フリーターの年収とお金

フリーターの平均年収のすべて!正社員の収入にはやはり敵わない!

更新日:

フリーターの年収

フリーターの年収は少ないです。

しかし、具体的にどのくらい少ないのでしょうか。

この記事ではフリーターの年収に関するすべてのことをお伝えします。

そして年収のすべてを知れば、自然と就職もしたくなるでしょう。

フリーターは年収に関して何も期待できません。

フリーターは就職しましょう。

フリーターの平均年収

フリーターの平均年収

高卒フリーターの平均年収を算出しました。

フリーターの平均年収がいかに低いことがわかります。

例えば20歳〜24歳のフリーターの平均年収は125.6万円で、月収に換算すると約10万円です。

月に10万円でフリーターが一人暮らしをするのはほぼ不可能ですから、ほとんどが実家暮らしということになるでしょう。

とにかくフリーターは親と同居しなければならないほど年収が低いと言えます。

むしろ親と同居できてしまうからこそ、低い年収のままでいられるのです。

どの年代のフリーターでも年収は150万円を超えていません。

正社員とフリーターの平均年収の差

フリーターの平均年収と正社員の平均年収を比較したのが以下のグラフです。

正社員とフリーターの平均年収の差

フリーターと正社員の平均年収の差は最初から離れていることがわかります。

また正社員は年齢とともに年収が上がっているのに対し、フリーターは全くと言っていいほど上がっていません。

このグラフを見れば、フリーターの社会的地位の低さが簡単に理解できるはずです。

日本においては正社員が正義なのです。

フリーターと差がありすぎます。

フリーターの平均年収推移

フリーターと正社員の年収比較

こちらのグラフはフリーターと正社員の年収推移を表したものです。

加えて、両者の週平均労働時間も組み込みました。

このデータからわかるのは、労働時間は約10時間しか変わらないのに年収が著しく違うということです。

そして働いている時間は変わらないのに、正社員というだけでぐんぐん年収が上昇しているのも伺えるでしょう。

とにかくフリーターをやっている限り、年収は差が開く一方です。

むしろ推移を見ると、フリーターは40歳を境に年収が減っています。

年齢をとるにつれ、収入は明らかに差ができるわけですから、できることなら早めの就職がおすすめです。

フリーターから就職した時の平均年収

そこでもし仮にフリーターのあなたが就職したとしましょう。

その時、あなたの年収はどれくらいになるのでしょうか。

結論からいうと、これまでのキャリア次第です。

以下のグラフでフリーターから就職した時の年収がわかります。

正社員タイプ別平均年収

  • 「正社員定着」:初職が正社員で定着し、現在も同じ仕事に就いている。
  • 「正社員転職」:転職を経験しているが初職も、前職も現職も正社員である。
  • 「正社員一時非典型」:初職と現職は正社員だが、前職は正社員以外である。 
  • 「他形態から正社員」:現職は正社員だが、初職は正社員以外である。

<参照:若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状② ― 平成 24 年版「就業構造基本調査」より ―

