フリーター就職コラム

フリーターでも幸せかどうか

更新日:

フリーターを3年経験してわかりました。

フリーターは決して幸せではありません。

今回はその理由について。

給料が安い

バイトの内容にもよりますが、時給で働く限りは貧困から抜け出せません。

時給で雇われること自体が貧乏人の発想なのです。

バイトはどんなに頑張ったって所詮バイト。

給料も低ければボーナスもなし。

ボーナスもなければ、昇給もありません。

そのおかげでフリーターと正社員との年収差は開く一方です。

フリーターと正社員の年収比較

幸せ=お金というならさっさとフリーターから抜け出すことをおすすめします。

労働時間はほとんど変わらないのに、明らかに給料が違うのはグラフからも見て取れるでしょう。

自由は少ない

意外に自由は少なかったりします。

というのも週5で入れるフリーターはお店からとって超貴重な戦力。

こんな戦力を使わないわけにはいきません。

ということで完全なる駒となります。

週5で8時間もアルバイトをするなら正社員をやった方がいいでしょう。

フリーターがフルタイムで働くこと自体が無意味と言えます。

バイトの日数を減らさない限りは自由は意外にも少ないです。

バイトの日数を減らすためには時給を上げるか、生活コストを下げる必要があります。

時給を上げるには高時給のアルバイトをするか就業形態を変えなければなりません。

週5アルバイトのフリーターが給料も低いのに、幸せなわけないでしょう。

とにかくいっぱい働いてたくさん稼がなければいけないフリーターは自由度も低く、幸せとは程遠い状態にあるでしょう。

モテない

フリーターになってモテなくなったなんてのはよく聞く話です。

当たり前と言っちゃ当たり前でしょう。

同じ魅力のある人間でフリーターと正社員だったら確実に正社員の方を取りますから。

これは男女関係なくフリーターならみんな一緒。

フリーターはとにかくモテないと言えます。

モテなくて幸せなわけありません。

事実、フリーターの結婚は非常に難しいとされています。

フリーターの有配偶率及び結婚率

女性に関しては結婚や出産を機に脱正社員することも珍しくないので一概にも言えませんが、男性に関して正社員とフリーターの結婚率の差は明らかです。

周りが結婚して子供ができて出世して幸せなのに、自分は一生フリーターだなんて虚しいだけでしょう。

ナメられる

同級生からも学生アルバイトからもナメられます。

総じて社会身分の低いものは見下される運命なのです。

私は大卒フリーターで大学時代と同じアルバイト先で働いていましたが、フリーターになった途端、周りの態度が一変しました。

同級生からも「え?フリーターなの?」みたいな感じで蔑んだ目で見られます。

プライドの高い人間にはフリーターなんて耐えられないでしょう。

フリーターは年収も低ければ社会的身分も低いのでナメられても仕方ありません。

フリーターはイメージが悪いのです。

一人暮らしのフリーターは不幸

一人暮らしのフリーターは不幸以外の何物でもありません。

理由は主に2つあります。

まずフリーターの一人暮らしはとてつもなくきついからです。 

きついというのは金銭面でもそうですし、それだけでなく精神面にも影響があるでしょう。

この精神面というのがフリーターが不幸であるもう一つの所以です。

人が生きていく上で最も大切なことがあります。

それは「人とのつながり」です。

この「人とのつながり」なくして生き抜くことは不可能と言えます。

生物学的にも孤独は生の天敵ですから。

というわけでもしフリーターを貫いて幸せになりたいなら、いつまでできるかは不明ですが、実家暮らしをおすすめします。

実家暮らしなら、個人としての生活コストも下がり、家族というふれあいの時間も過ごせるからです。

一人暮らしにフリーターは総じて幸せではありません。

フリーターでも幸せになる方法

フリーターの何がいいかって、自由気ままにいられるところです。

確かに時間的な自由はフリーターでも正社員でも変わりませんが、精神的な自由はフリーターの方がはるかにあります。

しかし、その精神的な自由があるのも今のうちだけ

自分の歳が増えるにつれ、金銭的な自由もなくなりいずれは精神を蝕んでいくのは明白でしょう。

フリーターと正社員の主な違いは収入と言っても過言ではありません。

ですからフリーターでも幸せになる方法は多くは望まないことです。

あらゆる面で妥協すれば幸せになるでしょう。

あとは孤独にならないこと。

フリーターで家族を持つことは難しいですが、とにかく自分の居場所を見つけましょう。

孤独で幸せな人は見たことがありません。

孤独以外の面で人生に妥協していればそれはきっと幸せのうちの一つなのでしょう。

フリーターでも幸せだ。

そんなのは今の内だけです。

孤独が目に見えていますから。

もしそれが嫌なら、就職することをおすすめします。

就職はいいものです。

友達も伴侶も見つかりますから。

仕事もフリーター向けのおすすめ就職サイトを使えば比較的すぐに見つかるはずです。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーター就職コラム

関連記事

フリーターがダメなところを挙げてみよう

「フリーターじゃなんでダメなの?」 という声がしばしば聞こえてきます。 まさしく ...

フリーターが資格よりも大事にするものは実績とスキル

資格を取れば、就職できると思い込んでいる人がしばしばいます。 果たして本当にそう ...

フリーターから正社員になる際に必要な志望動機の書き方について

正社員になるのなら必ずといって必要になります。 それは志望動機です。 私は就職活 ...

「フリーターになりたい」人に告ぐ!やめましょう

もしあなたが今、正社員でフリーターになりたいというなら、全力で阻止します。 元脱 ...

フリーターで友達いない人はとにかく環境を変えましょう

フリーターで友達ができなく悩んでいる人がいるみたいです。 そこで私から僭越ながら ...