フリーター・ニートの結婚・将来・お金

フリーターの平均年収のすべて!正社員の収入にはやはり敵わない!

更新日:

フリーターの年収

フリーターの年収は少ないです。

しかし、具体的にどのくらい少ないのでしょうか。

この記事ではフリーターの年収に関するすべてのことをお伝えします。

そして年収のすべてを知れば、自然と就職もしたくなるでしょう。

フリーターは年収に関して何も期待できません。

フリーターは就職しましょう。

フリーターの平均年収

フリーターの平均年収

高卒フリーターの平均年収を算出しました。

フリーターの平均年収がいかに低いことがわかります。

例えば20歳〜24歳のフリーターの平均年収は125.6万円で、月収に換算すると約10万円です。

月に10万円でフリーターが一人暮らしをするのはほぼ不可能ですから、ほとんどが実家暮らしということになるでしょう。

とにかくフリーターは親と同居しなければならないほど年収が低いと言えます。

むしろ親と同居できてしまうからこそ、低い年収のままでいられるのです。

どの年代のフリーターでも年収は150万円を超えていません。

正社員とフリーターの平均年収の差

フリーターの平均年収と正社員の平均年収を比較したのが以下のグラフです。

正社員とフリーターの平均年収の差

フリーターと正社員の平均年収の差は最初から離れていることがわかります。

また正社員は年齢とともに年収が上がっているのに対し、フリーターは全くと言っていいほど上がっていません。

このグラフを見れば、フリーターの社会的地位の低さが簡単に理解できるはずです。

日本においては正社員が正義なのです。

フリーターと差がありすぎます。

フリーターと正社員の年収推移

フリーターと正社員の年収比較

こちらのグラフはフリーターと正社員の平均年収推移を比較したものです。

ついでに週平均労働時間も組み込みました。

もちろんどちらも高卒組です。

こうして比べてみても、正社員との年収の差は歴然でしょう。

正社員は右肩あがりに対し、フリーターは常に一定です。

また労働時間にも差が見られ、どの年代も正社員の方が長く働いています。

それにしても1週間でおよそ10時間の違いですから、金額にしたらいかにフリーターが損しているかがわかるでしょう。

ということでもしフリーターのあなたが正社員以上の時間数を働いているとしたら、就職することをおすすめします。

正社員は時間に融通がきかないとは言いますが、その代わりお金に融通がきくようになるでしょう。

週にたった10時間多く働くだけで、年収が2倍にも跳ね上がるわけですから、本当にもったいないです。

働く時間数が一緒でフリーターをやる意味なんて皆無でしょう。

フリーターで10時間無駄にしてしまうのと、正社員として10時間働くのでは、時間の価値がまったく異なります。

フリーターの年収推移

フリーターの平均年収

こちらのグラフは最も多い高卒フリーターの平均年収です。

見ての通り、10代から30代にかけてほとんど年収が上昇しません。

40代フリーターの年収はいうまでもないでしょう。

フリーターは基本的に時給制なので、自らの体以外に資本がありません。

経済学的に自らの体以外に資本がない者のことを貧困者と呼びます。

そういう意味でも、フリーターをやっているうちは一生貧困者のままでしょう。

フリーターの年収は労働時間に比例する

フリーターの平均労働時間

さらに残念なお知らせです。

先ほどのグラフで一番年収の高かった層は35歳〜39歳でした。

そしてこのグラフはフリーターの週平均労働時間を示しますが、もっとも時間数が多いのは同じく35歳〜39歳です。

すなわち、平均年収が上がったのは時給が上がったのではなく単純に労働時間が増えたということができます。

フリーターの年収は労働時間に直結するのです。

このように週平均労働時間から見てもフリーターの年収に期待は一切持てません。

フリーターから就職した場合の平均年収

次にお見せするデータは正社員定着組とフリーターからの就職組の比較です。

順調にキャリアを積んでいる「正社員定着」組と上手なスタートダッシュを切れなかった「フリーターからの就職」組はどれほど違いがあるのでしょうか。

フリーターからの就職組は「他形態から正社員」「正社員一時非典型」に注目です。

なお前者と後者の違いは初職が正社員かどうかの違いとなります。

初職が正社員の方は「正社員一時非典型」です。

正社員タイプ別平均年収

  • 「正社員定着」:初職が正社員で定着し、現在も同じ仕事に就いている。
  • 「正社員転職」:転職を経験しているが初職も、前職も現職も正社員である。
  • 「正社員一時非典型」:初職と現職は正社員だが、前職は正社員以外である。 
  • 「他形態から正社員」:現職は正社員だが、初職は正社員以外である。

