コラム

フリーターで親の扶養に入るのはアリか?

更新日:

フリーターで親の扶養に入るのはアリか?

フリーターで親の扶養に入ろうとする人がいますが、果たしてその選択肢は正解なのでしょうか。

「親のスネをかじりやがって」ということではなく、論理的に考えてみましょう。

この記事を読めば、最もお得な働き方が見つかります。

4つの壁から親の扶養を考える

まず年収に関する4つの壁についてお伝えします。

「130万円の壁」と「103万の壁」と「106万円の壁」と「100万円の壁」です。

130万円の壁

年収で130万円を越えると、扶養から外れてしまいます。

すなわち、国民健康保険なり社会保険なり自分で負担しなければなりません。

130万円を超える際は一般的に160万円以上稼がなければ短期的に損をすると言われています。

なお、130万円を超える場合は社会保険に加入できる可能性が非常に高いです。

その場合は社会保険に加入しましょう。

社会保険は国民健康保険よりもコスパがいいのは明らかですから。

103万円の壁

年収で103万円を超えると2つの問題が発生します。

まず所得税の支払い義務が生じることです。

しかし所得税に関してはそこまで気にする必要はありません。

それは103万円以上稼いだところで支払う税金はたかが知れているからです。

たとえばフリーターが104万円稼いだときの所得税は年額500円となります。

2点目が親の扶養控除が適用されなくなることです。

本人には関係ありませんが、親の所得税が増えてしまうことを考慮するとやはり103万円は超えないよう心掛ける必要があります。

93万〜100万円の壁

年収が100万円を超えると、住民税の支払い義務が生じます。

ただしこの100万円の壁は都道府県と市区町村によって変動するので、詳しくは以下をご参照ください。

<参照:全国・全地域のパート住民税非課税額番付

一般的に地方ほど壁は低くなり、都心部だと高くなります。

物価の違いということでしょう。

いずれにせよ93万円〜100万円に収まります。

106万円の壁

2016年10月から新たに106万円の壁ができました。

この壁が対象となるのは以下のような方たちです。

  • 従業員501名以上の企業
  • 週20時間以上勤務
  • 勤務期間1年以上
  • 学生以外

上記を全て満たす方は社会保険に加入する義務が生じます。

106万円を超えると、手取りは減少しますが、将来的には天と地の差ですから、フリーターは入っておくことをおすすめします。

親の扶養に入る意図

税金を払いたくないということで、親の扶養に入ろうと考えているのでしょうが、そうなると稼げる額がグンと少なくなってしまいます。

しかも親の扶養に入ろうとしているフリーターは103万円の壁を上回るわけにはいきません。

厳密には130万円で扶養は外されますが、103万円でも十分親に迷惑がかかってしまいます。

もしあなたが年間103万円も稼ぐ必要ないというフリーターならもちろん、親の扶養でも構わないでしょう。

ただし、仮に時給1,000円としても年間で1,030時間しか働けません。

1か月に換算すると83時間です。

1日8時間フルで働くとしても出勤日数は10日強。

あっという間に超えてしまうでしょう。

年間103万円以上、超える必要のある方は就職がおすすめです。

年金は払う必要がある

またいくら扶養だからといって年金まで免除されるのは配偶者だけです。

すなわち親の子どもであるあなたは年金を支払わなければなりません。

参考までに年金は年間で約20万円支払う必要があります。

もし仮にあなたが100万円未満に収入を抑えたとしても、使える額は80万円以下になると言うことです。

それだったらフリーターでも真面目に働いて、お金を稼いで余裕を持った方がいいでしょう。

親の扶養に入るべきかどうか

親の扶養に入るべきかどうかは以下の基準で決めるといいでしょう。

  • 月額7万円で暮らせる人は親の扶養がおすすめ
  • 親の扶養に入らない人は年間160万円以上稼ぐと損しない
  • 時間を取るか、お金を取るか

それぞれ確認していきましょう。

月額7万円で暮らせる人は親の扶養がおすすめ

仮に親の扶養に入ることを想定しても年収を103万円以下に抑える必要があります。

しかもそこから年間約20万円の国民年金を支払わなければなりません。

すなわち月間約7万円で生活できるなら親の扶養に入ってもいいでしょう。

ちなみに万が一103万円を超えてしまうと、親の所得税が増えるので結局120万円近く稼がないと全体としては損してしまいます。

だからといって130万円だけは超えないように気をつけましょう。

親の扶養に入らない人は年間160万円以上稼ぐと損しない

月額7万円で暮らせない方は今度は年収にして160万円稼がないと損します。

160万円を稼ぐことで初めて手取りが増えるからです。

つまり年収130万円を超える人は損をしないためにも160万円以上稼ぐ必要があります。

なお160万円稼いだときの手取りは約130万円です。

その場合は月額換算で約11万円使用することができます。

時間を取るか、お金を取るか

結局、親の扶養に入るかどうかは時間を取るかお金を取るかの問題です。

仮に時給1,000円とし、年収103万円と160万円を比較すると労働時間に月間47.5時間の差が生まれます。

この時間を有意義に使えるかどうか。

それによって親の扶養に入るべきか決まってくるでしょう。

いずれにせよ月額7万円で暮らせない人はたくさん働かざるを得ません。

親の扶養より就職がおすすめ

結局のところ、一番お得なのは就職して社会保険に入ることです。

