中退フリーター

大学中退フリーターは一人暮らしできるのか

更新日:

大学中退フリーターの一人暮らし

大学を辞めて一人暮らしでもしよう。

まずはアルバイトでも始めておこう。

こうして大学中退フリーターの一人暮らし願望は生まれます。

果たして大学中退フリーターが一人暮らしをすることは可能なのでしょうか。

大学中退フリーターの一人暮らしには親の援助が必要

フリーターも一人暮らしの審査が当然あります。

大学中退フリーターにとってのポイントは以下の通りです。

  • 未成年の場合は借りれない
  • 親名義にすることで問題解決
  • 大卒中退フリーターの入居審査は難しい
  • 連帯保証人が必要

それぞれ確認していきましょう。

未成年の場合は借りれない

大学中退ということで、まず未成年の可能性もあります。

未成年の場合は本人名義で家を借りることはできません。

法律によって未成年が家を借りることは禁止されているからです。

親名義にすることで問題解決

大学中退フリーターかつ未成年でも一人暮らしできる方法がひとつだけあります。

借主名義を親にする方法です。

大学中退によって親との関係性が気まずくなっていなければ、協力してくれるでしょう。

大卒中退フリーターの入居審査は難しい

仮に成年者だとしても入居審査を受けなければなりません。

家を貸すのに値する人物なのか判定するのが入居審査です。

芸能人でさえも入居審査に落ちることがありますから大卒中退者は収入が低ければ、さらに苦戦を強いられるでしょう。

連帯保証人が必要 

入居審査では連帯保証人をつける必要があります。

友人を連帯保証人にするのは非現実的でしょう。

そこで登場するのがまたもや親です。

結局自分名義で借りるにしても、親の力を借りざるをえません。

一人暮らしには少なからずとも親の援助が必要なのです。

大学を中退した子供に果たして力を貸してくれるのでしょうか。

あわせて読む
フリーターの一人暮らしの審査
フリーターの一人暮らしの入居審査について!親族名義が最もスムーズ!

フリーターの一人暮らしの入居審査 フリーターの一人暮らしにおける入居審査のポイントは以下の通りです。 審査は通る 親族名義が一番スムーズ 本人名義は連帯保証人が必要 連帯保証人のいない方は保証会社を利 ...

続きを見る

大学中退フリーターの一人暮らしにはお金が必要

大学を中退してフリーターをやって、一人暮らしをするというのが利口ではありません。

なぜなら金銭的に厳しいからです。

今時の新卒の正社員だって最初は親と同居します。

それなのに、フリーターで一人暮らしなんて無理があるでしょう。

実際、フリーターの生活費はとてつもなく高いです。

生活費費用
家賃65,000円
水道光熱費10,000円
通信費3,000円
食費20,000円
税金・保険関係37,000円
日用品・医療費3,000円
総額141,000円

仮に家賃を安くしたとしても、この中には娯楽費や被服費が入っていません。

ですから少なく見積もってもこの金額は覚悟する必要があるでしょう。

中にはこの金額を見て「たくさん働いて30万円くらい稼ぐから問題ない」という人もいます。

しかしそれは決して正しい選択とは言えません。

何のためにフリーターをやっているかわからないからです。

それだったら最初から就職を目指した方がよっぽど利口と言えるでしょう。

どんなに頑張ってもフリーターの年収は限界があります。

あわせて読む
フリーターの一人暮らしにかかる最低の生活費を計算してみた
フリーターの一人暮らしにかかる最低の生活費を計算してみた!とてつもなくきついです!

税金は親の扶養に入っているうちはほとんどかからないと言っても過言ではありません。 しかし扶養から外れ、一人暮らしとなると税金の支払いから逃れるのは不可能です。 そこでこの記事では一人暮らしのフリーター ...

続きを見る

大学中退フリーターの一人暮らしは就職が最適

結局、大学中退フリーターが一人暮らしをするなら就職が一番理にかなっています。

就職すれば信用の問題も金銭的な問題も解決してくれるでしょう。

確かに最初はフリーターの年収も正社員の年収もほとんど変わりませんが、いずれ圧倒的な差が出るのはこれまでのデータを見ても明らかです。

また大学中退フリーターとはいえどしっかりと就職することで親の支援も受けやすくなることでしょう。

保証人をつけたりとまだまだ親の力を借りるシーンはいくらでもあります。

親に信用してもらうという意味でもやはり正社員でいることは欠かせません。

よって大学中退フリーターの就職は一人暮らしをするのにもっとも簡単な方法と言えます。

いち早く一人暮らしをするためにも是非いち早く就職活動を始めましょう。

あわせて読む
大学中退フリーターだからこそいますぐ就職して正社員になろう
大学中退フリーターだからこそいますぐ就職して正社員になろう

大学辞めてフリーターをやる人も少なくなりません。 いわゆる大学中退フリーターです。 果たしてその選択肢は正しいのでしょうか。 大学中退フリーターだからこそ、いますぐ就職することをおすすめします。 大学 ...

続きを見る

まとめ

  • 大学中退フリーターの一人暮らしは親の力が必要
  • 大学中退フリーターの一人暮らしはお金が必要
  • 大学中退フリーターは就職してからの一人暮らしがおすすめ

大学中退は親に迷惑がかかってしまいます。

大学を中退して一人暮らしをするなら、まず正社員になりましょう。

正社員として仕事を頑張れば、親も納得してくれるはずです。

大学中退者はフリーター就職サイトの利用をおすすめします。

あわせて読む
おすすめフリーター就職サイトまとめ
フリーター就職サイトのおすすめまとめ!正社員に転職しよう!

フリーターは就職が難しい。 たしかにその通りでしょう。 しかし、フリーター就職サイトを利用すれば話は別です。 今や、就職希望のあるほとんどのフリーターが登録しています。 もちろん、結果も出ています。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-中退フリーター

Copyright© フリーターの就職道|脱フリーター伝説 , 2019 All Rights Reserved.