フリーター就職コラム

フリーターが楽しいわけないでしょ

更新日:

私がフリーターをやっている時にさぞかし皆こう思ったことでしょう。

「楽しそうでいいな」と。

しかし断言しましょう。

フリーターは楽しいなんてこと一切ありえません。

フリーターは楽しくない

なぜフリーターが楽しくないかというと、金もないし、 モテないから。

この2つがなくて人生楽しいわけがありません。

せめて自分というアイデンティティを保つためにもどちらかは欲しいところです。

ちなみに今までに出会ったフリーターの中にどちらかでも兼ね備えている人はいませんでした。

見栄を張っている人はたくさんいましたが。

いずれにせよ、フリーターが楽しいわけありません。

心の底からフリーターが楽しいと思っている人なんて確実に皆無ですから。

どこかしら世間に対する後ろめたさがあるのがフリーターです。

フリーターと正社員はどちらが楽しいか

フリーターが楽しいと思われる理由

ではなぜ、人はフリーターを見て「楽しそうだな」と思うのでしょうか。

果たして本当に正社員が辛くて、フリーターが楽しいのでしょうか。

正解はわかりません。

しかし多くの正社員はフリーターより苦労していると感じるでしょう。

その逆もまた然りで、フリーター自身も正社員より楽だと考えます。

なぜか。

それはそう思い込むように自らが仕向けているからです。

大変なことをしているからお金がもらえる。

大変なことをしていないフリーターはお金を多く貰えない。

そう思うことで正社員は会社に対する不満を押しのけ、自らのアイデンティティを保っています。

対するフリーターもそう思うことで、お金を望まない代わりに正社員にならない口実を作っているのです。

フリーターも正社員も楽しいものではない

極論を言うとフリーターも正社員もどちらも楽しくありません。

実際に私は正社員とフリーターの両方経験していますが、辛さは同じくらいでした。

違いといったら、居心地のよさくらいです。

当然、新参者は居心地がよくありません。

結局楽しいかどうかはフリーターか正社員かの二択ではなく、その場所が心地よいか悪いかによって決まります。

フリーターになったからといって楽しくなるわけでもありませんし、正社員になったからといってつまらなくなるわけではありません。

お互いが羨ましい

フリーターと正社員は相反するものです。

互いに持ち合わせていない価値をそれぞれ持っています

フリーターは自由。

正社員はお金。

だからお互いに羨ましがっているのです。 

そしてその感情がときに嫉妬のような感情に変わります。

お金がないはずのフリーターが遊んでいるのを見た正社員はどのような感情を抱くでしょうか。

その時まさに「楽しそうでいいな(皮肉)」の誕生です。 

一方で自分の時間の少ない正社員が稼いでいるのを聞いたフリーターはどのように思うでしょうか。

「大変そうだな(皮肉)」です。

いわばどちらもポジショントークと言えます。

フリーターにはフリーターのよさがありますし、正社員には正社員のよさがあるのです。

どちらがいいかはその人が何を求めるかによって異なります。 

 ちなみにお金と時間に余裕のある真の富裕者はフリーターを見て「楽しそうでいいな」とは絶対に思いません。

自分の生活の方が楽しいに決まってますから。

もしあなたがフリーターを見て「楽しそうでいいな」と思ってしまったらもはや心が貧乏なのかもしれません。

正社員の方が楽しい理由 

それでも私は正社員になることを推しています。

なぜなら日本の現在では正社員の方が圧倒的に多いからです。

いわば正社員信仰の厚い国ということができるでしょう。

ではなぜ、多い方を選ぶといいのか。

それはどうしても他人と比較してしまうからです。

もし日本の9割がフリーターだというなら、自分がフリーターであることを気にしないでしょう。

フリーターであることが当たり前となります。

しかし現状はそうではありません。

世論では大人は正社員であることが前提です。

子供が成長したらみんな正社員になると多くの親が考えているでしょう。

この正社員が当たり前だと考えられている世の中でフリーターだと、やはり肩身の狭い思いをすることになります。

そういう意味で現在の時点では、フリーターより正社員の方が楽しいのです。

まとめ

結局、フリーターは楽しいのか。

それは本人によります。

しかし大多数のフリーターは楽しくないでしょう。

なぜならフリーターは現時点でマイノリティだからです。

ですからもし「フリーターは楽しそうでいいな」という方がいたら、少し思いとどまりましょう。

フリーターになったからといって楽しい人生を送れるかどうかは別の問題です。

むしろ金銭的な面だけを切り取ってみると悲惨な人生になるでしょう。

一方で「フリーターだけど十分楽しい」というような人は視野を広げる必要がありそうです。

今は楽しいかもしれませんが、将来どうなっているかわかりません。

一つだけ明らかなのは、金銭面で将来に全く期待が持てないことです。

年収だけでなく貰える年金の額でさえも大きく差が開きます。

そうなると、孤独な独居老人まったなしです。

果たして、そんな末路が楽しいと言えるのでしょうか。

答えは人それぞれですが、60代フリーター独身をイメージして楽しいと感じる人は皆無でしょう。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーター就職コラム

関連記事

フリーター健康問題について語る!国民健康保険は滞納するな!

前の職場にこんなフリーターの方がいらっしゃいました。 病気になったけど、健康保険 ...

フリーターがダメなところを挙げてみよう

「フリーターじゃなんでダメなの?」 という声がしばしば聞こえてきます。 まさしく ...

フリーターだからこそアフィリエイトに挑戦しよう!

何もやりたいことが見つからない、フリーターの方必見です。 やりたいことがないなら ...

フリーターから正社員になる際に必要な志望動機の書き方について

正社員になるのなら必ずといって必要になります。 それは志望動機です。 私は就職活 ...

フリーターの定義!3種類の特徴毎にモノ申す!

今となっては当たり前のように使われている「フリーター」という言葉。 突然ですが、 ...