フリーターの方が見るべきなのは黄色と赤のグラフです。

これまでに正社員以外の経験がなくとも十分、年収の多さは見込めるでしょう。

むしろ下手に正社員の経験があると、年収は下がってしまいます。

いずれにせよ、フリーターでいるよりかは遥かに高い給料をもらえるのは間違いありません。

フリーターがフルタイム限界で働いた時の平均年収

フリーターの平均年収が著しく低いことは明らかです。

それでも中には、「あくまでも平均だから自分はもっと稼げる」というフリーターがいます。

確かにその通りです。

しかしいくら頑張ったとしても、フリーターがフルタイム限界で働いた年収なんてたかが知れています。

そして労働基準法の観点からも、最大で1週間40時間1日8時間しか働けないのです。

この時フリーターの年収はいくらになるのか、以下の条件のもと計算してみましょう。

  • 時給1,000円
  • 週5勤務
  • 1日8時間労働
  • 残業なし
  • 出勤日数22日

この場合、1日あたりの給料が8,000円ですから月収は176,000円となります。

さらに12をかけて年収を算出すると、2,112,000円です。

正社員の平均年収は年齢にもよりますが、およそ300万円近くとなります。

そしてさらに収入は年齢が上がるにつれ向上しますから、いかにフリーターが損なのかわかるでしょう。

いずれにせよ、正社員と同じフルタイムで働くなら明らかに正社員になった方がお得です。

正社員の時給

また正社員がお得なのは彼らの時給を見ても明らかでしょう。

以下のグラフは正社員の平均時給とアルバイトの時給を比較しています。

正社員の時給グラフ

このグラフは大卒のデータです。

年齢が上がるにつれ、フリーターは時給が下がっています。

一方で正社員の時給は綺麗な右肩あがりです。

そして若いうちからも時給に差が出ています。

このように正社員とフリーターの時給の差は誰が見ても明らかです。

特に30歳を超えると正社員はフリーターのおよそ2倍近くの時給になります。

フリーターで平均年収を高める方法

あまりおすすめはできませんが、フリーターでも年収を高めることはできます。

それは高時給のアルバイトを長時間することです。

なお高時給アルバイトには以下のような共通点があります。

  • 体力的にキツイ
  • 深夜勤務
  • 人手不足

どれも酷なことばかりです。

しかし嫌なことをするからこそアルバイトはお金をもらえます。

誰もがやりたいアルバイトに対して、対価を多く支払う必要はありません。

結局フリーターで年収を高めるには嫌なことをし続ける必要があります。

だからこそ、フリーターが頑張って年収を上げることはやめましょう。

フリーターが頑張ってもその努力は確実に報われません。

正社員ならフリーターの高時給に追いつくのも時間の問題です。

フリーターで損をしない働き方

  • 年収100万円以下
  • 年収160万円以上

以上の2つのパターンがフリーターで損をしない働き方です。

年収100万円以下

一番労働時間が少ないパターンはフリーターで親の扶養に入る場合です。 

親の扶養に入れるかどうかは年収130万円が基準となります。

しかし親の扶養に入る場合は100万円以下(一部地域によっては93万円以下)に抑えるようにしましょう。

100万円を超えると、住民税が発生します。

さらに103万円を超えると所得税が発生し、親の扶養控除が適用されません。

よってフリーターで損をしないためには100万円と103万円の壁を意識する必要があります。

年収160万円以上

年収100万円以下で生活できない人や家庭の事情で親の扶養に入れない人もいるでしょう。

そのような方は年収160万円以上稼ぐのがおすすめです。

年収160万円以下では税金面で損をしてしまいます。

もっともフリーターで160万円以上稼ぐにはフルタイムで週4日〜5日働かなければいけません。

たくさん働くくらいなら、正社員になったほうがいいでしょう。

まとめ

  • フリーターの平均年収は150万以下
  • フリーターと正社員の平均年収は1.5倍〜3倍近く差がある
  • フリーターの年収は一生上がらない
  • フリーターと正社員の労働時間はほとんど変わらない
  • フリーターのまま年収を上げるには嫌なことを長時間しなければならない
  • フリーターからの就職でも年収は十分見込める
  • フリーターは年収100万円以下or160万以上稼がないと損をする

結局フリーターをやっていていいことは何一つありません。

そんなにフリーターという働き方が優れているなら、誰もがフリーターになっているはずです。

フリーターと正社員の働き方でどちらが優れているかは一目瞭然でしょう。

フリーターの年収問題を解決するのは就職しかありません。

フリーターは就職した時期が若ければ若いほど、収入も高まります。

フリーターの年収が低くてお困りの方はぜひ就職を検討しましょう。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーターの年収とお金

関連記事

フリーターと正社員の年収推移を見ると絶望

フリーターは何をやっても年収が一切上がりません。 フリーターと正社員の違いは収入 ...

東京でフリーターを3年続けた私の収入推移!一人暮らしするには正社員と同じ労働日数が必要!

東京でフリーターになろうとしている人がいるみたいです。 そこで参考までに、東京で ...

フリーターが就職したらどれだけ年収が上がるのか

フリーターが就職したら年収はどれだけ上がるのでしょうか。 確かに新卒で同じ会社に ...

お金の貯め方!フリーターじゃ難しい

今回はフリーターでもできるお金の貯め方について説明したいところなのですが... ...

正社員の年収を時給に換算してみた

正社員は月給が基本ですが、時給にすると果たしていくらくらいになるのでしょうか。 ...