フリーター就職コラム

フリーターで親の扶養に入るのはアリか?

更新日:

フリーターで親の扶養に入ろうとする人がいますが、果たしてその選択肢は正解なのでしょうか。

「親のスネをかじりやがって」ということではなく、論理的に考えてみましょう。

4つの壁から親の扶養を考える

まず年収に関する4つの壁についてお伝えします。

「130万円の壁」と「103万の壁」と「106万円の壁」と「100万円の壁」です。

130万円の壁

年収で130万円を越えると、扶養から外れてしまいます。

すなわち、国民健康保険なり社会保険なり自分で負担しなければなりません。

ちなみに130万円を超える際は一般的に160万円以上稼がなければ損をすると言われています。

なお、130万円を超える場合は社会保険に加入できる可能性が非常に高いです。

その場合は社会保険に加入しましょう。

社会保険は国民健康保険よりもコスパがいいのは明らかですから。

103万円の壁

年収で103万円を超えると2つの問題が発生します。

まず所得税の支払い義務が生じることです。

しかし所得税に関してはそこまで気にする必要はありません。

それは103万円以上稼いだところで支払う税金はたかが知れているからです。

たとえばフリーターが104万円稼いだときの所得税は年額500円となります。

2点目が親の扶養控除が適用されなくなることです。

本人には関係ありませんが、親の所得税が増えてしまうことを考慮するとやはり103万円は超えないよう心掛ける必要があります。

93万〜100万円の壁

年収が100万円を超えると、住民税の支払い義務が生じます。

ただしこの100万円の壁は都道府県と市区町村によって変動するので、詳しくは以下をご参照ください。

<参照:全国・全地域のパート住民税非課税額番付

一般的に地方ほど壁は低くなり、都心部だと高くなります。

物価の違いということでしょう。

いずれにせよ93万円〜100万円に収まります。

106万円の壁

2016年10月から新たに106万円の壁ができました。

この壁が対象となるのは以下のような方たちです。

  • 従業員501名以上の企業
  • 週20時間以上勤務
  • 勤務期間1年以上
  • 学生以外

上記を全て満たす方は社会保険に加入する義務が生じます。

106万円を超えると、手取りは減少しますが、将来的には天と地の差ですから、フリーターは入っておくことをおすすめします。

親の扶養に入る意図 

税金を払いたくないということで、親の扶養に入ろうと考えているのでしょうが、そうなると稼げる額がグンと少なくなってしまいます。

しかも親の扶養に入ろうとしているフリーターは103万円の壁を上回るわけにはいきません。

厳密には130万円で扶養は外されますが、103万円でも十分親に迷惑がかかってしまいます。

もしあなたが年間103万円も稼ぐ必要ないというフリーターならもちろん、親の扶養でも構わないでしょう。

ただし、仮に時給1,000円としても年間で1,030時間しか働けません。

1か月に換算すると83時間です。

1日8時間フルで働くとしても出勤日数は10日強。

あっという間に超えてしまうでしょう。

年金は払う必要がある

またいくら扶養だからといって年金まで免除されるのは配偶者だけです。

すなわち親の子どもであるあなたは年金を支払わなければなりません。

ちなみに年金は参考までに年間で約20万円支払う必要があります。

ということはもし仮にあなたが100万円未満に収入を抑えたとしても、使える額は80万円以下になると言うことです。

それだったらフリーターでも真面目に働いて、お金を稼いで余裕を持った方がいいでしょう。

就職しよう

結局のところ、一番お得なのは就職して社会保険に入ることです。

正社員なら社保加入はマストですから、会社が半分負担してくれます。

また社保は将来、年金のもらえる額も増えますから是非とも入っておきたいところです。

そんなわけで、親の扶養に入れるかという議論は置いといて、就職してしまうことをお勧めします。

結局フリーターで社保に加入するくらいならそれだけ多く働いているということですから正社員にならない理由がありません。

しかも今なら若いというだけでフリーターの就職はしやすくなっています。

この機会に是非就職を検討してみましょう。

まとめ

月額7万円で暮らせる人は親の扶養に

仮に親の扶養に入ることを想定しても年収を103万円以下に抑える必要があります。

しかもそこから年間約20万円の国民年金を支払わなければなりません。

すなわち月間約7万円で生活できるなら親の扶養に入ってもいいでしょう。

ちなみに万が一103万円を超えてしまうと、親の所得税が増えるので結局120万円近く稼がないと全体としては損してしまいます。

だからといって130万円だけは超えないように気をつけましょう。

親の扶養に入らない人は年間160万円以上稼ごう

月額7万円で暮らせない方は今度は年収にして160万円稼がないと損します。

160万円を稼ぐことで初めて手取りが増えるからです。

つまり年収130万円を超える人は損をしないためにも160万円以上稼ぐ必要があります。

なお160万円稼いだときの手取りは約130万円です。

その場合は月額換算で約11万円使用することができます。

親の扶養に入るかは選択肢次第

結局、親の扶養に入るかどうかは本人次第です。

時間を取るかお金を取るかの問題ですから。

なお仮に時給1,000円とし、年収103万円と160万円を比較すると労働時間に月間47.5時間の差が生まれます。

この時間を有意義に使えるかどうか。

それによって親の扶養に入るべきか決まってくるでしょう。

いずれにせよ月額7万円で暮らせない人はたくさん働かざるを得ません。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーター就職コラム

関連記事

フリーターから大手企業に行くことは可能なのか?

フリーターから大手企業に入るのは正直難しいです。 しかし、決して不可能ではありま ...

フリーターのメリット!やってみてわかったこと

フリーターにはメリットがあります。 もちろんデメリットの方が多いですが。 ちなみ ...

フリーターがダメなところを挙げてみよう

「フリーターじゃなんでダメなの?」 という声がしばしば聞こえてきます。 まさしく ...

フリーターの定義!3種類の特徴毎にモノ申す!

今となっては当たり前のように使われている「フリーター」という言葉。 突然ですが、 ...

フリーターにおすすめの仕事はありません

フリーターにおすすめの仕事はありますか? とよく聞かれますが、そんなものはいっさ ...