中退フリーター

大学中退フリーターは一人暮らしできるのか

更新日:

大学を辞めて一人暮らしでもしよう。

まずはアルバイトでも始めておこう。

こうして大学中退フリーターの一人暮らし願望は生まれます。

果たして大学中退フリーターが一人暮らしをすることは可能なのでしょうか。

一人暮らしには親の援助が必要

大学中退ということで、まず未成年の可能性もあります。

その場合は家を借りることはできません。

法律によって未成年が家を借りることは禁止されているからです。

それでも一人暮らしすること自体は不可能ではなく、借主名義を親にすれば問題ありません。

大学中退によって親との関係性が気まずくなっていないことを望みます。

また仮に成年者だとしても結局入居審査を受けなければなりません。

家を貸すのに値する人物なのか判定するのが入居審査です。

芸能人でさえも入居審査に落ちることがありますから、大卒中退者はさらに苦戦を強いられるでしょう。

さらに入居審査では連帯保証人をつける必要があります。

そこで登場するのがまたもや親です。

結局自分名義で借りるにしても、親の力を借りざるをえません。

一人暮らしには少なからずとも親の援助が必要なのです。

大学を中退した子供に果たして力を貸してくれるのでしょうか。

一人暮らしにはお金が必要

大学を中退してフリーターをやって、一人暮らしをするというのが利口ではありません。

なぜなら金銭的に厳しいからです。

今時の新卒の正社員だって最初は親と同居します。

それなのに、フリーターで一人暮らしなんて無理があるでしょう。

実際、一人暮らしにかかる1か月の生活費はとてつもなく高いです。

生活費費用
家賃65,000円
水道光熱費10,000円
通信費3,000円
食費20,000円
税金関係37,000円
日用品・医療費3,000円
総額141,000円

仮に家賃を安くしたとしても、この中には娯楽費や被服費が入っていません。

ですから少なく見積もってもこの金額は覚悟する必要があるでしょう。

中にはこの金額を見て「たくさん働いて30万円くらい稼ぐから問題ない」という人もいます。

しかしそれは決して正しい選択とは言えません。

何のためにフリーターをやっているかわからないからです。

それだったら最初から就職を目指した方がよっぽど利口と言えるでしょう。

大学中退フリーターの一人暮らしは就職が最適

結局、大学中退フリーターが一人暮らしをするなら就職が一番理にかなっています。

就職すれば信用の問題も金銭的な問題も解決してくれるでしょう。

確かに最初はフリーターも正社員もほとんど収入が変わりませんが、いずれ圧倒的な差が出るのはこれまでのデータを見ても明らかです。

また大学中退フリーターとはいえどしっかりと就職することで親の支援も受けやすくなることでしょう。

保証人をつけたりとまだまだ親の力を借りるシーンはいくらでもあります。

引越し費用を立て替えてもらう可能性も出てくるでしょう。

親に信用してもらうという意味でもやはり正社員でいることは欠かせません。

というわけで大学中退フリーターの就職は一人暮らしをするのにもっとも簡単な方法と言えます。

いち早く一人暮らしをするためにも是非いち早く就職活動を始めましょう。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-中退フリーター

関連記事

専門学校中退フリーターが就職して正社員になる方法!

専門学校に行ったはいいものの、結局それがやりたいことではなく、やめてフリーターに ...

大学中退フリーターは詰み?大学中退率は?

大学中退フリーターになったら人生詰みだと思っている方も少なくありません。 そこで ...

大学中退フリーターだからこそいますぐ就職して正社員になろう

大学辞めてフリーターをやる人も少なくなりません。 いわゆる大学中退フリーターです ...

高校中退フリーターの就職戦略!正社員になるには

高校中退してフリーターになる人もいますが、ずっとそのままでいるわけにはいきません ...

大学院中退フリーターは就職して正社員になろう

フリーターのパターンとして一番もったいないのが大学院中退フリーターです。 どうせ ...