中退フリーター

大学院中退フリーターは就職して正社員になろう

更新日:

フリーターのパターンとして一番もったいないのが大学院中退フリーターです。

どうせなら大卒フリーターで留めておきたかったところ。

なぜわざわざ大学院に進学したのでしょうか。

学費もバカになりません。

結局大金を払うなら、修士卒という肩書きくらい貰ってもよかったでしょう。

それでも、中退してしまったなら仕方ありません。

今更ああだこうだ言っても現実は何も変わらないのですから。

ただし大卒中退という事実は不変ですが、フリーターという現実はいくらでも変えられます。

というわけで今回お伝えするのは大学院中退フリーターの就職に関してです。

果たして大学院中退フリーターは就職できるのでしょうか。

大学院中退者の就職希望率と就職率

まずは大学院中退者の現実を見てみましょう。

中退者のうちどれくらいが就職を希望して、どれくらいが実際に成功しているのでしょうか。

以下のグラフは中退者の就職希望率と就職率を示します。

結論から言うと大学院中退者は非常に強いです。

大学中退者の就職希望

大学院中退直後に就職をしたいと思う人の割合は67.3%とまさにブッチ切りです。

大学中退者と単純に比較しても約20%も違います。

これはおそらく年齢的なこともあるでしょうし、これまで費やしてきたことの大きさの表れでもあるでしょう。

もっともその想いも通じやすく、実際に51.0%と半数以上の方が就職に成功しています。

とにかく大学院中退者は就職するというのが自然な流れといえるでしょう。

それこそフリーターなんてやっている暇はありません。

大学院中退フリーターは今すぐ就職しよう

大学院中退はいわゆる大卒と同じ扱いです。

かといって、就職に関して決して油断してはなりません。

なぜなら大学院中退とはいえどフリーターであることには違いないからです。

フリーターは期間が長くなればなるほど就職が難しくなると言われています。

それこそ余裕をこきすぎてフリーター期間が延びてしまったら笑い事になりません。

以下、フリーター期間別の就職率です。

フリーター期間別の正社員になれた割合 001

6ヶ月以内の就職率が最も高いのは一目瞭然でしょう。

対する3年超の就職率は最も低いです。

やはり就職は早いに越したことはありません。

特に大学院中退者は直後の就職に対するモチベーションが非常に高いので尚更早めの就職をおすすめします。

フリーター期間が長くなれば就職したくなくなるのは当たり前です。

大学院中退フリーターにおすすめの就職サイト

フリーター向け就職サイトにはいろんなタイプがあります。

そこで本来であればフリーターのタイプ別におすすめのサイトを紹介するのですが、正直なところ大学院中退フリーターはどのサイトを使っても全く問題ありません

唯一懸念しなければいけないのが年齢で、30歳を超えていたら基本的にどの支援も受けられないので注意しましょう。

あとは好みの問題です。

研修型サービスを使ってみっちり就活したい人やコンサルタントを受けつつサクッと終わらせたい人で選択肢は別れるでしょう。

なお前者の代表例は「ジェイック」があります。

後者は「第二新卒AGENTneo」が有名です。

いずれにせよ、大学院中退フリーターがフリーター向け就職サイトを使えば、比較的楽に就職できるのは間違いありません。

大学院中退だからこそ一刻も早く就活をスタートさせましょう。

中退しても結局就職できればいいのですから。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-中退フリーター

関連記事

大学中退フリーターは詰み?大学中退率は?

大学中退フリーターになったら人生詰みだと思っている方も少なくありません。 そこで ...

大学中退フリーターだからこそいますぐ就職して正社員になろう

大学辞めてフリーターをやる人も少なくなりません。 いわゆる大学中退フリーターです ...

大学中退フリーターは一人暮らしできるのか

大学を辞めて一人暮らしでもしよう。 まずはアルバイトでも始めておこう。 こうして ...

専門学校中退フリーターが就職して正社員になる方法!

専門学校に行ったはいいものの、結局それがやりたいことではなく、やめてフリーターに ...

高校中退フリーターの就職戦略!正社員になるには

高校中退してフリーターになる人もいますが、ずっとそのままでいるわけにはいきません ...