コラム

フリーターでも生きていける?フリーターで生きていく方法!

更新日:

フリーターでも生きていけるか

フリーターでも生きていけます。

そもそも「フリーター=死亡」であれば、世の中のフリーターの方々はみんな亡くなっています。

フリーターの下にはニートだっています。

ニートできるだけまだマシでさらにはホームレスになる可能性だってあるのです。

よってフリーターでも生きていけるのかなんていうのは愚問でしかありません。

フリーターは肩身狭い

確かにフリーターでも生きていけます。

そこに異論はありません。

ただ、それはあくまでも最低水準の話です。

決してレベルの高いものではないでしょう。

まずフリーターは非常に肩身が狭いです。

正社員というだけで他人の目が変わるのは間違いでしょう。

もしあなたがフリーターをやってることでとやかく言われているとします。

そういう人を黙らせるには正社員になるか、その人より稼いでしまうのが一番早いでしょう。

総じてフリーターはイメージが悪いのです。

あわせて読む
フリーターはイメージがとにかく悪い

フリーターの何がいけないかというと、正直イメージだけです。 イメージこそが全て。 だって他人の人生なのだから本来であればどうだっていいでしょう。 フリーターになることでともかくいう親もいるみたいですが ...

続きを見る

フリーターは珍しくない

フリーターは特別珍しいものではありません。

ですからあなたがフリーターだからといって何も悲観的になる必要はないでしょう。

フリーターの人口は2015年の時点で167万人という数です。

フリーターの人口及び推移

人口の数字だけパッと見ても実感が湧きませんが、若年層人口(15-34歳)に占める割合にすると6.4%です。

つまり100人に6人以上がフリーターということになります。

これを聞くと、意外に少なく感じるかもしれません。

しかしあくまでも若年層のパート・アルバイトという意味での「フリーター」ですから、それ以外の非正規雇用者を含めたら決して珍しいとは言えないでしょう。

厚生労働省が発表した調査結果でも、非正規雇用者の割合が4割を超えたこともわかっています。

もしフリーターが生きていけないとするなら、似たようなおよそ4割の非正規雇用者の人生が終わるということです。

日本の労働人口の半数近くが死んでしまうのは現実的ではありません。

あわせて読む
フリーターとは?人口推移と割合について
フリーターとは?人口推移と割合について

フリーターとは 今やフリーターの高齢化が問題視されていますが、定義上は若者こそフリーターと呼べます。 厚生労働省におけるフリーターの定義は以下の通りです。 「フリーター」とは 「15~34歳の男性又は ...

続きを見る

フリーターでも一人暮らしできる

フリーターで生きていけないというのなら一人暮らししているフリーターの説明がつかなくなります。

フリーターの一人暮らしはきついことはわかっていますが、 全く不可能ではありません。

安い時給でフルタイム働くだけでも生きていくこと自体は可能です。

ただ、もちろん言うまでもなく、いい暮らしの味を知ることなく一生を終えるでしょう。

そればかりか、一人暮らしのフリーターが貯金するのはほぼ不可能です。


あわせて読む
フリーターの一人暮らしは貯金ができなくて辛い!お金を貯める方法はある!
フリーターの一人暮らしは貯金ができなくて辛い!お金を貯める方法はある!

つくづく思います。 フリーターで一人暮らししている人は本当にすごいなと。 フリーターの一人暮らしは貯金ができなくて辛いからです。 当記事は、フリーターの一人暮らしが貯金する方法について考えてみました。 ...

続きを見る

フリーターは年収が低い

暮らしていく上でお金は必要です。

より幸せを感じるには、決してお金に追われるような生活だけは避けたいところ。

しかし残念ながら、フリーターは年収が著しく低いので、お金に追われる羽目になるでしょう。

正社員とフリーターの年収差を見てもそれは明らかです。

フリーターと正社員の年収比較

労働時間は変わらないのに収入がどんどん離れていくというまさに地獄絵図。

フリーターのこの収入で生きてはいけるものの、正社員と比較してしまうと虚しくなってしまうでしょう。

あわせて読む
フリーターの年収
フリーターの平均年収のすべて!正社員の収入にはやはり敵わない!

