フリーター就職コラム

フリーターが起業で成功するために

更新日:

私の経歴を大げさに言うと、一応大卒フリーターで起業したということになります。

起業というほど大したものではありませんが。

ここまでくるのに随分遠回りしたとも思います。

そこで今回は起業したいフリーターに向けて少しアドバイスをお伝えしましょう。

遠回りしてきた自分だからこそわかることがあります。

個人の時代

今や組織ではなく個人の時代です。

インターネットの発達によって個人がメディア化し、ネットを通じて発信することで豊かな暮らしを送れるようになっています。

ということで、会社に属さず個人として働くことは何ら不思議ではありません。

むしろこれからは何もサービスを立ち上げ、会社を興し、お金を集め、大きくしていくことだけが起業になるわけではないでしょう。

大小なりとも個人として生きていくのだって十分立派な起業です。

フリーターに「起業」はおすすめできない

特異な能力を持つフリーターなんて非常に希少です。

才ある人であれば今頃フリーターなんてやっていないでしょう。

もちろん「俺にはめちゃくちゃ才能があるけど、事情があってフリーターをやっている」という人であれば普通に起業してもらって構いません。

ただ事実として、人脈もなければ才能も金もないフリーターの方が多いというだけの話です。

当然私もその「人脈もなければ才能も金もないフリーター」でしたから。

その状態でいわゆる一般的「起業」をするのはやはり難しいです。

個人をブランド化しよう 

個人でブランド化できていない私が言うのも恐縮ですが、もしフリーターが起業するならこの道がおすすめです。

普通の個人がブランド化なんてできるの?」と思われるかもしれませんが、できます。

先ほども言った通り、今や個人の時代です。

ネットを通じて情報を発信するだけで豊かな暮らしを送れるようになります。

「何を発信したらいいかわからない」という人も大多数存在しますが、答えはとってもシンプルです。

自分の好きなことを異常なまでに発信しましょう。

そうすれば、おのずと結果がついてきますから。

好きなことを発信するメリット

「人脈も才能も金もないフリーター」が起業するのになぜ情報発信がおすすめなのか。

その答えもとってもシンプル。

好きなことを発信しているうちに人脈もできるし、文字を書くことは誰でもできるし、お金がなくても情報の発信はできるからです。

あえてデメリットを挙げるなら、参入障壁が低いがゆえにライバルが多いのと、挫折しやすいという点があります。

もっとも挫折しやすいからこそ、自分が続けるだけで差別化できるのです。

それゆえやはり継続させるという意味でも好きなことでなければやってられません。

自分の情報に価値が生まれお金に変わるのも時間がかかりますから。

お金にならない一見無駄とも思える作業ができるのも自分が好きだからこそです。

フリーターの私が起業で失敗した理由

振り返ってみると、私が起業で失敗した理由は明確です。

明らかに情報発信が少なすぎました。

もし仮に自分の商材に関してもっと情報発信していたら違う結果になったのは今だからこそわかります。

そんなわけで起業で成功するには情報発信が必要です。

特にブログで情報発信するといいでしょう。

私はSNSを中心に情報発信してしまったせいで、思うように集客できませんでした。

ブログには検索エンジンという立派な集客チャネルがあります。

SNSは商品やサービスの中身が伴ってこそ、多大なる効果を発揮するのです。

あくまでもSNSはコミュニケーションツールとして利用することをおすすめします。

この通り私が起業で失敗したのはSNSとブログの使い方が間違っていたからです。 

早く結果を出したいなら

情報発信は気が遠くなるほどの地道な作業ということがわかったと思います。

しかし早く結果を出したいという人もいるでしょう。

そのような人は仲間を作ることをおすすめします。

特にインターネットで情報を発信するということで、その界隈で影響力のある方に助けてもらましょう。

ただし当たり前ですが、見知らぬあなたを助けてくれるほど、暇な人はどこにもいません。

そこでどうするのかというと、インターネット企業に就職しましょう。

特にベンチャー企業であれば、個人を尊重してくれる会社が多いので影響力を持った多くの個人が仲間になってくれるはずです。

しかも副業もオッケー。

有名な話ですが、とある人は楽天で働きながら週末起業としてとあるサービスを作りました。

それが後の「GREE」です。

ですからもしあなたがフリーターで起業したいというならまず、ベンチャー企業で就職することをおすすめします。

ベンチャー企業であれば、周りからも刺激がもらえますし、なんせネット上で影響力のある人も少なくありません。

とにかくこれからの起業で大事なのは、影響力のある人の近くで働き、情報発信を続けることです。

フリーターからでも働けるベンチャー企業は数多くあるので是非探してみましょう。

なおフリーターからベンチャー企業への就職は「UZUZカレッジ」がおすすめです。

このサービスならITスキルを身につけながら就職できてしまいますから。

フリーターはアフィリエイトがおすすめ

また、とにかくお金を稼ぎたい人はアフィリエイトがおすすめです。

確かにアフィリエイトも情報発信の一つと言えます。

しかし、お金を稼ぐという観点から言うと自分の好きなことだけを発信できるわけではありません。

稼げる情報を発信しないといけないからです。

当然ながら、稼げる情報と自分の伝えたい情報はイコールではありません。

自分の好きなことを書くだけでも大変なのに、好きじゃないことを書くのがどれだけ苦痛かは想像できるでしょう。

したがってアフィリエイトは簡単に稼げる仕事ではありません。

しかし、やり方によっては1年で月収100万円いくことも事実です。

そういう意味でも、起業がてらアフィリエイトに挑戦するのもいいでしょう。

アフィリエイトは小資本で始められ、在庫も不要で、利益率も非常に高い、優れたビジネスモデルを持ちます。

まさに最初の起業にはうってつけです。

もっともアフィリエイトで稼ぐことは簡単ではありません。

特にフリーターのアフィリエイトほど挫折しやすいでしょう。

アルバイトをやっている方が断然楽ですから。

アフィリエイトで稼いでいる人は皆作業量が半端ないです。

まとめ

フリーターが起業するうえでのヒントは以下の通りです。

  • 情報発信
  • 影響力のある人物の近くにいく
  • お金が欲しいだけならアフィリエイト

お金も人脈もないフリーターだからこそできることも限られてきます。

だからこそフリーターは一つのことを継続して差別化を図らなければなりません。

ちなみに人脈を重視する人もいますが、正直なくてもなんとかなります。

むしろ何も自分から提供できない状態での人脈は利用されていると思った方がいいでしょう。

人脈は自然と形成することが理想です。

そんなわけで、フリーターで起業にチャレンジしたい方は情報発信を中心に展開しましょう。

情報発信すれば人脈は勝手に後からついてきます。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーター就職コラム

関連記事

フリーターから大手企業に行くことは可能なのか?

フリーターから大手企業に入るのは正直難しいです。 しかし、決して不可能ではありま ...

フリーターはイメージがとにかく悪い

フリーターの何がいけないかというと、正直イメージだけです。 イメージこそが全て。 ...

フリーターだからこそアフィリエイトに挑戦しよう!

何もやりたいことが見つからない、フリーターの方必見です。 やりたいことがないなら ...

フリーターに友達がいないのは当たり前!友達の作り方について!

フリーターは友達ができにくくなっています。 しかし、フリーターでも友達をつくるこ ...

フリーターから正社員になる際に必要な志望動機の書き方について

正社員になるのなら必ずといって必要になります。 それは志望動機です。 私は就職活 ...