フリーターの一人暮らし

フリーターの一人暮らしについてまとめ!とてつもなくきついです

更新日:

これからフリーターになって一人暮らしを考えている方。

はたまた、今もフリーターだけど一人暮らしをしてみたいという方。

そんな方に向けて、フリーターの一人暮らしについてまとめました。

結論から言うととてつもなくきついです。

一人暮らしをしたい方は正社員になった方が明らかに安定していいでしょう。

賃貸の審査も通りやすいですから。

フリーターの一人暮らしにかかる生活費

まず、生活費から見ていきましょう。

フリーターの一人暮らしにかかる最低の生活費は一体いくらなのでしょうか。

単刀直入に言うと、1か月にかかる生活費は少なく見積もって約140,000円です。

概算はざっとこんな感じ。

家賃65,000円
水道光熱費10,000円
通信費3,000円
食費20,000円
税金関係37,000円
日用品・医療費3,000円
総額141,000円

安く見積もってこの額ですから、高い人だと16,17万円はかかってしまうでしょう。

もちろんこの見積もりは一切の贅沢なしです。

娯楽も被服費も認めません。

ちなみに私がフリーターだった時は実家暮らしではあったものの、一切遊びませんでしたし、洋服も買いませんでした。

フリーターに娯楽なんぞする権利はありません。

目標達成のために、脱フリーターを目指すまでです。

もちろん権利どころか余裕がないというのが本音となります。

一人暮らしのフリーターにかかる税金

フリーターでも一般市民ですから当然税金も発生します。

一人暮らしのフリーターにかかる税金は一体いくらなのでしょうか。

内訳は以下のとおりです。

税金の種類月額
所得税3,500円
住民税8,000円
国民健康保険9,500円
国民年金16,000円
税金総額37,000円

税金関係は計算方法が複雑なのであくまでも概算です。

この金額はフルタイムで働き年収200万円の社会保険に加入していない東京に一人暮らしのフリーターを想定しています。

ちなみに年収200万は月収に換算すると17万円です。

17万円稼ぐには、時給1,000円の仕事を170時間働く必要があります。

そしてそれを1日8時間労働に換算すると、必要な労働日数はおおよそ22日です。

すなわち、週休2日という全くもってサラリーマンと同じコースになります。

下手したら日数的にはサラリーマンより多く働いていることになるでしょう。

フリーターがフルタイムで年収を上げる行為はやはり無意味です。

なおサラリーマンの特権でもある社会保険に加入すると税金の総額は幾分やすくなり、保障内容がグンと充実します。

フリーターでも社会保険に加入できるので、可能であれば是非入っておきましょう。

なお私は社会保険に加入していましたが、総支給額約19万に対して、保険料はトータルでだいたい月額34,000円でした。

いずれにせよ税金だけでもやはりきついです。

一人暮らしするには引越し初期費用がかかる

また毎月のコストだけでなく、一人暮らしを始めるのにもお金がかかります。

一人暮らししたいフリーターの引越しにかかる初期費用はもはやフリーターだけではどうもならない金額です。

以下、概算です。

敷金65,000円〜195,000円
礼金65,000円〜130,000円
仲介手数料32,500円〜65,000円
前家賃65,000円
火災保険料4,000円〜20,000円
引越し代30,000円〜60,000円
保証金(65,000円)
その他(65,000円)
総額261,500円〜665,000円