他形態から正社員 

一番年収が高いのは同じ会社に居続けている人たちです。

一方で他形態から正社員は3番目に年収が高くなります。

それでも想像以上に金額は高いのではないでしょうか。

もちろん他形態の全てがフリーターというわけではなく、契約社員のような経験がある方もいるので、そのことも若干平均年収向上に貢献されているでしょう。

いずれにせよフリーターの年収と比べると違いは一目瞭然です。

正社員一時非典型

「正社員一時非典型」の年収は一体どうなるのでしょうか。

以下は先ほどと同じグラフです。

正社員タイプ別平均年収

補足すると、「正社員一時非典型」は前提として年齢が高くなるため、「20歳〜24歳」のデータは測定不能とのことでした。

年齢が高くなるのは、正社員とフリーター両方の経験がある若い人がほとんどいないためです。

肝心な結果ですが「正社員一時非典型」の年収は最も低いことがわかります。

正社員を経験していると、優遇されそうな気もしますが決してそんなことはありません。

原因はおそらく、「正社員一時非典型」だと必然的に正社員に戻る年齢が高くなってしまうからです。

つまり「正社員一時非典型」には年齢の高い新入社員が多いということ。

年齢に対してそれだけ年収も低くなるでしょう。

フリーターの年収の限界

フリーターがフルタイム限界まで働いて年収を上げるのは無意味

フリーターなのに、フルタイム限界まで働いて正社員の年収を超えようと頑張っている人がいます。

もちろんたくさん働くことは悪いことではないでしょう。

しかしいつか体を壊してしまうので、あまりおすすめできません。

この記事ではフリーターがフルタイムで働いたときに限界年収について解説します。

フリーターのフルタイム限界の労働時間は週40時間

一般的に労働基準法の観点から言うと最大で1週間40時間1日8時間しか働けません。

もしこの基準を超えて働いてしまった場合、事業者は賃金を上乗せしなければなりません。

当然アルバイトにコストをかけたくない企業側は、限界ギリギリまで搾りとって法律の範囲内でうまいことやるでしょう。

よって必然と週5勤務、週40時間労働が一つのアルバイトとしての限界となります。

これぞまさにフルタイムです。

フルタイム限界で働いた時のフリーターの年収は約200万円

以下の条件のもとフルタイムで働いた時の年収を想定します。

  • 時給1,000円
  • 週5勤務
  • 1日8時間労働
  • 残業なし
  • 出勤日数22日

この場合、1日あたりの給料が8,000円ですから月収は176,000円となります。

さらに12をかけて年収を算出すると、2,112,000円です。

もちろんフリーターにも税金がありますから、手取りではありません。

なお、年収約200万円のフリーターの税金は約450,000円くらいに収まるはずです。

というわけでフルタイム限界で働いたフリーターの手取りはおよそ1,600,000円ということになります。

これからフリーターになりたい方はよく考えましょう。

正社員はフリーターよりも年収が高い

フリーターと正社員の年収比較

こちらはフリーターと正社員の平均労働時間及び年収の推移を表したデータです。

フルタイムで働いたフリーターの年収約200万円と比較してみても、正社員の平均年収の高さが伺えます。

そしてなんといってもフリーターは年収が一向に上がりません。

そういう意味でもフリーターがいかにしているかがわかるでしょう。

フルタイムのアルバイトも正社員も働いている時間は大して変わりません。

正社員の時給換算の平均はフリーターをはるかにしのぎます。

フリーターは頑張っても無意味

フリーターがフルタイム限界まで働いたところで何も意味はありません。

ただ消耗するだけでしょう。

フリーターのイメージは悪く、世間からの目も冷ややかです。

それだったら、普通に就職して安定した多くの給料をもらった方がいいでしょう。

とにかくフリーターが頑張っても企業から搾取されるだけで年収は絶対に上がりません。

掛け持ちバイトをしてたくさん稼ぐにせよ時間あたりのコスパは断然、正社員の方が上です。

フリーターでたくさん働けるなら正社員として働いた方が確実に重宝されるでしょう。

フリーターはいつまでたっても駒にしかなれません。

