フリーター・ニートの就職

フリーター・ニートにおすすめの派遣サイト!紹介予定派遣から正社員も狙える!

更新日:

フリーターにおすすめの派遣

フリーターは派遣社員よりも正社員がおすすめです。

しかし、中には派遣社員になりたい方やならざるを得ない方もいるでしょう。

そこでこの記事ではフリーターにおすすめの派遣サイトをご紹介します。

あらゆるタイプの派遣スタイルについても見ていきましょう。

3タイプの派遣スタイル

派遣には3タイプあります。

  • 登録型
  • 常用型
  • 紹介予定派遣

それぞれ見ていきましょう。

登録型

こちらが一般的にイメージされる派遣のタイプです。 

求職者は派遣会社に登録し、派遣先が見つかり次第紹介されます。

このタイプは一定の期間を定めて雇用契約が結ばれるので、契約更新がなければ雇用関係も終了です。

なお契約期間は法律で最長で3年までと決まっています。

また結構グレーゾーンなのですが、部署や課を変えることで3年以上引き続き同じ企業で働くことが可能です。

いずれにせよ、最長3年というルールがあるのは政府が雇用促進したい為となります。

もともと派遣社員というのはそのまま長い期間働くことを想定していないということです。

常用型

こちらはあまり一般的でないことから別名「特定労働者派遣」 と呼ばれる派遣スタイルです。

常用型は派遣会社自らが正社員や契約社員という待遇で雇い、後ほど企業に送り込みます。

なお派遣先がない場合も待機期間として給料が支払われるのも特徴的です。

ただし派遣会社からしたら高コスト極まりないので、優秀な技術やスキルがないとこのタイプでの雇用は難しいでしょう

スキルがない人をわざわざ常駐させる意味はありません。

紹介予定派遣

社員になりたい方にとって一番おすすめなのがこの「紹介予定派遣」です。 

こちらは最長半年で「社員」になれる派遣スタイルとなります。

「社員」と濁したのは正社員の場合もあれば契約社員の場合もあるからです。

よく調べた上で応募するようにしましょう。

またこの紹介予定派遣は社員として雇用されることを想定して派遣されるので、「正社員」をエサに働かせられることはほとんどありません

もちろん残念ながら派遣先企業の判断により、不採用となるケースもありますから全ては自分の実力次第ということになります。

フリーターにおすすめの派遣サイト

それではおすすめの派遣サイトをご紹介していきましょう。

リクルートスタッフィング

有名なリクナビを運営しているリクルートの人材派遣サービスです。

正直「リクルートスタッフィング」と「マイナビスタッフ」の間に明確な違いはないので、お好きな方を使うといいでしょう。

あえて違いを述べるとするなら紹介先企業が異なります。

もっとも紹介先企業が違うとはいえど、両社ともに大量に取り揃えているの間違いないので、やはりお好みのサイトを使うのがおすすめです。

リクルートスタッフィング

マイナビスタッフ

マイナビが送る人材派遣サービスが「マイナビスタッフ」です。

似たようなサービスでマイナビ派遣というのがあります。

マイナビスタッフとマイナビ派遣の違いは、とてもシンプルです。

マイナビ派遣は様々な派遣会社を横断してお仕事を探せるサイトに対し、一方マイナビスタッフはシンプルな人材派遣サービスとなります。

すなわちマイナビ派遣を使ってお仕事が見つかったとしても、結局他の派遣会社に登録しなければなりません。

マイナビ派遣を使って見つけたお仕事がマイナビスタッフから派遣している会社だったという可能性もあります。

ですから、個人的にはそのままマイナビスタッフに登録してシンプルに直接会社を紹介してもらう方がおすすめです。

以上がフリーターにおすすめの派遣サイトです。

特別な理由がない限り、派遣よりも就職をおすすめします。

マイナビスタッフ

派遣のメリット

フリーターが派遣をする上でのメリットがいくつかあります。

  • 賃金が高い
  • (バイトを除いた)社会人としての訓練になる
  • 様々なライフスタイルに適応できる

それぞれ見ていきましょう。

賃金が高い

派遣先の企業にもよりますが、基本的に派遣社員の時給は高騰中です。

2018年9月度の派遣平均時給は1,554円になりました。

<参照:『 エン派遣 』三大都市圏の募集時平均時給レポート(2018年9月度) | エン・ジャパン(en-japan)