フリーターの年収は少ないです。 しかし、具体的にどのくらい少ないのでしょうか。 この記事ではフリーターの年収に関するすべてのことをお伝えします。 そして年収のすべてを知れば、自然と就職もしたくなるでし ...

続きを見る

フリーターだと結婚できない

生きていく上で重要なことに「人とのつながり」というものがあります。

このつながりがないと人は死にたくなります。

生物学的に言ってもやはり人間は孤独に耐えられません。

確かに若いとき、周りの友人も結婚していないので、遊んでくれることが多いでしょう。

しかし結婚して子供も生まれれば話は別です。

もっというと、出世していて仕事も忙しくなっているもしれません。

その時フリーターのあなたに残っているのは肩身の狭さだけでしょう。

いざ結婚しようと思ってもできないのがフリーターです。

フリーターの結婚はかなり難易度が高くなります。

あわせて読む
フリーターと正社員の結婚率の差!非正規雇用者のままでは結婚できない!
フリーターと正社員の結婚率の差!非正規雇用者のままでは結婚できない!

フリーターでも結婚したいという人が少なからずいるはず。 ということでフリーターと正社員の結婚事情について調べてみました。 果たして、フリーターでも結婚できるのでしょうか。 今回はフリーターの結婚につい ...

続きを見る

あえてフリーターで生きていく必要はない

そもそもなぜそこまでしてフリーターにこだわるのか。

特別な理由がない限り、フリーターでいることはあまりおすすめできません。

仮にやりたいことがあったとしてもそれは空いた時間でも確実にやれます

空いた時間でできない人がフリーターになったところで、できるわけがありません。

フリーターでも確かに生きていけます。

しかし、豊かな生活が送れるかといったらまた別の話です。

フリーターで心から楽しい人生を送っている人を私は知りません。

わざわざフリーターになる必要はどこにもないでしょう。

フリーターで生きていく方法

フリーターで生きていく方法は以下の通りです。 

  • 低水準の暮らしを送る
  • 結婚や子供は諦める
  • 世間体を気にしない

この3つさえ我慢できるのであれば、フリーターでも生きていくこと自体は可能です。

ただし、人生としてかなり比重の大きいことばかりです。

フリーターでいることで得られるメリットが相当大きくないと割に合わないでしょう。

フリーターでも幸せになる方法

フリーターのメリットは、自由気ままにいられるところです。

確かに時間的な自由はフリーターでも正社員でも変わりませんが、精神的な自由はフリーターの方がはるかにあります。

しかし、その精神的な自由があるのも今のうちだけでしょう。

自分の歳が増えるにつれ、金銭的な自由もなくなりいずれは精神を蝕んでいくのは明白です。

ですからフリーターでも幸せになる方法は多くは望まないことです。

あらゆる面で妥協すれば幸せになるでしょう。

あとは孤独にならないことです。

フリーターで家族を持つことは難しいですが、とにかく自分の居場所を見つけましょう。

孤独で幸せな人は見たことがありません。

孤独が嫌なら、就職することをおすすめします。

就職はいいものです。

友達も伴侶も見つかります

まとめ

  • フリーターでも生きていくことは可能
  • フリーターで生きていくには諦めなければいけないことがたくさん
  • あえてフリーターで生きていく必要はなし

年齢が若いうちは正社員にもなりやすくなっています。

若いうちから「フリーターで生きていく」という決断を下す必要はありません。

また正社員がフリーターよりも大変と決めつけるのは早いです。

未経験の方にこそ、一般企業の就職をおすすめします。

あわせて読む
おすすめフリーター就職サイトまとめ
フリーター就職サイトのおすすめまとめ!正社員に転職しよう!

フリーターは就職が難しい。 たしかにその通りでしょう。 しかし、フリーター就職サイトを利用すれば話は別です。 今や、就職希望のあるほとんどのフリーターが登録しています。 もちろん、結果も出ています。 ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-コラム

Copyright© フリーターの就職道|脱フリーター伝説 , 2019 All Rights Reserved.