だからフリーターはダメなのです。

ダブルワークも無意味

また中にはダブルワークでたくさん働いて稼ごうとする人がいますが愚の骨頂です。

おそらく一つのバイトだけではシフトに多く入れないという理由からダブルワークを選ぶのでしょう。

しかし、そんなに働きたいのならなぜ正社員にならないのか。

甚だ疑問です。

いくらダブルワークで稼ぐといっても、フリーターの年収だと底が知れています。

しかもバイトの数を増やせば融通も効きづらくなるでしょう。

それだったら、定時に上がれる正社員の仕事を探した方がよっぽどマシです。

フリーターがどんなに頑張ったとしても、非効率であることに早く気づかなければなりません。

ダブルワーク、フルタイムなんていう酷使はやめにしましょう。

正社員の年収を時給に換算してみた 

正社員は月給が基本ですが、時給にすると果たしていくらくらいになるのでしょうか。

正社員とフリーターの時給を比較してみましょう。

「正社員は残業してたくさん働いているから給料が高い」なんていうのはフリーターの作った幻想です。

正社員はボーナスがあるので単純に給料が高くなります。

正社員の年収を時給換算すると全てを物語ってくれるでしょう。

時給が低くて悩んでいる、フリーターは正社員なることをおすすめします。

正社員の平均年収を時給換算

正社員の時給グラフ

これは大卒正社員の平均年収を時給換算したデータ()です。

比較できるよう大卒フリーターの平均時給()も記載しました。

ご覧の通り、正社員の平均時給はフリーターよりも高いです。

しかも年齢とともに差はぐんぐんと開いていきます。

またフリーターは年齢とともに時給が下がっていることもわかるでしょう。

30歳を超えるとフリーターとしての価値も下がってしまいます。

とにかくフリーターをやるにせよ、正社員以上の時給はもらいたいものです。

もちろん、正社員よりも給料が高いアルバイトを見つけるのは難しいです。

そういう意味でも、おとなしく就職してしまった方がはるかに得をするでしょう。

学歴別正社員の平均時給

先ほどのグラフはあくまでも大卒社員のデータでした。

「高卒社員はもっと低くなるはず」「高卒社員ならフリーターと大差ないのでは?」

という方のために学歴別正社員のデータをお見せします。

果たしてフリーターは大卒以外の社員に時給で勝てるのでしょうか。

学歴別正社員の平均年収

青のグラフが大卒正社員で、黄色のグラフが高卒正社員で、オレンジのグラフが中卒正社員で、緑のグラフがフリーターです。

たしかに大卒でないと時給は下がります。

しかしそれでもフリーターとの平均時給の差は明らかです。

つまりいくら大学を出たからといってフリーターをやっている限り、中卒や高卒の正社員より価値は遥かに下ということになります。

もっともそれがフリーターに対する一般的なイメージでもあるでしょう。

そのくらいフリーターの価値は低いのです。

正社員タイプ別の平均時給換算

そして正社員と言っても色々なパターンがあります。

ずっと正社員のもの、正社員のまま転職したもの、未経験から正社員に移行したもの、一時的にフリーターだった正社員。

今度はこれらのパターン別に平均時給を見てみましょう。

なお今回のデータは大卒に絞っています。

正社員タイプ別平均時給

20歳〜24歳における「正社員一時非典型」はサンプル数が少ないため測定不可能とのことです。

このタイプは一時的にフリーターだった正社員を示すわけですから、一番若い層にサンプルが少ないのは当然でしょう。

本題の正社員の時給ですが、やはりずっと同じ会社に在籍すればするほど高くなります。

また未経験からの正社員の時給が思いのほか、高いことが判明しました。

とにかくどんなタイプの正社員であれ、フリーターより時給が高いのは確実です。

お金が欲しいなら、ぜひアルバイトから正社員への移行を検討しましょう。

アルバイトから正社員になるだけで時給アップが約束されているようなものです。

フリーターのお金を貯め方

フリーターのお金を貯め方は以下の通りです。

  • 固定費を下げる
  • 飲み会などの娯楽を我慢する
  • たくさん稼ぐ

つまり収入を上げ、支出を下げればお金は貯まるということ。

