ハローワーク

ハローワークの就職支援サービスとフリーター就職サイトの比較!

更新日:

ハローワークの就職支援サービスとフリーター就職サイトの比較!

職業紹介が主な業務でもある「ハローワーク」ですが、ひそかに就職支援サービスも行っています。

ハローワークの失業保険の手続きのついでに受けるのも悪くないのですが、それならフリーター就職サイトもおすすめです。

今回は両者を比較してみましょう。

ハローワークの就職支援サービス「わかものハローワーク」

まずフリーターが受けるようなハローワークの就職支援サービスは「わかものハローワーク」です。

他には「マザーズハローワーク」「新卒応援ハローワーク」「外国人の方を対象としたハローワーク」があります。

名前を見ても分かる通り、大抵のフリーターの方であれば「わかものハローワーク」に行き着くはずです。

そんな「わかものハローワーク」ですが、正社員を目指す「わかもの」を対象に個別担当制による職業相談、職業紹介、セミナー等を行っています。

対象年齢はほとんどの場合が34歳まで。

「わかものハローワーク(通称ワカハロ)」で就職支援を受けたい方は東京か新宿か日暮里に伺いましょう。

なお「わかものハローワーク」で、失業保険の手続きは行っておりませんので、ご自身の管轄のハローワークまで行く必要があります。

東京しごとセンターがおすすめ

「わかものハローワーク」は見事なまでに東京に固まっています。 

ということでどうせ東京で就職支援を受けるなら東京しごとセンターに行った方がいいでしょう。

東京しごとセンターは民間企業と連携もしているので、より専門的で高度なサービスを受けれるに違いないですから。

東京しごとセンターとハローワークの違いはこの場合、管轄の違いです。

あわせて読む
東京しごとセンターとハローワークの違いは運営!様々な組織が絡んでいる事業のため複雑!
東京しごとセンターとハローワークの違いは運営!様々な組織が絡んでいる事業のため複雑!

フリーターがいざ就職を考えるとなると、まず思いつくのがハローワークです。 そしてハローワークについて調べていると、高確率で東京しごとセンターについて行き着きます。 両者は一体何が違うのでしょうか。 当 ...

続きを見る

簡単に言うと、前者は都による運営、後者は国による運営となります。

ですからどちらもオフィシャルという点ではお好きな方を選ぶことができるでしょう。

それでも東京しごとセンターは「TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ」という研修で10万円貰えるサービスを提供しているので非常におすすめです。

わざわざわかものハローワークに行く必要はありません。

あわせて読む
フリーターは「TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業by東京しごとセンター」を利用しよう!東京都オフィシャルのサービス事業!
フリーターは「TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業by東京しごとセンター」を利用しよう!東京都オフィシャルのサービス事業!

「TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業by東京しごとセンター」 かなり長い名前ですが、フリーターの方は必見です。 東京しごとセンターとハローワークの違いはいくつかあるものの「オフ ...

続きを見る

フリーター就職サイト

一方でフリーター就職サイトはどこも民間企業による運営です。

もちろん民間とはいえど、求職者からはお金を取ることはできないので、無料で就職支援サービスを受けられます。

求人の質が高い 

フリーター就職サイトのメリットは求人の質が高いことです。

フリーター就職サイトは求職者からお金をとる代わりに、求人側からふんだんに請求しています。

裏を返せば、フリーター就職サイトに求人を載せるためには膨大なお金が必要ということです。

そういう意味でも自然とフリーター就職サイトの求人の質は高くなるでしょう。

ちなみにハローワークの求人は基本的に誰でも出すことができるので、零細企業も少なくありません。

地方の就職にも使える 

またフリーター就職サイトは地方の就職にも役立ちます。

あわせて読む
田舎で働きたい人におすすめのフリーター就職サイト!地方は限りなく求人が少ないけど...!
田舎で働きたい人におすすめのフリーター就職サイト!地方は限りなく求人が少ないけど...!

脱フリーターして就職したい。 しかし都心部ではなく田舎や地方で就職したい。 そんな人も多いです。 そこで当記事は田舎や地方でフリーターが就職する方法をお伝えします。 田舎での就職はハローワークが一般的 ...

続きを見る

ハローワークや東京しごとセンターはお伝えした通り、東京にしかないので、地方の人からしたら使い勝手があまりよくありません。

そういう意味でもフリーター就職サイトなら、さまざまな企業がサービスを展開しているので、自由度は非常に高いでしょう。

もちろん場所的なことだけでなく、自分の特色にあったサイトを使えるのも民間企業が競合してサービスを展開しているからこそ。

フリーター就職サイトはまさに「みんな違ってみんないい」です。

あわせて読む
おすすめフリーター就職サイトまとめ
おすすめのフリーター就職サイトまとめ!フリーターから正社員へ!

フリーターは就職が難しい。 たしかにその通りでしょう。 しかし、フリーター就職サイトを利用すれば話は別です。 今や、就職希望のあるほとんどのフリーターが登録しています。 もちろん、結果も出ています。 ...

続きを見る

ハローワークとフリーター就職サイトの比較

結局のところ、このような就職支援サービスは担当者の質によるところです。

ですから当然ハローワークでも民間でも素敵なカウンセラーに当たれば、よいサービスを受けられるでしょう。

そこで仮にカウンセラーが同じ人だと想定します。

その時おすすめなのはやはり、フリーター就職サイトの利用です。

なぜなら、ハローワークのデメリットとして紹介先の企業に問題があることが多いからです。

あわせて読む
フリーターにおけるハローワーク利用のメリット・デメリット
フリーターにおけるハローワーク利用のメリット・デメリット

フリーターがいざ就職するとなると、どうやって就活したらいいかわからない人も多いでしょう。 そしてまず思いつくのが「ハローワーク」です。 もちろんハローワークでももちろんいいのですが、あまりおすすめはで ...

続きを見る

ブラック企業に当たる確率を下げるという意味でもやはりフリーター就職サイトの方が懸命です。

というわけで、失業保険の手続きのためだけにハローワークに行くのがベストということができるでしょう。

まとめ

  • ハローワークの就職支援サービスは東京のみ
  • ハローワークの求人にはブラック企業がある
  • フリーター就職サイトはブラック企業が少ない
  • 地方でも使えるフリーター就職サイトがある

なおフリーター就職サイトは30代フリーターの就職は支援していません。

そのような意味でも利用できる今のうちに利用してしまった方が賢明です。

20代の就職方法として人気があるからこそ、年齢制限があるのです。

あわせて読む
30代フリーターの就職率と転職希望率について
30代フリーターの就職率と転職希望率について

フリーターは30代になると一気に就職しにくくなると言われますが、果たして真相はどうなのでしょうか。 今回は30代フリーターの就職についてお伝えします。 まずは実態から見てみましょう。 30代フリーター ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ハローワーク

Copyright© フリーターの就職道|脱フリーター伝説 , 2019 All Rights Reserved.