フリーターの一人暮らし

一人暮らししたいフリーターが知っておくべき引っ越しにかかる初期費用

更新日:

フリーターが一人暮らしを決めたのはいいものの、やはり知っておかなければいけないのが、お金がなければ引っ越しもできないということ。

今回は、フリーターが知っておくべき、引っ越しにかかるお金についてお伝えします。

このお金はいますぐ工面が必要ですから、引っ越ししたいフリーターの方は是非参考にしてください。

一人暮らしにかかる引っ越し料金

敷金(保証金)

まず初期費用として、敷金がかかります。

この敷金は、いわゆる保証金のようなもので、退去時に残金があれば戻ってくるお金です。

保証される内容としては、未払い家賃や退去時の原状回復修理分に敷金から充てられます。

もっとも、未払い賃金はまだしも「原状回復修理」に関しては定義が曖昧なため、トラブルになりやすいとのこと。

詳しくは以下を記事をご覧ください。

<参照:知らないと損する! 泣き寝入りしない「敷金トラブル」

なお、肝心な敷金の相場ですが、家賃の1〜3か月分が一般的です。

礼金

そして礼金。

このお金は敷金と異なり戻ってきません。

ではこのお金は何に使われるのか。

それは読んで字のごとく大家や不動産会社に「お礼」をするためのお金です。

礼金の相場は家賃1〜2か月とのこと。

仲介手数料

不動産会社に支払う仲介手数料の相場は家賃の0.5か月分です。

むしろ法律でこのように定められているとのこと。

賃貸借契約では、貸し主・借り主双方を合計して賃料の1カ月分に相当する金額までしか受領できない、

<参照:賃貸仲介料は本当に「家賃1カ月分」が必要か

なので大半が仲介手数料は折半になるでしょう。

なお多く取られても家賃1か月分です。

前家賃

賃貸の場合は、家賃は前払い制となります。

すなわち、ここでも1か月分の費用が発生するということです。

火災保険料

こちらの火災保険料ですが、値段はピンキリ。

安くて4,000円というものもあれば、20,000円というものもあります。

詳しくは不動産情報サイト「SUUMO」の記事をご覧ください。

<参照:賃貸の火災保険って何? 契約の補償額はいくらが妥当?

いずれにせよ、補償内容をよくお確かめの上、自分に適した保険を選ぶようにしましょう。

引っ越し代

さらに引っ越し業者に荷物を運んでもらわなければなりません。

なお、引っ越し業者に依頼するときは必ず、複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。

なぜなら競合させないと、価格がつりあがってしまうからです。

競合させることで確実に値段は下がりますので、ぜひとも、まずは一括で無料見積もりをしてみてはいかがでしょうか。

<参照:簡単引越し見積もりはコチラ

なお、一人暮らしにおける引っ越し料金の相場は時期によっても異なりますが、おおよそ3万円〜6万円に収まるはずです。

保証金

連帯保証人を立てられない人は保証会社にお金を支払うという方法もあります。

その場合の金額は以下の通りです。

部屋を借りるときに必要な保証料は、物件によって、あるいは家賃保証会社によって異なり、家賃の半月分、1か月分、家賃の30〜70%程度、1〜3万円程度の固定額などさまざまである。2年ごとの更新時には、初回契約時より安く設定される例が多いようだ。

<参照:家賃保証会社を利用するメリットは? その仕組みと現状の課題

ということですからここでは大きく見積もって1か月分ということにします。

なお、連帯保証人プラス保証会社の加入を義務付けられているパターンもよくありますから事前にチェックしておきましょう。

引っ越しにかかる初期費用総額

それではこれらを累計してみましょう。

あくまでもフリーターの一人暮らしですから家賃は65,000円と想定します。

敷金 65,000円〜195,000円 
礼金 65,000円〜130,000円  
仲介手数料 32,500円〜65,000円 
前家賃 65,000円 
火災保険料 4,000円〜20,000円 
引っ越し代 30,000円〜60,000円 
保証金 (65,000円) 
その他 (65,000円) 
総額261,500円〜665,000円 

その他の項目に関しては、ハウスクリーニング代や鍵交換代が負担になってしまった場合に備え、記載しました。

敷金0円のような物件だと、そのような項目を請求されることが多いです。

したがって結果的には値の幅が大きくなってしまったのですが、少なくとも家賃の5か月分は用意しておくと楽でしょう。

そして金銭的に余裕があればあるだけ物件選びの幅は広がります。

中には敷金・礼金0円というのもありますが、そのほとんどが人気のない物件といっても過言ではありません。

そして、敷金が0円ということで退去時にお金がかかってしまう可能性もあるでしょう。

そんなわけで、個人的には敷金・礼金は最低でも2か月分は支払っておくことをお勧めします。

礼金はともかく敷金はなおさらです。

なお、物件探しはまずインターネットで探し、お気に入りの住居が見つかり次第、不動産会社に連絡するのがもっとも手っ取り早いでしょう。

ちなみに物件探しのサイトはキャッシュバック賃貸 がお勧めです。

このサイト経由で入居が決定すると、祝い金として最低1万円もらえます。

これだけ、引っ越しには初期費用がかかるのですから、ぜひとも活用したいところですね。

祝い金がもらえる賃貸情報サイト-キャッシュバック賃貸-

このようにフリーターの一人暮らしは始める前から常にお金がかかります。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーターの一人暮らし

関連記事

フリーターの一人暮らしについてまとめ!とてつもなくきついです

これからフリーターになって一人暮らしを考えている方。 はたまた、今もフリーターだ ...

フリーターの一人暮らしの入居審査について!親族名義が最もスムーズ!

フリーターでも一人暮らしは可能です。 しかし入居審査があります。 そこでこの記事 ...

フリーターの一人暮らしにかかる最低の生活費を計算してみた

フリーターが一人暮らしするのに一体どれだけお金がかかるのか。 とちょっと疑問に思 ...

一人暮らしのフリーターにかかる税金と保険料について

税金は親の扶養に入っているうちはほとんどかからないと言っても過言ではありません。 ...

フリーターの一人暮らしは貯金ができなくて辛い

つくづく思います。 フリーターで一人暮らししている人は本当にすごいなと。 フリー ...