオリティが低下しているとの声も増えています。

誰よりも美味しいコーヒーを淹れることのできる私だからこそ、ドリンクのクオリティの向上が可能です(すべきこと)。

クオリティの向上は1店舗だけでは意味がありません。

だからこそ正社員になって、より多くの店舗の品質を高めたいと考えています。

ポイントはやはり「やりたいこと」「できること」「すべきこと」です。

その3つに正社員でなければいけない理由が加われば、独自性のある志望動機が完成します。

アルバイトから正社員になったあとの現実

アルバイトから正社員になったところでその後の出世は見込めません。

できたとしても、言うならば店長クラスが限界でしょう。

店長クラスを日本企業の役職に置き換えると、だいたい課長レベルになります。

もっとも、今の時代を考えたら課長でも万々歳です。

本当にポストが多く用意されていません。

少子高齢化ですし、これからますますポストの空きが少なくなるのは間違いないでしょう。

よってアルバイト上がりの正社員は出世できないケースがほとんどです。

アルバイト上がりを出世させるなら、着々と経験を積んできているキャリア組を出世させるに決まっています。

一度レールから外れた人間が出世することは非常に難しいのです。

それでもあなたはアルバイトから正社員を目指しますか?

アルバイトから正社員になるメリットとデメリット

アルバイトから正社員の道はメリットとデメリットがあります。

順番に確認していきましょう。

メリット

  • 慣れた環境で働ける
  • 社員として働くイメージがつきやすい

アルバイトから正社員になることの最大のメリットは慣れた環境で働けることです。

アルバイトのときから社員の近くで働いているので、イメージもつきやすくなります。 

ただし、アルバイトに見せる顔だけが社員のすべてではありません。

会社とのミスマッチの可能性は少なくなりますが、ゼロではないことを理解しておきましょう。

デメリット

  • 時間がかかる
  • 難易度が高い

アルバイトから正社員はとにかく時間を要します。

たしかにその時間を我慢することは可能でしょう。

しかし、実際に社員になれなかったときの年齢を考えると時間がかかることは大きなリスクです。

また基本的に正社員登用は難易度が高いです。

運と実力の両方を兼ね備えていなければ、アルバイトから正社員にはなれません。

アルバイトから正社員になるのは難しい

アルバイトから正社員は根本的にハードルが高いです。

リスクもあります。

そこでおすすめなのが、フリーター就職サイトです。

理由は3つあります。

  • 若さだけでなんとかなる
  • 学歴に自信がなくても問題なし
  • 手厚いサポートがついてくる

それぞれ確認していきましょう。

若さだけでなんとかなる

アルバイトから正社員になるには果てしなく遠く難しい道のりです。

正社員を目指して挫折したアルバイトの方々もたくさんいます。

やはりアルバイトからの正社員登用は実力だけでなく、時間と運を要すことがその道を阻んでいるのでしょう。

しかしフリーター就職サイトは時間も運も実力もいりません。

必要なのは若さ溢れるパワーだけです。

それだけ若手就職市場は枯渇しています。

若いだけでフリーターでも価値は十分にあります。

とはいえ、この枯渇状態がいつまで続くかは一切不明です。

不景気になればフリーターの価値は一瞬にしてなくなります。

早いうちに確実に結果を残しましょう。

学歴に自信がなくても問題なし

学歴に自信がない方も心配無用です。

大学に出ていなくとも就職はできます。

実際にアルバイトから正社員登用というステップでなくても高卒フリーターの就職に成功している人はかなり多いです。

もちろんなかには中卒フリーターの人だっています。

学歴に自信がないからといってアルバイトから正社員にこだわる必要はありません。

大切なのは学歴よりも若さです。

手厚いサポートがついてくる

フリーター就職サイトはまさに就職学校のようなものです。

書類審査から面接などの対策も納得のいくまでサポートをしてくれます。

未経験でスキルがなくても安心です。

一方アルバイトから正社員登用にも正社員試験がありますが、基本的にサポートはほとんどありません。

結局は自分の力だけで臨む必要があります。

やはりスピーディーかつ確実で全面サポートもしてくれるフリーター就職サイトを使わない理由が見つかりません。

内定までのスピードにも定評があり、アルバイトからの正社員登用よりはるかに確実です。

まとめ

アルバイトから正社員コースに関してまとめると以下の通りです。

  • 時間がかかる
  • なれる保証はない
  • 難易度が高い
  • フリーター就職サイトを使う方が確実かつ早い

アルバイトから正社員を目指すのは非常に難しいです。

ただし、正社員になること自体は不可能ではありません。

アルバイトから正社員というのは一つの手段にすぎませんから、こだわりすぎないようにしましょう。

社員になる方法は一つではありません。

-フリーター・ニートの就職

Copyright© フリーター・ニートの就職道|正社員を目指せ , 2019 All Rights Reserved.