大卒フリーター

大学出てフリーター(大卒フリーター)は珍しくない

更新日:

どうも元大卒フリーターです。

学生時代に就活していた時には思いもしませんでした。

まさか自分がフリーターになるだなんて。

大学出てフリーターになるなんてとんでもないこと。

以前の私同様に多くの方がこのような意見を持っているに違いません。

しかし、自分がいざフリーターになってみて感じました。

大学出てフリーターは決して珍しくないんだと。

大学出てフリーターは珍しくない

文部科学省の「学校基本調査」にこんなデータがあります。

大学出てフリーターのデータ

2015年で「一時的な仕事に就いた者 進学も就職もしていない者の割合」はなんと12.4%。

直近では下がってきていますが、いずれにせよ、10人に1人以上はフリーター以下になってしまうのは間違いありません。

ちなみに大学院に行く割合が12.2%ということを考えると、ほぼ同じくらいの人数がフリーターになっていることがわかります。

こうして考えてみても大学出てフリーターは珍しくないということができるでしょう。

大学全入時代とは言われていますが、大学を出るだけで就職できる時代はとうに終わったのです。

大学出てフリーターになってしまう理由

それにしてもなぜ、大学を出てまでフリーターになってしまうのでしょうか。

私の理由はちょっと特殊なのですが、一般的には「就職できなかったから」というのが考えられます。

また新卒における就職活動というものはやはり大学の偏差値が高い人ほど有利になるのは明白です。

ですから誰でも入れる大学に通っていた人ほど、フリーターになりやすい傾向があると言えるのかもしれません。

そして私の大学時代の友人の例を出すと、大学中退者や留年してしまった人がそのままフリーターになっています。

そのような人たちは卒業見込みのある人たちと比べて就職しにくいのでしょう。

いずれにせよ、一度レールから外れてしまった人はフリーターになりやすいです。

大学出てフリーターが嫌なら

レールから外れてフリーターになってしまったら仕方ありません。

だってそれが現実ですから。

そこは問題ではないのです。

では一体何が問題なのかというと、現状に甘んじてしまうこと。

すなわちフリーターでい続けてしまうことです。

こんなデータがあります。

フリーターの期間と就職率の関係性

<参照:若者雇用関連データ|厚生労働省

2011年のデータでちょっと古いのですが、フリーター期間が長ければ長いほど正社員になるのが難しくなってしまうというもの。

具体的には

フリーター期間が半年以内の場合、男性では約7割、女性では約6割が正社員になっていますが、フリーター期間が3年を越える場合、正社員になれた率は男性で約6割、女性で約4割であり、フリーター期間が長いと正社員になることが難しくなるといえます。

ということです。

ちなみに女性は専業主婦を除いたデータとなりますから、結婚したから正社員にならなかったというわけではありません。

男性ですら、1割近くも正社員になる可能性が減りますからこの数字を甘く見ることはできません。

最初にも言いましたが、大学を出てフリーターになるのはこのご時世珍しくありません。

それでも、もしフリーターが嫌だと思うなら早いうちに就職活動をすることをおすすめします。

歳をとればとるほどフリーターから抜け出せなくなる可能性が高まるのですから。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-大卒フリーター

関連記事

大卒フリーターの割合と人口について!大学卒業後フリーターは珍しいの?

私はまさか自分が大卒フリーターになるなんて思いもしませんでした。 「大卒フリータ ...

大卒フリーターはプライドが高い

大卒フリーターはプライドが高いです。 かくいう私もプライドが高いのでしょう。 い ...

大卒フリーターの親はどんな気持ちなのか

大卒フリーターの親は一体どんな気持ちなのでしょうか。 元大卒フリーターの私が、親 ...

女性で大卒フリーターは珍しくない

女性で大卒フリーターは何ら珍しくありません。 今回は女性の大卒フリーターの実態に ...

大卒フリーターの一般的な末路は就職です

「大卒フリーター伝記」でお伝えした私の末路は、残念ながら就職ではありませんでした ...