フリーター・ニートの結婚・将来・お金

フリーターの末路は生活保護受給ではなくホームレスになる可能性が高い!将来が怖い、不安な方へ!

更新日:

フリーターの将来や末路と聞くと、ほとんどの人がよいイメージを持たないでしょう。

そもそもフリーター自体イメージが悪いです。

そして多くの人が「怖い」「不安」「絶望」のような感情を抱いてしまいます。

果たして実際のところフリーターの将来どうなってしまうのでしょうか。

フリーターは生活保護受給者ではなくホームレスになる可能性が高い!むしろ受けたくない人が多数!

フリーターの末路は生活保護ではない

フリーターをやっていて将来が不安でも、最悪生活保護を受給すればいいと思っている方もいるでしょう。

しかしフリーターが生活保護を簡単に受けられると思ったら大間違いです。

ホームレスを覚悟しておきましょう。

フリーターがニートになろうとホームレスになろうと基本的に生活保護は受けられません。

生活保護を受けるには要件を満たす必要があるからです。

以下、厚生労働省から保護の要件等引用します。

生活保護は世帯単位で行い、世帯員全員が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することが前提でありまた、扶養義務者の扶養は、生活保護法による保護に優先します。

・資産の活用とは

預貯金、生活に利用されていない土地・家屋等があれば売却等し生活費に充ててください。

・能力の活用とは

働くことが可能な方は、その能力に応じて働いてください。

・あらゆるものの活用とは

年金や手当など他の制度で給付を受けることができる場合は、まずそれらを活用してください。

・扶養義務者の扶養とは

親族等から援助を受けることができる場合は、援助を受けてください。

そのうえで、世帯の収入と厚生労働大臣の定める基準で計算される最低生活費を比較して、収入が最低生活費に満たない場合に、保護が適用されます。

<参照:生活保護制度-厚生労働省

これら要件のうちどれも活用できないという方でなければ生活保護は受給できません。

その中でも注目すべきなのが能力の活用です。

担当者に「働くことが不可能」と証明できなければ、受給許可は下りないでしょう。

例えば、病気や怪我で医師の診断書があれば問題ありません。

単に「働きたくない」というだけではもらうことができないのが生活保護です。

ホームレスも生活保護を受給しない

実際問題のところ、生活保護を受給するのはごく一部の人です。

例えば、多くのホームレスだって生活保護を受給しません。

ホームレスの生活保護の利用状況に関する調査データがあります。

生活保護制度については、利用したことが「ある」人が 24.4%、まったく「ない」人が 69.2% である。「相談には行ったが利用したことはない」「相談には行ったが断られた」人を合わせると、利用したことが「ない」人が 75.5%である。年齢別にみると、利用したことが「ある」人の割合が高いのは35-39歳の層で 34.4%、次いで、45-49歳の層で28.7%である。

<参照:平成24年「ホームレスの実態に関する全国調査検討会」報告書

なんと、ホームレスで生活保護を利用したことのある人はたったの25%です。

ということは仮にフリーターからホームレスに転落する確率を含めても、将来フリーターが生活保護をもらうのは非常に稀なことだと言えます。

もちろん「フリーターが生活保護受給者になることなんてないから安心してほしい」と言いたいのではありません。

生活保護どころか、もっと悲惨な末路を辿るかもしれないということです。

最悪、生活保護を受ければいいと思っていた人は考えなおしましょう。

仮に受給できたとしても金額的にはスズメの涙です。

生活保護をもらうより、普通に働いていた方が楽なのは言うまでもありません。

ホームレスが生活保護を受けない理由

なぜホームレスの方は生活保護を受けないのでしょうか。

それも「ホームレスの実態に関する全国調査検討会」によって明らかになっています。

同調査によると、ホームレスが生活保護を受けないのは「受けたくない」というのが大きな理由です。

統計によると、45.9%のホームレスが受けたくないと回答しています。

ではなぜ受けたくないのか。

その問いに対して「自立支援センターや更生施設での集団生活が嫌だから」 と回答しています。

もはや集団生活できるほどの精神状態ではないのでしょう。 

よって今フリーターで将来生活保護を受けたいと思っていても、最終的に同じ考えとは限らないということです。

ホームレスの方の精神状態は決して見くびることはできません

フリーターは将来を共にするパートナーを見つけよう

フリーターで先行きが不安だからこそ、結婚をおすすめします。

なぜなら結婚して同居することで、生活コストも下がりますし、収入も単純計算で2倍になるからです。

それだけでなく、将来もらえる年金も2人分となります。

これぞ結婚して共有財産を持つメリットです。

国民年金によってフリーターが将来もらえる金額

国民年金を支払っているフリーターの将来もらえる金額についてお伝えしましょう。

日本年金機構の「老齢基礎年金の受給要件」に関して引用します。

20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めた方は、65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。 保険料を全額免除された期間の年金額は1/2(平成21年3月分までは1/3)となりますが、保険料の未納期間は年金額の計算の対象期間になりません。

