アルバイトから正社員へ

アルバイトから正社員になる方法まとめ!正社員のなり方はひとつじゃない!

更新日:

正社員のなり方がわからない方はアルバイトからの正社員登用を狙いがちです。

慣れた環境で正社員になれたら確かに嬉しいでしょう。

しかし、アルバイトから正社員になることが果たして正しいのでしょうか。

そこでこの記事では「アルバイトからの正社員登用」についてまとめました。

正社員になる方法は正社員登用だけではありません。

 

アルバイトから正社員

アルバイトから正社員になる方法

アルバイトからの正社員登用は簡単ではありません。

以下のように立ち振る舞う必要があります。

  • 成長企業を見極める必要がある
  • 人気企業は難しい
  • 社員から気に入られる必要がある
  • ミスが犯せない
  • ミスした場合は信頼回復が必要
  • 空回りでない情熱が必要

それぞれ見てみていきましょう。

成長企業を見極める必要がある

まず、フリーターから正社員になるには成長企業を狙わなければならないでしょう。

成長企業は事業を拡大するにあたって人手不足になるからです。

人手不足のときこそ、正社員募集のチャンスがやってきます。

しかしこの時を計らうのは非常に困難です。

企業の成長を予測できるのであれば、フリーターをやる必要なんてないでしょう

よって、一般的には運が必要となります。

これまでの事例から言っても、スターバックスやユニクロ、ライザップといった成長企業が正社員を増やしてきたのは明らかです。

ただし一般的には事業を急速に拡大しすぎると、いずれ下り坂に直面するので注意が必要となります。

人気企業は難しい

アルバイトから正社員の場合、人気企業を狙うのは難しいでしょう。

なぜなら、人気企業こそ成熟しきってしまっているからです。

そして、誰もが羨む人気企業だからこそ応募もたくさん来ます。

応募がたくさんくるというのに、果たしてアルバイトから正社員にする必要が企業にあるのでしょうか?

