ハローワーク

フリーターにおけるハローワーク利用のメリット・デメリット

更新日:

フリーターにおけるハローワーク利用のメリット・デメリット

フリーターがいざ就職するとなると、どうやって就活したらいいかわからない人も多いでしょう。

そしてまず思いつくのが「ハローワーク」です。

もちろんハローワークでももちろんいいのですが、あまりおすすめはできません。

それはハローワークがそもそもどんなところなのかを知れば理解できます。

ハローワークのデメリット

ハローワークとは国の行政機関「厚生労働省」が設置する公共職業安定所のことを指します。

別名「職安」です。

国が管理しているということで一見すると、安心できますが意外にもそんなことはありません。

ブラック企業がある

まずハローワークの求人はブラック企業が多いです。

ブラック企業の定義は置いといて、労働基準法に違反した企業や暴力団関係の求人もしばしば掲載されてしまいます。

なぜそのようなことになってしまうのかというと、ハローワークに企業を見抜く力がないからです。

ということで、ブラック企業を絶対に避けたい人はハローワークの利用は避けましょう。

カラ求人

そしてハローワークにはカラ求人が多いとされています。

カラ求人というのは、本来募集していない企業にも関わらず、求人を出すというもの。

なぜこんなことが起こってしまうのかというと、そもそものハローワークの仕組みに問題があります。

その仕組みとは求人を無料で掲載できるというもの。

無料ということで採用に必死でない企業も、求人を出してしまえます。

そうすることで、たなぼたではありませんが「掘り出しもの」を引っ掛けることができるのでしょう。

また国側から見ても求人が少ないのはやはり問題視されてしまうので、求人掲載数を増やすことは重要です。

ということで、ハローワークに悪気がなくてもカラ求人は生まれてしまいます。

採用費を捻出できない企業が集まる

無料で求人を掲載できるということは裏を返せば、採用費を捻出できない企業がたくさん集まってくるということ。

つまり零細企業のような企業を中心に紹介されるようになります。

もっとも全ての企業が貧乏というわけではありませんが、そのような割合が多くなってくるというのは覚えておきましょう。

サポートが弱い

民間企業が運営しているフリーター就職サイトと異なり、ハローワークの職員は基本、非正規雇用者です。

ここで非正規雇用者を差別する意図はありませんが、それでもやはりプロのキャリアカウンセラーよりも知識が少ないのは確かでしょう。

ということで、ハローワークはやはりサポートが弱いと言えます。

というよりもむしろ紹介以外のサポートはほとんどないと思ってもらっても構いません。

ですからもしフリーターのあなたが就職するにあたって、手厚いサポートを希望するならやはりフリーター就職サイトがおすすめです。

ハローワークの基本的業務は支援ではなく「職業紹介」ということを覚えておきましょう。

ハローワークのメリット

ハローワークを全否定することはできません。

ハローワークにも一応のメリットは存在するからです。

全国に拠点がある

ハローワークは全国47都道府県に拠点があります。 

さすが国が管轄しているだけのことはあるでしょう。

というわけで、地方にお住まいのフリーターの方は地元での就職の際に利用するシーンが出てきます。

むしろ使わざるを得ないといった方が適切です。

田舎において就職支援サービスはほとんどありません。

失業保険

フリーターでも失業保険はもらえます。

そのためには、ハローワークで事務手続きを行わなければなりません。

そんなわけで失業保険の給付条件に該当する方はハローワークに伺いましょう。

失業保険はハローワークでしか申請できません。 

あわせて読む
フリーターでも失業保険はもらえる!金額、期間、条件について!
フリーターでも失業保険はもらえる!金額、期間、条件について!

俗に言う失業保険ですが、もらえるのは何も正社員だけではありません。 条件を満たせばフリーターだって失業給付を受け取ることができます。 条件を満たす人は是非ハローワークに向かいましょう。 雇用保険と失業 ...

続きを見る

以上がハローワークのメリットです。

結局のところ、メリットというよりは「そうせざるを得ない」というのが正しい表現となります。

フリーター就職サイトのメリット

ハローワークのデメリットを全て補ってくれるのが「フリーター就職サイト」です。

このようなサービスにブラック企業があることは皆無ですし、カラ求人なんてありえません。

しかもフリーター向けの就職支援企業は報酬制であることが多いので、必死に求職者をサポートしてくれます。

もちろん最後まで。

そうしないと、会社の売り上げにも関わってきますから、まさに3者ウィンウィンの関係というわけです。

ハローワークの場合だと、どうしてもお金が発生しない以上ウィンウィンの関係にはなりづらいといえます。

というわけで、以上の理由からフリーターはハローワークではなくフリーター就職サイトの利用がおすすめです。

あわせて読む
ハローワークの就職支援サービスとフリーター就職サイトの比較!
ハローワークの就職支援サービスとフリーター就職サイトの比較!

職業紹介が主な業務でもある「ハローワーク」ですが、ひそかに就職支援サービスも行っています。 ハローワークの失業保険の手続きのついでに受けるのも悪くないのですが、それならフリーター就職サイトもおすすめで ...

続きを見る

フリーターから正社員という大事な一歩ですから、ぜひとも自分にあった企業を見つけましょう。

ただし一部例外もありますが、基本的に求人は都市部に固まっているので注意が必要です。

よってほとんどのサポートが都市部のみとなっています。

地域的な問題も含めぜひ「フリーター就職サイト」を比較してみましょう。

あわせて読む
おすすめフリーター就職サイトまとめ
おすすめのフリーター就職サイトまとめ!フリーターから正社員へ!

フリーターは就職が難しい。 たしかにその通りでしょう。 しかし、フリーター就職サイトを利用すれば話は別です。 今や、就職希望のあるほとんどのフリーターが登録しています。 もちろん、結果も出ています。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ハローワーク

Copyright© フリーターの就職道|脱フリーター伝説 , 2019 All Rights Reserved.