平成28年4月分からの年金額 780,100円(満額)

<参照:老齢基礎年金の受給要件・支給開始時期・計算方法|日本年金機構

今現在の状況です。

少子高齢社会によって現在の年金の財務状況は不安定ですから、今後仕組みや法律が改正されていくことは十分考えられます。

それにしても、満額で年間780,100円ということは月額に換算すると、約65,000円です。

月額65,000円でどうやって暮らしていけというのでしょうか。

しかも満額で6万5千円ですから、学生の時に免除してもらっていた方などはもらえる額はもっと減っていきます。

なお年金と生活保護の平均受給額を比較すると以下のとおりです。

国民年金5.4万円、生活保護14万円

<参照:国民年金5.4万円、生活保護14万円。どちらも貧困な独居老人なら、この不公平さは「制度上認められた悲劇」でしかない >

一概にもフリーターの将来は生活保護を受けた方がマシということはできませんが、年金を支払わなくなってしまうのも理解できます。

コツコツと何十年間も年金を支払ってきた人が生活保護者よりももらえる額が少ないなんて不公平すぎますから。

せめて逆転させなければならないでしょう。

正社員になって厚生年金に加入した場合

脱フリーターをして正社員になれば厚生年金に加入することになります。

参考までに厚生年金の将来もらえる金額についてもお伝えしましょう。

 平均年金月額 
男性 165,450円
女性 102,252円

<参照:平成26年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について

厚生年金は加入期間や報酬によって、支給される金額に差があります。

ですからこれはあくまでも厚生年金に加入していた人の平均年金月額です。

なお男女差があるのは女性に関しては夫の扶養に入ることが多いからです。

いずれにせよ、国民年金受給者の金額とはえらい違いです。

将来もらえる金額としては月額にして10万円程度の差があります

フリーターの末路は独身になりやすい

 

フリーターは独身だとかなり不安!生活保護を受ける高齢者の9割を占める!

フリーターは将来独身になりやすいです。

その理由はフリーターの結婚率を見れば明らかでしょう。

なぜフリーターが結婚できないのかというと、それは収入が著しく低いからです。

収入と有配偶率の関係性

このグラフの通り、結婚と収入は密接な関係にあります。

年収が低ければ低いほど結婚はできません。

フリーターの平均年収はおよそ100万円強ですから、それでは結婚もできないでしょう。

このようにフリーターというだけで、独身の可能性が高まってしまいます。

とにかくフリーターはモテません。

生活保護を受ける高齢者のうち9割は独身

また安易にフリーターの将来は生活保護受給者と言うことはできませんが、全く関係がないとは言えません。

生活保護に関して興味深いデータがあります。

生活保護を受給する世帯のうち、65歳以上の高齢者を中心とする世帯が3月時点で過去最多の82万6656世帯に上り、初めて受給世帯の半数を超える50.8%となったことが1日、厚生労働省の調査で分かった。うち単身世帯が9割に上る。

厚労省の国民生活基礎調査では、高齢者世帯は約1221万世帯(2014年6月時点)で、受給世帯は約6%に当たる。高齢化が進む中、低年金や無年金で老後を迎え、身寄りもなく生活保護に頼る高齢者の貧困の深刻化が鮮明になった。

