大卒ニート

大卒ニートの割合とニートになる確率について

更新日:

ニートのうち、大卒ニートは全体のどれくらいを占めるのでしょうか。

また大卒がニートになってしまう確率も気になるところです。

この記事では、大卒ニートの割合と確率についてお伝えします。

ニートの学歴構成

Neet wariai

このデータが示すのは、ニートの学歴構成です。

ニート全体のうち14.7%が大卒者ということがわかります。

つまりニートが約7人いたら1人は大卒者です。

中卒者の割合21.4%と比べてみてもたったの7%しか変わりません。

大卒ニートの割合は決して少なすぎる数字とは言い切れないでしょう。

大卒者の進路先

次は大卒者の進路状況についてご覧いただきます。

厚生労働省によるデータです。

Neet daisotsu odds 001

まず就職する人が約75%、そして大学院に進学する人が12.1%でした。

納得の数字です。

次にパートやアルバイトのフリーターになる人が1.8%います。

そしてニートが8.7%です。

大学卒業生のうち約11人に1人が進路未決定というわけですから、自分がニートになってもおかしくはない数字でしょう。

大卒者全体から見るニートの割合

次に大卒者全体からデータを把握しましょう。

大卒全体から見るニートの割合

先ほどのデータはいわば大学を卒業する直前のものです。

よって大卒でも後からニートになった人が反映されていません。

入社した会社がブラックだったというパターンからニートになってしまう可能性も少なくないでしょう。

そこで「大卒者の就業形態」についてお伝えします。

このデータなら15歳〜34歳までの大卒者の典型がわかります。

まず、正社員が約80%と一番多いです。

そしてフリーターや派遣社員などの非正規雇用者は12.4%でした。

対するニートが1.5%です。

大学卒業直後に進路未決定の方は多いですが、いずれ何かしらの職に就くことがわかります。

まとめ

  • ニート全体で見ると大卒者は14.7%
  • 大学卒業直後の進路未決定者は8.7%
  • 大卒者全体から見たニートの割合は1.5%

データからわかることは、単純に大学生が多いからこそ大卒ニートの割合が増えているということです。

今のご時世、大学まで行くのが当たり前になっています。

なんとなく大学に行く時代なわけですから、そこからニートが生まれてしまってもなんら不思議ではありません。

いずれにせよ、大卒で最終的にニートになってしまう確率は1.5%です。

大卒ニートでも就職することはできます。

あわせて読む
おすすめフリーター就職サイトまとめ
おすすめのフリーター就職サイトまとめ!フリーターから正社員へ!

フリーターは就職が難しい。 たしかにその通りでしょう。 しかし、フリーター就職サイトを利用すれば話は別です。 今や、就職希望のあるほとんどのフリーターが登録しています。 もちろん、結果も出ています。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-大卒ニート

Copyright© フリーターの就職道|脱フリーター伝説 , 2019 All Rights Reserved.