フリーターの一人暮らし

フリーターの一人暮らしの入居審査について!親族名義が最もスムーズ!

更新日:

フリーターの一人暮らしの審査

フリーターでも一人暮らしは可能です。

しかし入居審査があります。

そこでこの記事はフリーターの一人暮らしの入居審査について解説していきましょう。

スムーズに入居審査を進めたいフリーターの方は必見です。

フリーターの一人暮らしの入居審査

フリーターの一人暮らしにおける入居審査のポイントは以下の通りです。

  • 審査は通る
  • 親族名義が一番スムーズ
  • 本人名義は連帯保証人が必要
  • 連帯保証人のいない方は保証会社を利用する

順番に確認していきましょう。

審査は通る

フリーターでも入居審査に通ります。

むしろフリーターが入居審査に通らなければ、この世の一人暮らしのフリーターは壊滅しているでしょう。

条件はありますが、審査自体には通りますのでご安心ください。

親族名義が一番スムーズ

一番スムーズに決まるのが、借主を親族にしてしまうことです。

親であれば正規雇用者で安定収入がある場合がほとんどでしょうから、問題なく決まるでしょう。

もっとも「フリーターなんて断固反対だ」という親も少なくありませんから、親の力を借りれない人もいるはずです。

そのような場合は、本人名義で借りる他ありません。

本人名義は連帯保証人が必要

本人名義で借りる場合は、必ず連帯保証人が必要になってきます。

そしてその連帯保証人も親族でなければならないのが一般的です。

以前は友人でも連帯保証人として認められていたものの、現在は大家や不動産会社が敬遠する傾向があります。

結局のところ、フリーターが一人暮らしをするのには親の力を借りざるをえません。

連帯保証人を立てられない人は保証会社を

親の力を絶対に借りれない方は家賃保証会社を利用しましょう。

連帯保証人はこちらから人選するのに対し、保証会社は不動産会社と提携しているところを選ばなければいけません。

料金は物件や家賃保証会社によって異なり、以下のようなパターンがあります。

  • 家賃の半月分
  • 家賃の1ヶ月分
  • 家賃の30〜70%
  • 1〜3万円程度の固定額

このように保証会社利用の料金は様々ですので都度、不動産会社に確認しましょう。

また昨今では、連帯保証人をつけても保証会社の利用を義務付けられることがあります。

最大でも家賃の1ヶ月分は用意しておきたいところです。

入居審査を行う理由について

誰がなぜ審査を行うのかを理解すれば、審査は通りやすくなるでしょう。

審査を行う理由は以下の通りです。

  • 家賃をきちんと支払って欲しいから
  • 安定収入があるか確認するため
  • 借りる側の印象を把握するため

それぞれ確認していきましょう。

家賃をきちんと払ってほしいから審査を行う

審査を行うのは不動産会社と大家です。

家賃を滞納せずに支払ってほしいため、審査を行います。

保証人まで用意させるのはそして万が一に備えるからです。

安定収入があるか

家賃を滞納しないか判断するための基準は主に収入です。

安定した収入がない人に何かを貸そうとは思いません。

よって無収入の人が本人名義で家を借りるのはほぼ不可能と言えます。

入居審査では絶対に家賃を延滞しないということをアピールすることが大切です。

第一印象も重要

第一印象が悪い人も審査に落ちやすいと言われています。

自分が貸す立場になってみればわかるでしょう。

変な人に何かを貸すのは気が引けます。

人は印象で判断してしまうものです。

審査は不動産会社と接触した時点で始まっています。

時間厳守、身だしなみ、言葉遣いには十分注意しましょう。

入居審査に落ちる理由

入居審査に落ちるのはほぼ収入が原因です。

収入の高さと家賃が比例していないと審査には通りません。

収入の目安は月収の約1/3が相場と言われています。

またこれまでの滞納歴の影響も少なくありません。

家賃、保険料、公共料金、クレジットカードの支払いに滞納歴がある人は信用もされにくくなります。

とにかくフリーターの一人暮らしの入居審査を通すなら、自分を相手に信用してもらわなければなりません。

金銭面だけでなく信用の面においてもやはりフリーターの一人暮らしはきついです。

入居審査に通過する方法

入居審査に通過する方法は以下の通りです。

  • 不人気物件を狙う
  • 正社員になる

それぞれ解説します。

不人気物件を狙う

貸す人を選んでられないという物件があるのも事実です。

誰でもいいから貸して少しでも収入を得たいという大家もいるでしょうから。

そんな物件はフリーターでも審査に通りやすいです。

逆に条件がいい人気物件はいうまでもなく、審査は厳しめになります。

もっともフリーターですから、贅沢は我慢して借りられるだけでもありがたいと考えましょう。

正社員になる

人気物件を狙いたい方は自分の信用を高める必要があります。

自分の信用を最も簡単に高める方法は正社員になることです。

正社員でかつ勤続年数が長ければ、ほぼ入居審査に通ります。

もちろん勤続年数が少なくても、フリーターより審査が有利になるのは言うまでもありません。

フリーターには限界があります。

まとめ

  • フリーターでも入居審査に通過できる
  • 親族名義が一番スムーズ
  • 入居審査に落ちる主な原因は収入と家賃が釣り合っていないこと
  • 正社員であれば入居審査に通過しやすくなる

たしかに、フリーターでも入居審査に通過することは可能です。

しかしフリーターの一人暮らしにかかる生活費を考慮すると、生活はかなり苦しくなります。

ある程度、安定した生活をおくるためにはやはり正社員になるのがベストです。

フリーターの時給と正社員の時給の平均には大きな差があります。

一人暮らしをお考えの方はぜひ正社員を目指しましょう。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーターの一人暮らし

関連記事

フリーターの一人暮らしにかかる最低の生活費を計算してみた

フリーターが一人暮らしするのに一体どれだけお金がかかるのか。 とちょっと疑問に思 ...

フリーターの一人暮らしについてまとめ!とてつもなくきついです

これからフリーターになって一人暮らしを考えている方。 はたまた、今もフリーターだ ...

一人暮らしのフリーターにかかる税金と保険料について

税金は親の扶養に入っているうちはほとんどかからないと言っても過言ではありません。 ...

一人暮らししたいフリーターが知っておくべき引っ越しにかかる初期費用

フリーターが一人暮らしを決めたのはいいものの、やはり知っておかなければいけないの ...

フリーターの一人暮らしは貯金ができなくて辛い

つくづく思います。 フリーターで一人暮らししている人は本当にすごいなと。 フリー ...