賃貸物件の初期費用に関してはピンキリだったので、あえて幅を設けさせて頂きました。

この概算は1か月の家賃を6万5千円と仮定して算出しています。

そして()内の金額は時と場合によって発生する費用です。

「その他」の内容としてはハウスクリーニング代や鍵交換代があります。

もっとも敷金0円のような物件ほど、その他の費用がかかりやすくなるということを覚えておいてください。

退居時や入居時に余計な費用を発生させないためにも敷金・礼金は最低でも合わせて家賃2か月分支払うことをおすすめします。

ちなみに礼金は保証してくれるわけでも、返ってくるわけでもないので、0円でも問題ないでしょう。

なお初期費用に関してですが、相場的には家賃5か月分が一般的です。

そんなわけでフリーターの一人暮らしの場合30万円あれば、引っ越し自体は完了できるでしょう。

もちろん物件次第ではその限りではありません。

人気の物件ほど、費用はかかってしまいます。

なお引越し代に関してはネットで頼むと安くなりますので、まずは簡単クイック見積もりにて費用をお確かめください。

無料一括見積もりはこちら

フリーターの一人暮らしには審査がある

そしてお金の問題だけでなく、信用の問題も発生します。

フリーターが一人暮らしをするためには入居審査に通らなければなりません

審査基準は様々ですが、要は家賃を延滞しないことと、トラブルを巻き起こさないことを相手方に証明しないといけないのです。

あなたが見知らぬ他人に部屋を貸すことを想定すれば、審査の必要性がわかるでしょう。

なお、入居審査は借主を親族にしてしまうのが一番手っ取り早いです。

親であれば正規雇用者で安定収入がある場合がほとんどでしょう。

それが嫌な人でも結局、本人名義では連帯保証人が必要になってくるので、親に助けてもらうという点では変わりません。

フリーターの一人暮らしはやはり多少なりとも親の力が必要になってきます

ちなみに親の力を一切借りることができない人は保証会社に加入せざるをえません。

そしてその保証会社への加入にも審査がありますから、余計にフリーターの一人暮らしの道は険しくなります。

もちろん、借りれる可能性が0というわけではありませんので、決まらなくても根気強く見つけましょう。

一人暮らしのフリーターは貯金ができない

フリーターだからこそ貯金しよう

そんなわけで、フリーターの一人暮らしがとてつもなくきついということがわかったと思います。

初期費用はかかるわ、生活費はかかるわ、税金も取られるわで、フリーターに貯金なんてできたものではありません

フリーターに貯金なんていらない、ロックだから

なんていう言い分もお話になりません。

なぜならフリーターの資産は時間だからです。

つまりお金がなければ時間でさえも作れなくなります。

なんのためにフリーターになったのかわかったものではありません。

フリーターだからこそ目標が必要 

フリーターになる、なった理由はわかりませんが、フリーターだからこそ目標を持ちましょう。

それは有名なミュージシャンになることでも、就職することでもなんでも構いません。

とにかくフリーターは目標のために日々動く必要があります。

そしてその目標を成し遂げるにはやはり時間が不可欠です。

むしろフリーターが割けるリソースは時間くらいしかないと言っても過言ではないでしょう

お金も才能もないからフリーターをやっているのです。

それなのに、お金を稼ぐために時間を割くなんて本末転倒。

あくまでも目標のために時間を割かなければなりません。

だからこそ、お金はできる限り節約し、貯め、その貯金で時間を買うかのごとく、働く時間を減らさなければならないのです。

一人暮らしのフリーターは貯金ができないからきつい 

働く時間が正社員と変わらないのならフリーターをやる意味なんて存在しません。

それはただ、正社員になりたくないだけ。

ですから一人暮らしのフリーターは貯金ができないながらも必死にお金を貯め、時間を節約しなければなりません。

だからとてつもなくきついのです。

やりたいことは本当にフリーターでないと成し遂げられないことかどうか今一度、考えなおしてみましょう

なお、私の場合はわざわざフリーターにならなくても目標は成し遂げられたとも思っています。

とにかく一人暮らしをして目標達成しようと考えているのならいろいろ諦めて正社員になるか、高時給のアルバイトをするのがいいでしょう。

フリーターの一人暮らしはそれほどハードな戦いなのです。

これまでにも、一人暮らしのフリーターが夢破れる瞬間を沢山目にしてきました。

フリーターの一人暮らしは精神的にもつらい

これまでは経済的な観点から、一人暮らしのフリーターにおけるつらさをお伝えしてきましたが、それだけではありません。

一人暮らしのフリーターは精神的にもつらいです。

寂しくないのは若いうちだけ

確かに20代前半と若い内であれば、友人も相手にしてくれるでしょう。

しかし20代なかば頃から徐々に周りが結婚をしはじめます。

いざ周りが結婚しだして焦ったところで、総じてフリーターの結婚は難しいです。

その時あなたは初めて自分が孤独だと気づくでしょう。

周りが結婚して、子供もでき、家族でワイワイしている写真をInstagramにアップしているのを見て、孤独な一人暮らしの低収入のフリーターが精神的につらくならないわけがありません。

寂しくないのは本当に若いうちだけです。

一生貧乏は精神的につらい

また金銭的な問題に戻ってしまいますが、フリーターの一人暮らしは一生貧乏なままだと思った方がいいでしょう。

一生貧乏という現実を突きつけられれば、それは精神的にもつらく感じます。

こんなデータがあります。

フリーターと正社員の年収比較

これはフリーターと正社員の平均年収を表したものです。

この収入格差を見るだけでも絶望してしまうでしょう。

格差は年齢とともに広まる一方です。

ですから本来であれば一人暮らしをしている暇なんてどこにもありません。

理想は正社員になってからの一人暮らしだというのはいうまでもないでしょう。

正社員がすべて解決してくれる

一人暮らしをするなら正社員になろう

フリーターの一人暮らしには反対です。

それはこれまでにお伝えした通りで、経済的にも精神的にも問題が生じるから。

ですから一人暮らしをするくらいなら正社員になることをおすすめします。

正社員であれば、精神的な問題も経済的な問題もすべて解決してくれるでしょう。

それは正社員の結婚のしやすさや収入推移を見れば明らかです。

しかも今ならフリーター就職サイトを使えばやる気次第では十分就職できてしまいます。

フリーターだからと言って臆することは何もありません。

それでもフリーターを貫くなら

にも関わらず、フリーターの一人暮らしを貫こうとする方は非常に強い意思をお持ちのようです。

その強い意思があれば、目標も叶うことでしょう。

もちろん目標があればの話ですが。

ということでもしフリーターできつい一人暮らしをするなら肝は物件選びです。

物件次第では苦楽が変わってくるでしょうから。

生活に支障が出ない程度の安い物件を選ぶことをおすすめします。

なお物件探しは是非キャッシュバック賃貸で。

キャッシュバック賃貸を通じてお部屋を借りるとお金がもらえるからです。

どうせ貧乏生活が始まるわけですから、もらえるものはもらっておきましょう。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーターの一人暮らし

関連記事

フリーターの一人暮らしの入居審査について!

今回はフリーターの一人暮らしの入居審査について。 果たして、低収入のフリーターで ...

一人暮らししたいフリーターが知っておくべき引っ越しにかかる初期費用

フリーターが一人暮らしを決めたのはいいものの、やはり知っておかなければいけないの ...

フリーターの一人暮らしにかかる最低の生活費を計算してみた

フリーターが一人暮らしするのに一体どれだけお金がかかるのか。 とちょっと疑問に思 ...

フリーターの一人暮らしは貯金ができなくて辛い

つくづく思います。 フリーターで一人暮らししている人は本当にすごいなと。 フリー ...

一人暮らしのフリーターにかかる税金と保険料について

親の扶養に入っているうちはほとんどかからないと言っても過言ではない税金ですが、一 ...