フリーター就職コラム

フリーターがダメなところを挙げてみよう

更新日:

「フリーターじゃなんでダメなの?」

という声がしばしば聞こえてきます。

まさしくその通りです。

なんでフリーターじゃダメなのでしょうか。

フリーターと社員の給料は変わらない?

20代のうちは特にそうなのですが、アルバイトを頑張っているフリーターと社員の給料はほとんど変わりません

しかも社員は月給で働き上司からコキ使われ、「これが時給だったらなあ...」なんて場面は多くあるのです。

月給で働いているからこそ、思う存分働かせたいというのが会社としての本音でしょう。

私の友人も何人か誰もが知るような大手会社で働いていますが、このような状況にあるとのことです。

もちろん全ての会社勤めの人に同じ状況が当てはまるわけではありませんが、若いうちは働いている割に給料が低いのは事実。

ボーナスだって若いうちはそこまで多くありません。

なんでフリーターじゃダメなの?

と思う根本はまさに給料や条件にさほど格差を感じないからこそだと言えます。

若い人ほど「フリーターじゃなんでダメなの?」という言葉が出てくるのは間違いありません。

フリーターは期待できない 

ではなぜフリーターがダメなのか。

それは期待値が限りなく0だからです。

正社員をやっていても確実に将来が保障されるわけでもないのは周知の通りでしょう。

しかしフリーターに比べ、正社員は多くのチャンスが残されているのは事実です。

今の収入は仮に一緒だとしても、会社にはこれまで人を昇給させてきたという歴史があります。

一方でフリーターのままいきなり給料がボンっと上がったという例は皆無です。

むしろフリーターは一生給料が上がらないというのが定説と言えるでしょう。

だからこそ、人々はわずかな期待を込めてでもサラリーマンを選択します。

フリーターに将来性はありません。

将来性が見込めないフリーターだからこそダメなのです。

フリーターがダメなもっともな理由

フリーターがダメなもっともな理由は非効率的だということ。

フリーターなんて雇う側からしたらもっともコスパのいい労働力です。

思う存分の労働時間を確保でき、いらなくなったらポイできます。

そんな都合のいい人間なんて搾取されて当然です。

もう一つフリーターがダメなのはその搾取されているということに気づけないことです。

気づいていたとしても多くのフリーターは目を背けてしまうでしょう。

「フリーターじゃなんでダメなの?」

労力の割に稼げないからダメなのです。

そしてその事実に向き合わないのもフリーターのダメなところと言えます。

効率的に稼ぐ方法ならいくらでもあります。

フリーターがダメなのは世間体の問題

一方で世間が考えるフリーターのダメな理由は違います。

ダメな理由はフリーターのイメージです。

決してよくないことは誰でもわかります。

ですから本人が見栄とプライドさえ捨てられれば、フリーターだとしても割り切れるでしょう。

つまりは世間体の問題なのです。

世間的には地位の低い人といるよりかは、自分と同じくらいかそれ以上の地位の人といた方がいいに決まっています。

もしあなたが誰かに「フリーターはダメ」なんて言われて悩んでいるようであればできることは一つで、その人と同等以上の社会的地位を築くことです。

無難に正社員になっておけば世間体の問題はいとも簡単に解決してしまうでしょう。

ダメなフリーターの解決策

 一般的に言うと世間体の問題からフリーターはダメです。

そんなダメなフリーターの解決策は全部で3通りあります。

世間体を無視する

世間体を無視すれば、ダメだろうと何だろうと関係ありません。

我が道を行くという人はこの方法がおすすめです。

もっとも根本的にフリーターがダメなのは収入面でもあるので、将来金銭的に大変な思いをする可能性もあるでしょう。

たくさん稼ぐ

フリーターがダメなのは収入面ということで、お金さえたくさん稼いでしまえば何ら問題ありません。

その最たる例がフリーランスの方々です。

フリーランスの方々は他の人には真似できないスキルを使って大金を稼ぎます。

腕っ節に自信のある方はフリーランスとして生きるといいでしょう。

なおたくさん稼ぐ際にやってはいけないのはアルバイトを増やすことです。

アルバイトをたくさんして、たくさん稼いだところでフリーターがダメなのは変わりません。

ゆえに結局世間体を無視できるかどうかに行き着くでしょう。

正社員になる

仮に最初の給料が低くても正社員であれば、ダメなんて言われません。

むしろ正社員として立派に働いているのに、他人の仕事をけなしてくるような人こそダメな人間です。

そんなわけでダメなフリーターから脱却するには正社員になるのが最も容易く、最も確実といえるでしょう。

正社員とフリーターの年収差は明らかです。

フリーターと正社員の年収比較

このグラフを見ても、フリーターと正社員でどちらがダメかは明白でしょう。

どんなに頑張っても報われないフリーターは非効率と言わざるをえません。

就職して正社員になってダメと言わせるのはもう終わりです。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーター就職コラム

関連記事

フリーターだからこそアフィリエイトに挑戦しよう!

何もやりたいことが見つからない、フリーターの方必見です。 やりたいことがないなら ...

フリーターが楽しいわけないでしょ

私がフリーターをやっている時にさぞかし皆こう思ったことでしょう。 「楽しそうでい ...

フリーターのメリット!やってみてわかったこと

フリーターにはメリットがあります。 もちろんデメリットの方が多いですが。 ちなみ ...

フリーターが起業で成功するために

私の経歴を大げさに言うと、一応大卒フリーターで起業したということになります。 起 ...

フリーターの定義!3種類の特徴毎にモノ申す!

今となっては当たり前のように使われている「フリーター」という言葉。 突然ですが、 ...