企業はまっさらな人材か、即戦力を求めます。

アルバイトから社員では大した戦力にもなりませんし、まっさらとも言えないので人気企業はなかなか難しいでしょう。

だからこそ、人手不足の成長企業を狙わなければいけません。

社員から気に入られる必要がある

アルバイトから正社員になるためには社員に気に入られる必要があります。

なぜなら多くの人が「一緒に働きたい」と思う人を採用するからです。

すなわち自分のお気に入りが採用されます。

このように人は感情で動く生き物ですから、お気に入りを採用したくなってしまうのは当たり前です

よってアルバイトから正社員を目指すのなら、これから一緒に働くであろう正社員に気に入られなければいけません。

特に自分を推薦してくれるような権限を持った上司です。

社員になるまでは絶対服従しましょう。

面倒くさいですが、このような社内政治は会社員になった後も続きます。

ミスが犯せない

フリーターから正社員になるには成功よりもミスをしないことが大切です。

ミスが多いアルバイトは社員から嫌われてしまいます。

アルバイトのミスは上司の責任ですから上司はアルバイトのミスを非常に嫌がります。

また企業もミスが多いアルバイトを正社員にしたくないでしょう。

そしてアルバイトはよく大きな手柄を立てようとしてしまいますが、根本的に間違っています。

あなたが1回大きな手柄を立てたところで、なんら影響はありません。

大事なのはミスを犯さず、上司に気に入られることです。

特に大きな手柄を立てようとした時はミスも大きくなってしまいます。

大きな手柄よりも、ミスを極力回避しましょう。

ミスした場合は信頼回復が必要

とはいえ、人間誰でもミスはつきものです。

失敗してしまったら次は信頼回復に努めましょう。

下手な隠蔽は信用問題につながります。

信頼回復の手段としては、「再発防止」が有効です。

同じミスを連発する人が社員になる権利はありません。

アルバイトにとってミスの少なさは実力と直結します。

空回りでない情熱が必要

アルバイトから正社員になるのに最も大切なのは「情熱」です。

情熱なしにはアルバイトから正社員になることはできません。

人の心を動かすのは情熱なのです。

会社が提供する商品やサービスを心から愛しましょう。

情熱がいつか、あなたを素敵なステージに連れていってくれます。

ただし、情熱は上司の求める方向に差し出していきましょう。

上司の求めない方向に空回りしてしまうと、嫌われてしまいます。

アルバイトから正社員になるメリットとデメリット

アルバイトから正社員の道はメリットとデメリットがあります。

順番に確認していきましょう。

メリット

  • 慣れた環境で働ける
  • 社員として働くイメージがつきやすい

アルバイトから正社員になることの最大のメリットは慣れた環境で働けることです。

アルバイトのときから社員の近くで働いているので、イメージもつきやすくなります。 

ただし、アルバイトに見せる顔だけが社員のすべてではありません。

会社とのミスマッチの可能性は少なくなりますが、ゼロではないことを理解しておきましょう。

デメリット

  • 時間がかかる
  • 難易度が高い

アルバイトから正社員はとにかく時間を要します。

たしかにその時間を我慢することは可能でしょう。

しかし、実際に社員になれなかったときの年齢を考えると時間がかかることは大きなリスクです。

また基本的に正社員登用は難易度が高いです。

運と実力の両方を兼ね備えていなければ、アルバイトから正社員にはなれません。

アルバイトから正社員よりも就職サイトの利用がおすすめ

アルバイトから正社員は根本的にハードルが高いです。

リスクもあります。

そこでおすすめなのが、フリーター就職サイトです。

理由は3つあります。

  • 若さだけでなんとかなる
  • 学歴に自信がなくても問題なし
  • 手厚いサポートがついてくる

それぞれ確認していきましょう。

若さだけでなんとかなる

アルバイトから正社員になるには果てしなく遠く難しい道のりです。

正社員を目指して挫折したアルバイトの方々もたくさんいます。

やはりアルバイトからの正社員登用は実力だけでなく、時間と運を要すことがその道を阻んでいるのでしょう。

しかしフリーター就職サイトは時間も運も実力もいりません。

必要なのは若さ溢れるパワーだけです。

それだけ若手就職市場は枯渇しています。

若いだけでフリーターでも価値は十分にあります。

とはいえ、この枯渇状態がいつまで続くかは一切不明です。

不景気になればフリーターの価値は一瞬にしてなくなります。

早いうちに確実に結果を残しましょう。

学歴に自信がなくても問題なし

学歴に自信がない方も心配無用です。

大学に出ていなくとも就職はできます。

実際にアルバイトから正社員登用というステップでなくても高卒フリーターの就職に成功している人はかなり多いです。

もちろんなかには中卒フリーターの人だっています。

学歴に自信がないからといってアルバイトから正社員にこだわる必要はありません。

大切なのは学歴よりも若さです。

手厚いサポートがついてくる

フリーター就職サイトはまさに就職学校のようなものです。

書類審査から面接などの対策も納得のいくまでサポートをしてくれます。

未経験でスキルがなくても安心です。

一方アルバイトから正社員登用にも正社員試験がありますが、基本的にサポートはほとんどありません。

結局は自分の力だけで臨む必要があります。

やはりスピーディーかつ確実で全面サポートもしてくれるフリーター就職サイトを使わない理由が見つかりません。

内定までのスピードにも定評があり、アルバイトからの正社員登用よりはるかに確実です。

まとめ

アルバイトから正社員コースに関してまとめると以下の通りです。

  • 時間がかかる
  • なれる保証はない
  • 難易度が高い
  • フリーター就職サイトを使う方が確実かつ早い

アルバイトから正社員を目指すのは非常に難しいです。

ただし、正社員になること自体は不可能ではありません。

アルバイトから正社員というのは一つの手段にすぎませんから、こだわりすぎないようにしましょう。

社員になる方法は一つではありません。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-アルバイトから正社員へ

関連記事

アルバイトから正社員になるには情熱が一番

信じられないような話ですが、アルバイトから正社員になるには情熱が一番。 人を動か ...

アルバイトから正社員になるには成長企業を狙わなければならない

運も実力の一つということでアルバイトから正社員になるにはタイミングが重要となりま ...

アルバイトから正社員になってその後どうするの?志望動機の作り方と例文!

アルバイトから正社員になることは不可能ではありません。 しかし、重要なのはその後 ...

アルバイトから正社員になるなら社員に気に入られよう

アルバイトから正社員になりたい方も多いと思います。 私はサービス業の社員も経験し ...

アルバイトから正社員になるには成功よりもミスをしないこと

私こそは、失敗はたくさんした方がいいと思っているのですが、どうやら社会では違うみ ...