足し算と引き算の簡単な算数です。

そして収入を上げるのにもっともシンプルな方法は正社員になってしまうこと。

これだけは否定できません。

だからこそ多くの方は就職していくのです。

フリーターで平均年収を高める方法

あまりおすすめはできませんが、フリーターでも年収を高めることはできます。

それは高時給のアルバイトを長時間することです。

なお高時給アルバイトには以下のような共通点があります。

  • 体力的にキツイ
  • 深夜勤務
  • 人手不足

どれも酷なことばかりです。

しかし嫌なことをするからこそアルバイトはお金をもらえます。

誰もがやりたいアルバイトに対して、対価を多く支払う必要はありません。

結局フリーターで年収を高めるには嫌なことをし続ける必要があります。

だからこそ、フリーターが頑張って年収を上げることはやめましょう。

フリーターが頑張ってもその努力は確実に報われません。

正社員ならフリーターの高時給に追いつくのも時間の問題です。

30代フリーターと30代正社員の平均年収

下のグラフは30代フリーターと30代正社員の年収を比較したものです。

30代フリーターの年収差

なお当統計は最もフリーターが多いとされている高卒者を対象としたデータです。

大卒者はもっと差が大きくなります。

もちろん高卒者同士でもご覧の通りその差は歴然でしょう。

このグラフにおいて最も年収の高い「35-39歳(男)」では差が244万円もあります。

最も年収の低い「30-34歳(女)」における差でも129万円です。

このように正社員というだけでも、フリーターの格差は自動的に広まる一方となります。

この差額でフリーターは一体何を手に入れているのでしょうか。

私も元フリーターですが、はなはだ疑問です。

30代フリーターと30代正社員の平均労働時間

「30代の正社員ともなると責任や権限が増え、仕事も忙しくなるから給料が高いんだ」

と思うフリーターの方もいるでしょう。

そこで30代のフリーターと正社員の平均労働時間についてお伝えします。

以下週平均労働時間のグラフです。

30代のフリーターと正社員の平均労働時間

確かに正社員はフリーターに比べよく働いています。

それでもおおよそ1週間に10時間程度しか変わりません

それでいて年収が200万以上も変わってきてしまうのですから、フリーターは損をしているとしか言いようがないでしょう。

週に10時間ですから1日あたり2時間残業すれば済む話です。

1日2時間を無駄にできないフリーターを私は今までに見た事がありません。

30代フリーターと30代正社員の平均時給

いかにフリーターの1時間に価値がないのかは正社員の平均時給を見れば一目瞭然です。

30代のフリーターと正社員の平均時給

それは長くも働きたくなります。

これだけ時給に差があるわけですから。

時給換算すると最大で800円弱も差があります

もはやフリーターをやっているのがバカバカしくなってくるでしょう。

しかも40代になるとその差はさらにぐんぐんと開いていきます。

フリーターは何歳になっても時給が大幅に上がることはありません。

まとめ

  • フリーターの平均年収は150万以下
  • フリーターと正社員の平均年収は1.5倍〜3倍近く差がある
  • フリーターの年収は一生上がらない
  • フリーターと正社員の労働時間はほとんど変わらない
  • フリーターのまま年収を上げるには嫌なことを長時間しなければならない
  • フリーターからの就職でも年収は十分見込める
  • フリーターは年収100万円以下or160万以上稼がないと損をする

結局フリーターをやっていていいことは何一つありません。

そんなにフリーターという働き方が優れているなら、誰もがフリーターになっているはずです。

フリーターと正社員の働き方でどちらが優れているかは一目瞭然でしょう。

フリーターの年収問題を解決するのは就職しかありません。

フリーターは就職した時期が若ければ若いほど、収入も高まります。

フリーターの年収が低くてお困りの方はぜひ就職を検討しましょう。

-フリーター・ニートの結婚・将来・お金

Copyright© フリーター・ニートの就職道|正社員を目指せ , 2019 All Rights Reserved.