アルバイトより多く稼げるという点では派遣社員は優れているでしょう。

(バイトを除いた)社会人としての訓練になる

見方によってはフリーターも社会人ですが、それでも社員でないことは確かです。

そういう意味でも派遣社員は正社員の第一歩としてよき社会勉強になるでしょう。

派遣社員はアルバイトよりも正社員に近い考え方をしなければなりません。

様々なライフスタイルに対応できる

女性に派遣社員という働き方が人気なのは、自分にあった働き方を選択できるからです。

もちろんアルバイトでもそれは可能ですが、派遣社員の方がイメージはいいでしょう。

アルバイト以上、正社員以下なのが派遣社員と言えます。

派遣社員ならば、定時きっかりに上がれることも多いでしょう。

もちろん派遣社員は一長一短ですから、一概にも優れているとは言えません。

ただし様々なライフスタイルに適応できる働き方というのは真実です。

派遣のデメリット

それでは派遣社員のデメリットについてみてみましょう。

  • 最長3年まで
  • いつ切られるかわからない

順番に説明します。

最長3年まで

派遣社員は同じ場所で最長3年までしか働けません。

いくらその人が有能だからといっても関係ありません。

派遣法によって期間が定められています。

いつ切られるかわからない

最長期間の3年の前に「更新なし」で終わる可能性もあります。

最長3年といっても、最初から3年契約となるわけではないので注意が必要です。

また企業の止むを得ない事情によって契約途中で解除されることもあるでしょう。 

派遣社員は確かに様々なライフスタイルに適応できます。

しかしそれは企業側も同じで、会社の状況に合わせて臨機応変に使うことができるのです。

派遣社員の自由度の高さは時にデメリットになります。

派遣から正社員になる方法

ポイントは以下の通りです。

  • 派遣から正社員は不可能
  • 社員になるなら紹介予定派遣を利用しよう

それぞれ解説します。

派遣から正社員は不可能

アルバイトから正社員を目指すのが難しいのと同様に派遣から正社員を目指すのもかなり難しいです。

バイトから正社員以上に難しいと言っても過言ではないでしょう。

派遣は元から期限を定めて雇用することが前提ですから、企業側からしたら派遣を正社員にするメリットがありません。

また期間が過ぎたら、また違う派遣を呼べばいいだけの話です。

それこそ、会社の弱みを握りつぶすぐらいの勢いがなければ正社員になることは難しいでしょう。

あわせて読む
アルバイトから正社員
アルバイトから正社員になる方法まとめ!なり方はひとつじゃない!志望動機の作り方と例文も!

正社員のなり方がわからない方はアルバイトからの正社員登用を狙いがちです。 慣れた環境で正社員になれたら確かに嬉しいでしょう。 しかし、アルバイトから正社員になることが果たして正しいのでしょうか。 そこ ...

続きを見る

社員になるなら紹介予定派遣を利用しよう

ただし、紹介予定派遣ならその限りではありません。

なぜなら社員雇用を前提に採用するからです。

そんなわけで派遣から正社員を目指すなら必ず、紹介予定派遣として採用されましょう。

紹介予定派遣なしで正社員になるのはかなり難しいです。

紹介予定派遣はニートにもおすすめ

紹介予定派遣を使えばニートだって安心して就職することができます。

いきなりニートから正社員になるのが不安な人におすすめです。

ニートは紹介予定派遣を利用して就職しよう!最長半年で社員になることができる!

ミスマッチを防げる

紹介予定派遣を使えば、会社とのミスマッチを防ぐことができるでしょう。

いざニートから正社員になってみて蓋を開けてみたら全くイメージと違かったなんていうのはよく聞く話です。

社員になる前に現場を体験できる紹介予定派遣だからこそニートは安心して就業先を決められるでしょう。

ニートはもう二度とミスマッチによって自信を喪失することはできません

これまでに挫折をたくさんしてきたニートこそ紹介予定派遣を使いましょう。

ニートには期限が必要

紹介予定派遣には最長半年という期限があると言いました。

この期限には本人がダラダラしなくて済むというメリットがあります。

仮にアルバイトから正社員を目指したとしましょう。

その場合、いつ社員になれるのかも本当になれるのかも定かではありません。

かといって社員を目指すぐらいですからシフトに貢献していることは間違いなく、よっぽどのことがない限り契約を打ち切られることもないでしょう。

そこが問題なのです。

結局ダラダラしてしまって気がついたら、就職できる年齢でなくなってしまうことも珍しくありません

そういう意味でもニートには良かれ悪かれ、期限が必要です。

正社員登用というエサをまかれる心配がない

期限があることで、企業側もエサで釣ることができません。

すなわち、紹介予定派遣を募集するのは本気で社員を必要としている企業となります。

これが期限つきでないアルバイトからだとすると、正社員登用をエサとして長くこき使い続けることができてしまうでしょう。

このように期限を設けることは求職者にとってメリットだらけです。

ダメだったらダメで次に進めば問題ないですし、仮に採用されそうになっても合わないと思ったら辞退することもできます。

ニートだからこそ、企業は吟味したいところです。

30歳を過ぎてもチャレンジできる

就職というものは30代を超えると一気に難しくなりますが、紹介予定派遣はその限りではありません。

そのため30代以上の就職手段としても大変人気の働き方となっています。

というわけでニート期間が長期化してしまっていて就職が不安な方もふるって応募しましょう。

紹介予定派遣はチャレンジできる場でもあるので、ミスを恐れることはありません。

紹介予定派遣の注意点

紹介予定派遣は残念ながら不採用になるケースもあります。

その点を把握した上で、応募するようにしましょう。

もっとも派遣会社に勤めている私の友人によると、多くが社員として契約に結びついているとのことです。

というわけで「どうせ受からない」と思ってチャレンジしないのは非常に損していることになります。

また社員になれるとはいえど正社員ではなく契約社員の可能性もあるので、そこは入念にチェックするようにしましょう。

同じ労力を使って社員になるわけですから、待遇的にも契約社員よりも正社員の方が断然おすすめです。

ニートで就職を検討されている方は是非、紹介予定派遣も視野に入れてみましょう。

まとめ

フリーターから派遣社員というステップに関してまとめると以下の通りです。

  • 派遣から正社員を目指すなら「紹介予定派遣」
  • 派遣は時給が高い
  • 派遣は自由度が高い
  • 社会人として基礎が磨ける
  • ただし派遣のままではものすごく不安定

これまでおすすめの派遣サイトを紹介してきました。

しかし、20代であるなら取り返しがつかなくなる前に正社員を目指すことをおすすめします。

20代の方はフリーター就職サイトを利用しましょう。

あわせて読む
おすすめフリーター就職サイトまとめ
フリーター就職サイトのおすすめまとめ!正社員に転職しよう!

フリーターは就職が難しい。 たしかにその通りでしょう。 しかし、フリーター就職サイトを利用すれば話は別です。 今や、就職希望のあるほとんどのフリーターが登録しています。 もちろん、結果も出ています。 ...

続きを見る

-フリーター・ニートの就職

Copyright© フリーター・ニートの就職道|正社員を目指せ , 2019 All Rights Reserved.