<参照:生活保護、高齢者が初めて50%超す 厚労省調査:日本経済新聞

つまりずっとフリーターでいざ自分が独り身の高齢者になったときこそ、まさしく生活保護を受ける時となります。

あくまでも生涯フリーターかつ生涯独身という前提があって成り立つ仮定ですが、現在フリーターの方は他人事ではありません。

貧乏な独居老人なんて孤独死まっしぐらでしょう。

女性フリーターの末路

男性同様に、女性フリーターも結婚しにくいことが予想されます。

しかし残念ながらこの事実を証明するデータはありません。

なぜなら女性は結婚や出産の結果、非正規雇用になることが多いからです。

アンケートではアルバイトから結婚しようと、結婚してパートになろうと知る由もありません。

ただし、女性フリーターがモテないというのは事実です。

以下のグラフは20代独身者の交際異性ありの者の割合を示します。

20代未婚者における交際相手の有無

男女ともに正規雇用者の方が交際異性のいる確率が高いです。

したがって、いかにフリーターがモテないということがわかるでしょう。

またフリーターは結婚願望も薄いです。

フリーターの結婚意欲

いずれにせよ女性は高めですが、正規雇用者と比べるとやはり結婚に意欲が見られません。

というわけで女性フリーターの将来は独身のまま終わるという末路もやはり想定しておかなければならないでしょう

それでもやり方さえ間違わなければ、 どんな女性でも最悪孤独は免れます。

以下、女性フリーターの4つの将来戦略です。

お好きな方法を選択しましょう。

自分が正社員になる

女性にとっても正社員になってしまうのが、結婚率を高める最善の方法です。

とにかく結婚したいという女性フリーターはとにかく正社員になってしまうことをおすすめします。

そこまで仕事したくないなんて思うことなかれ。

寿退社をしてしまいましょう。

女性フリーターは結婚するが勝ちなのですから。

正社員になるのは結婚するためのツールだと割り切って就職活動を始めましょう。

アルバイト先で正社員を狙う

狙うというと人聞き悪いですが、アルバイト先で正社員の人と付き合ってゴールインという話は珍しくありません。

私もいくつかのサービス業に従事していましたが、行く先々でそのような光景を目にしてきましたから。

この場合は正社員になるより難しいとは思いますが、一つの手段であることには違いありません。

そんなわけで、どうしても正社員になってまで結婚したくないという人はアルバイト先で見つけましょう。

フリーター男で妥協する

こちらはあまりおすすめできませんが、妥協だって一つの立派な戦略です。

たとえフリーター男と結ばれようと、2人で過ごせば生活コストは幾分下がりますし、将来もらえる年金も当然二人分となります。

そんなわけで独り身でいるよりはるかにマシなのは言うまでもありませんから、妥協できる人は是非この戦略をとってみましょう。

ちなみに当然ながら男性フリーターは正社員に比べモテませんから、結婚できる確率もはるかに高くなります。

自分がフリーターならば相手もフリーターだって仕方ありません。

利害が一致しなければ結婚はできないのですから。

フリーター男を正社員にさせる

これぞ最も賢いやり方でしょう。

男性フリーターを無理やりにでも正社員にさせ結婚しましょう。

相手が結婚願望のあるフリーターなら、十分通じるはずです。

自身の結婚と引き換えに正社員になってもらえば、まさにウィンウィンの関係となります。

男を育成したい女性も少なくないでしょう。

フリーター男でもしっかりと育成すれば、立派な社会人になれます。

フリーターの将来性に賭けるな

フリーターに将来性はありません。

これは紛れもない事実です。

時々フリーターから大化けする人もいますが、そんなのはごく稀です

宝くじを当てるよりかはるかに難しいでしょう。

もし仮に将来性のあるフリーターがいたとしましょう。

しかしその将来性に賭けることは決して禁物です。

なぜなら今まで全ての自分が丸ごと本物なのだから。

将来性ではなく今を見つめなければなりません。

今がダメな人は大抵将来もダメです。

逆に今がいい人は将来ダメになるかもしれませんが、さらに良くなるかもしれません。

フリーターの将来性に賭けるのではなく、今にBETしましょう。

フリーターに将来性がない理由は給料が上がらないから

将来性という言葉は期待を込めて使うものです。

しかしフリーターは確実に給料が上がりません。

フリーターの平均年収

徐々に上がっていますが、スズメの涙です。

もっというと正社員になれたところで給料が増える保証もありません。

だけれども正社員の人々は昇給に期待して働くわけですから当然、将来性があるといえます。

なぜ期待を持つのかというと、それはこれまでのデータがそう示しているからです。

フリーターと正社員の年収比較

データという過去の遺産を見るだけでも希望が溢れます。

結局のところ将来性というのは、期待値の話であって、確実な話ではありません。

ですから、給料も上がらない、ボーナスも出ないとわかっているアルバイトは期待値0

すなわち、将来性なんてとてもじゃないけどありません。

フリーターの希望

もしあなたがフリーターなら将来性なんてものにかけるのはやめにしましょう。

フリーターが嫌だったら今すぐにでも行動を変えなければなりません。

それは就職活動でも構いませんし、夢の追求でもいいでしょう。

ただし、社会で求められるのは結果です。

就活しても就職できなければ意味がありません。