正社員なら社会保険加入はマストですから、会社が半分負担してくれます。

また社会保険は将来、年金のもらえる額も増えますから是非とも入っておきたいところです。

そんなわけで、親の扶養に入れるかという議論は置いといて、就職してしまうことをおすすめします。

結局フリーターで社保に加入するくらいならそれだけ多く働いているということですから正社員にならない理由がありません。

しかも今なら若いというだけでフリーターの就職はしやすくなっています。

この機会に是非就職を検討してみましょう。

フリーターの親

フリーターの親の気持ち

「就職しろ」と言う親がうるさく感じることもあるでしょう。

しかしフリーターの親は一体どんな気持ちなのでしょうか。

「親の気持ち」と「親がうるさいときに大切な基準」についてお伝えします。 

せめて親の気持ちだけでも理解しておきましょう。

フリーターの親の気持ちは以下の通りです。

  • 将来が心配
  • 世間体を気にしている
  • 裏切られた

それぞれ確認していきましょう。

将来が心配

会社を辞めてフリーターになるパターンが多いです。

フリーターになる前に当然会社をやめるわけですから、親としたらやはり心配です。

せっかく入った会社なのにやめてしまうのが勿体無いという感じでもあるでしょう。

親は会社を辞めてこれからどうするのかと心配します。

子供の将来が心配というのが親の本音です。

世間体を気にする親

中には世間体を気にする親だっています。

もしあなたが熱心な教育を受けているとしたら、世間体を気にする親である可能性は高いです。

教育熱心で世間体を気にするタイプの親は、フリーターになることに対して断固拒否するでしょう。

そのとき阻止を振り切って、会社を辞める我が子を持とうものなら親はまさに絶望します。

つまり、フリーターの親の気持ちは親によって全く異なるということです。

ただしそれは親をよく知る自分が一番わかっているでしょう。

あなたの親は自分が会社を辞めたらどんなリアクションをとると思いますか。

期待が大きい分、裏切られたと感じる

子供に対する期待が大きいと、親は裏切られたと感じます。

一方、子供に期待していない親であればフリーターに対してほとんど何も思わないでしょう。

裏切られたと感じた時に怒りや悲しみを覚えるのです。

自分の子供がフリーターになることで、縁を切られてしまう家庭もゼロではありません。

親の気持ちは関係ない

親の気持ちは確かに気になります。

しかし、親と子の人生はまったくの別物です。

お互いに人生まで干渉してはならないでしょう。

親は親、子は子でしっかりと各自で責任を持つのがあるべき姿と言えます。

親のいうことを聞いてても結局は親を越すことができません。

親が偉大であるならばそれで構わないでしょう。

しかし大抵の親が凡人ですし、ましてや時代が違います。

もしかしたらその親の常識が元時代で通用しないかもしれません。

あなたに明確な意図がしっかりとあるなら親に反抗してでも、自分の考えを貫き通しましょう。

それで失敗したっていいのです。

結局のところ、自分の人生なのですから。

「就職しろ」と親がうるさいときに大切な基準

中には「就職しろ」とうるさい親もいるでしょう。

その時フリーターのあなたにとって大切な基準があります。

  • 夢や目標がある場合は就職しなくても良い
  • 夢や目標を追うのは29歳まで
  • 夢や目標がない場合は今すぐに就職

それぞれ確認していきましょう。

夢や目標がある場合は就職しなくても良い

もし夢や目標があるなら就職する必要はありません。

夢を叶えるためには多少なりともリスクが必要だからです。

ただし、努力もしない目標は例外になります。

時間が足りなくて致し方なくフリーターをやる場合はまさに努力している証拠でしょう。

もし夢や目標に向かって何もしていないという人は夢がないも同然です。

夢や目標を追うのは29歳まで

親が「就職しろ」とうるさい場合は、期限をつけることで説得することができます。

それこそ30歳というのは一つの区切りです。

ですからもしあなたに本気の夢や目標があるなら、期限を設定して親を説得しましょう。

そうすれば少しは理解してくれます。

夢や目標を追うのは29歳までです。

30歳になった途端、就職は一気に難しくなります。

夢や目標がないなら今すぐに就職

夢や目標がない方は今すぐ就職しましょう。

理由もなしにフリーターをやる意味はありません。

またやりたいことが見つかるまで、正社員になっておくことも一つの手段です。

フリーターにはいつでもなれますが、正社員になれる機会は限られてきます。

若いうちだけがチャンスです。

30代フリーターの就職は一気に難しくなります。

ですからせめて、フリーターでも29歳までに就職しましょう。

まとめ

  • 月額7万円で暮らせる人は親の扶養がおすすめ
  • 年収130万円を超えると、親の扶養から外れてしまう
  • 年収130万円を超える場合は160万円ほど稼ぐと損をしない
  • 親の扶養に入っても年金は支払う必要がある

たしかに月額約7万円で暮らせる場合は、親の扶養のままでもいいでしょう。

しかし、いつまでも親が生きているとは限りません。

遺産に期待できない場合は、今すぐにでも就職したほうがいいでしょう。

また正社員だからといって、フリーターよりもキツいとは限りません。

すべて入社する会社次第です。

なんだかんだいいつつも、正社員が一番安泰です。

-コラム

Copyright© フリーター・ニートの就職道|正社員を目指せ , 2019 All Rights Reserved.