中卒フリーター

中卒フリーターは大学に行く必要があるか

更新日:

中卒フリーターでも、高認試験に受かれば大学を受験することができます。

かといってそのような資格を取ってまで果たして大学に行く必要はあるのでしょうか。

中卒フリーターが大学に行く必要性

結論から言うと、中卒フリーターの大学への進学は年齢によるでしょう。

すでに20代であるのなら、あまりおすすめはできません。

卒業時が20代後半だと、就職に対する恩恵もさほど受けられませんから。

一方で10代ならまだおすすめできます。

10代なら現役とも年齢はほとんど離れていませんし、うまくいけば浪人している人と同世代になれるでしょう。

というわけで中卒フリーターの大学進学は若いならアリです。

中卒フリーターの大学進学のコスパ

もちろん大学は年齢問わず行きたい人が行く場所です。

ですから中卒フリーターでも高卒フリーターでも好きにすればいいでしょう。

行くことで何かを得られそうだと思うなら是非進学することをおすすめします。

ただし注意点がひとつあって、それはコスパです。

大学の学費は非常に高いですが、果たしてその金額に見合った対価をもらうことはできるのでしょうか。

ストレートで進学するならまだしも、中卒フリーターです。

それこそ年齢次第では大した価値も生み出せず、高い学費だけを払うことになるでしょう。

中卒フリーターが大学を目指すなら

大学に行くことで得られる最大の価値はブランド力です。

「大卒」というブランドを求めて皆大学に行きます

その最上級のブランドが「東大卒」です。

そういう意味でも、大してブランド価値のない大学には行く必要はありません。

むしろ中卒フリーターがそのような大学に行ったところで時間とお金の無駄になってしまいます。

ですからもし中卒フリーターで進学を目指すなら中途半端は許されません。

それこそ東京大学を目指すのがベストです。

もしそれが嫌だというのなら、進学はやめてスキルを磨くことをおすすめします。

中卒フリーターは東大レベルの大学に行って始めて、時間とお金のコストに見合った対価をもらえるでしょう。

事実、無名大学ほど就職できる確率も低くなるのです。

中卒フリーターは就職してスキルを磨こう

というわけで基本的に中卒フリーターが大学に行くことはおすすめできません。

時間とお金のコストがかかりすぎるからです。

本当に行きたい人だけがいけばいいでしょう。

できれば東大レベルの大学に。

一方で迷っている人は就職することをおすすめします。

迷っているくらいなら、就職していち早くスキルを身につけたほうがマシです。

そこで中卒フリーターの就職が可能なのかという疑問も沸くでしょう。

しかし心配することは何もありません、

問題なく就職できますから。

中卒フリーターにとってスキルを身につける最善の方法は現場に出てしまうことです。

下手に勉強したところで、それが就職に役立たないことだってあります。

ですから「何でもやります」くらいの気概でさっさと現場に出てしまうほうがいいでしょう。

そうすれば時間もお金も無駄にせずに済みます。

とにかく早く現場に出て、スキルを身につけ、実績を積むこと。

そうするだけで大卒以上の価値が得られることは間違いありません。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-中卒フリーター

関連記事

中卒フリーターは一人暮らしができるのか

フリーターの一人暮らしは簡単ではありません。 にも関わらず、中卒でフリーターをや ...

大学中退フリーターに公務員がおすすめできないわけ

しばしば大学を中退したにも関わらず、公務員になろうとするフリーターの方がいます。 ...

中卒フリーターが結婚するのに必要なこと

中卒フリーターは結婚できるのでしょうか。 今回は中卒フリーターが結婚するために必 ...

中卒フリーターが就職する方法!就職率は?

中卒フリーターが就職するのは難しいです。 しかし全くもって不可能というわけではあ ...