夢を追求しても叶わなければ意味がありません。

結果を出すためにあなたは今、何をしていますか

その今こそが将来性に勝るキーとなることを覚えておきましょう。

フリーターがみんな同じ末路を辿ると思ったら大間違いです。

フリーターに将来の夢は必要か否か

フリーターにも、将来の夢がある人とない人がいます。

将来の夢がないフリーターはさぞかし悩むことも多いでしょう。

同じフリーターでも夢があるだけでも立派に見えます。

それでも果たして本当にフリーターに将来の夢は必要なのでしょうか。

フリーターにおける将来の夢の必要性にお伝えします。

フリーターに将来の夢は必要かどうかは個人の自由

フリーターは将来の夢を持つ必要はあるのでしょうか。

それは個人の自由です。

やりたいことがあるならリスクを承知の上、貫くべきだし、ないのなら働けばいいでしょう。

もちろん夢が欲しいというなら、頑張って作ればいいだけの話です。

とにかく将来の夢があろうと、なかろうとどっちでも構いません

個人の選択の問題に過ぎません。

将来の夢がない方がいいこともある

逆に将来の夢がない方が身のためという考え方もあります。

私の知り合いに30過ぎても夢を追いフリーターのままでいる人がいますが、やはり30歳は何かと境目です。

30代フリーターの就職率も20代に比べ、低い傾向があります。

そういう意味でも将来の夢がない人はがあっさりと正社員に移行できるでしょう。

特に、変にいいところまで行ってしまうと、なかなか夢を諦めづらくなります。

フリーターのままでいるか、夢を諦め就職するかまさに究極の選択です。

というわけで、このように将来の夢がないほうがいい場合もたくさんあるでしょう。

将来の夢を諦めるタイミングは30歳

30歳が将来の夢を諦める一つのタイミングでもあります。

なぜなら30代フリーターの就職は非常に難しくなるからです。

実際、30歳を機に夢を諦めるバンドマンも少なくありません。

なおこれは夢のない人も同じです。

30歳までにやりたいことが見つからなかったら、これからも見つかる可能性は非常に低いでしょう。

そんなわけでフリーターは夢があろうとなかろうと30歳までに就職することをおすすめします。

フリーターの将来の不安を解消する方法

今までの経験上、不安という違和感を覚えた時は大抵その直感は当たっています。

嫌な予感は当たるものです。

ですからもし、あなたがフリーターで不安を覚えたのならある意味ラッキーかもしれません。

不安になったその瞬間から行動すればきっと解消できますから。

フリーターが不安に陥った時にやらなければならないことをお伝えします。

なぜ不安なのか

そもそもなぜフリーターは不安になるのか。

フリーターに対して不安になるということですから、あまりいいイメージは持っていないのでしょう。

本当にこのままでいいのかな?」と。

往々にしてフリーターのイメージは良くないものです。

将来性も怪しいでしょう。

そういう意味でもフリーターであることに対して不安になるのは当然の感情です。

不安になったら就職すればいい

一方で正社員であることに不安を持つ人はほとんどいないでしょう。

不安が不満に変わります。

と言うことでもしフリーターであることが不安であるのなら就職すればいいのです。

正社員であれば周りからのイメージも変わりますし、収入もフリーターより断然安定します。

不安の多いフリーター、不満の多い正社員

あなたはどちらをとりますか。

もっとも元フリーターの私からしたら不安が多いことがまさに不満でしたが。

就職活動だけでも不安が取れる

もしあなたがフリーターであることに対して不安があるのなら、まずは思い切って就職活動してみましょう。

就職活動をしている自分」というだけでも大分、不安は緩和されます。

私たちは何もしてないと、本当に色々考えてしまうもの。

私も暇であればあるほど余計なことを考えてしまいがちです。

ただ不思議と考える間もないくらいに日々行動していると、一切悩まなくなります。

そういう意味でも将来不安なフリーターはいますぐ就職活動してしまいましょう。

毎日が充実するはずです。

フリーターから正社員になれるのか不安

とはいえ、いきなりフリーターから正社員になれるものかと不安に思う人もいるでしょう。

そのような人におすすめなのがフリーター就職サイトです。

サイトには色々ありますが、いずれのサイトでもフリーターの就職に関する不安を取り除いてくれるのは間違いありません。

自分にあったサポートをしてくれるサービスを選びましょう。

適切なサポートがあれば、フリーターからの就職は大いに可能ですから不安になる必要はありません。

年齢によって不安度は異なる

また年齢によってフリーターの不安度は増すものです。

20代フリーターと30代フリーターの不安度は明らかに後者のが高いでしょう。

さらに30代フリーターと40代フリーターならいうまでもありません。

ではなぜフリーターの不安度が年齢ととも上昇するのでしょうか。

それは、年をとるにつれ就職が難しくなるのは誰しもが理解しているからです。

まとめ

  • フリーターの将来は最悪ホームレス
  • 生活保護をもらっている人よりもホームレスの方が多い
  • フリーターはパートナーを見つけよう
  • パートナーを見つけるには男女共に就職が必要

-フリーター・ニートの結婚・将来・お金

Copyright© フリーター・ニートの就職道|正社員を目指せ , 2019 All Rights Reserved.