大卒フリーター

大卒フリーターの親はどんな気持ちなのか

更新日:

大卒フリーターの親は一体どんな気持ちなのでしょうか。

元大卒フリーターの私が、親の気持ちを代弁します。

大卒フリーターになった時、私は親になんて言われたのでしょうか。

大卒フリーターの親の気持ち

会社を辞めてほしくない

大卒フリーターにも様々なパターンがありますが、私は新卒で入った会社を速攻でやめたパターンです。

フリーターになる前に当然会社をやめるわけですから、親としたらやはり心配です。

せっかく入った会社なのにやめてしまうのが勿体無いという感じでもあるでしょう。

ちなみに私の親は交友関係が低く、周りの家庭と比較し世間体を気にするタイプではありません。

ただただ会社を辞めてこれからどうするのかと心配そうにしていました。

世間体を気にする親

しかし中には世間体を気にする親だっています。

このような家庭で育ったことのない私からしたらはなはだ疑問です。

もしあなたが熱心な教育を受けているとしたら、世間体を気にする親である可能性は高いでしょう。

当然私は熱心な教育なんて受けたことなく、勉強しろと言われたことでさえもありません。

全て自分の決断で生きてきました。

もちろんその決断をサポートしてくれたのが親であるのは言うまでもありません。

そんな親だからこそ、全て自分で決断してきた私が会社を辞めるときも全力で阻止してこなかったのでしょう。

もし教育熱心で世間体を気にするタイプの親だったら、確実に阻止してくるはずです。

そのとき阻止を振り切って、会社を辞める我が子を持とうもんなら親はまさに絶望します。

つまり、大卒フリーターの親の気持ちは親によって全く異なるということです。

ただしそれは親をよく知る自分が一番わかっているでしょう。

あなたの親は自分が会社を辞めたらどんなリアクションをとると思いますか。

期待が大きい分、裏切られたと感じる

そういう意味でも私は親からの期待がそこまで高くなかったのでしょう。

いつも自分が目指すところに対し親は驚きますから。

「ええ〜〜」と。

そういう親なのです。

ただ今回はその私への期待値の低さが幸いとなりました。

大卒フリーターになる時も私のことを心配しただけで、元から期待なんてしていなかったのですから。

ということで子に対する期待が大きいほど、親は裏切られた感じます。

裏切られたと感じた時に怒りや悲しみを覚えるのです。

親の気持ちは関係ない

そもそも私は親に阻止されて、いうことを聞く子どもの気持ちがしれません。

親と子の人生はまったくの別物です。

ということでお互いに人生まで干渉してはならないでしょう。

親は親、子は子でしっかりと各自で責任を持つのがあるべき姿と言えます。

なぜ親が子どもの人生を左右させるのか。

私には理解不能です。

もちろん私の親は自分の考えを尊重してくれました。

ですからもしあなたが、親に自分の決断を否定されても鵜呑みにする必要はまったくありません。

親は親。子は子。

親のいうことを聞いてても結局は親を越すことができません。

いって親レベルです。

親が偉大であるならばそれで構いません。

しかし大抵の親が凡人ですし、ましてや時代が違います。

もしかしたらその親の常識が元時代で通用しないかもしれません。

そんなわけで、もしあなたに明確な意図がしっかりとあるなら親に反抗してでも、自分の考えを貫き通しましょう。

それで失敗したっていいのです。

結局のところ、自分の人生なのですから。

大卒フリーターになろうと、親の気落ちは関係ありません。

親不孝な私で申し訳ない。

就職しろと親に言われたら

中には「就職しろ」とうるさい親もいるでしょう。

その時フリーターのあなたにとって大切な基準があります。

夢や目標ある

もし夢や目標があるなら就職する必要はありません。

夢を叶えるためには多少なりともリスクが必要ですから。

ただし、努力もしない目標は例外です。

なぜフリーターをやるのか。

時間が足りなくて致し方なくやる場合はまさに努力している証拠でしょう。

もし夢や目標に向かって何もしていないという人は夢がないも同然です。

夢や目標がない

夢や目標がない方は今すぐ就職しましょう。

理由もなしにフリーターをやる意味はありません。

またやりたいことが見つかるまで、正社員になっておくことも一つの手段です。

フリーターにはいつでもなれますが、正社員になれるのは限られてきますから。

若いうちだけがチャンスとなります。

もちろん大卒フリーターの就職も一緒です。

大卒だからといって、社会人経験があるからといっていつでも就職できると思ったら大間違い。

30代フリーターの就職は一気に難しくなります。

ですからせめて、大卒フリーターでも30歳手前までに就職しましょう。

期限をつけることで親を説得

親がうるさい場合は、期限をつけることで説得することができます。

それこそ30歳というのは一つの区切りとなるでしょう。

ですからもしあなたに本気の夢や目標があるなら、期限を設定して親を説得しましょう。

そうすれば少しは理解してくれるはずです。

一方で夢や目標がない人も期限の設定は必須となります。

もし数ヶ月待ってみても、やりたいことが見つからないなら今すぐ就職しましょう。

無理くりにやりたいことを見つけたからといって継続できないのは目に見えています。

まとめ

  • フリーターの親の気持ちは親次第
  • 親の気持ちは関係なく自分次第
  • うるさい親は期限を設けることで説得しよう
  • 夢や目標がないならフリーターでいる必要はない

訳あってフリーターでいる分には構いませんが、せめて親に迷惑がかからないようにしましょう。

親孝行するとなるとやはり30代までには進退を決めたいところです。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-大卒フリーター

関連記事

大卒フリーターの割合と人口について!大学卒業後フリーターは珍しいの?

私はまさか自分が大卒フリーターになるなんて思いもしませんでした。 「大卒フリータ ...

大卒フリーターの一般的な末路は就職です

「大卒フリーター伝記」でお伝えした私の末路は、残念ながら就職ではありませんでした ...

大卒フリーターはプライドが高い

大卒フリーターはプライドが高いです。 かくいう私もプライドが高いのでしょう。 い ...

大学出てフリーター(大卒フリーター)は珍しくない

どうも元大卒フリーターです。 学生時代に就活していた時には思いもしませんでした。 ...

女性で大卒フリーターは珍しくない

女性で大卒フリーターは何ら珍しくありません。 今回は女性の大卒フリーターの実態に ...