フリーター・ニートの結婚・将来・お金

一生フリーターになってしまう人の特徴!生涯フリーターでもOK!

更新日:

一生フリーターになってしまう人の特徴!一生フリーターはダメなのか?

一生フリーターでいいのでしょうか。

この記事では、一生フリーターがダメな理由と一生フリーターになってしまう人の特徴についてお伝えします。

一生フリーターではないかと不安な方はぜひご覧になってください。

一生フリーターがダメという明確な理由はない

「一生フリーターの何がダメなのか」

こう思う人も少なくないでしょう。

結論から言うと、一生フリーターがダメという明確な理由はありません。

今のご時世、フリーターでも生きていけるのです。

またフリーターの割合は16人に1人と、決して珍しいものではありません。

よって一生フリーターでも本人がよければ何ら問題ないでしょう。

働き方も多様化しています。

一生フリーターが嫌

とはいえ一生フリーターが嫌というのなら話は別です。

ちなみに私は一生フリーターが嫌でした。

嫌だったからこそ、毎日作業を積み重ね、脱フリーターできたと言っても過言ではありません。

ですから、もしあなたが一生フリーターが嫌だというなら目標に向かって日々精進しなければならないでしょう。

一生フリーターが嫌という感情はまさに、自分にとっての活力となります。

その感情は決して忘れないようにしましょう。

一生フリーターになってしまう人の特徴

では一体どのような人が一生フリーターになってしまうのでしょうか。

たくさんのフリーターを見てきましたが、以下のような特徴が見られました。

  • 遊んでばかりいる
  • 息抜きが多い
  • 明確な目標がない
  • 夢の損切りができない
  • 一生フリーターでいいと思っている
  • 中年フリーター

それぞれ確認していきましょう。

遊んでばかりいる

フリーターは時間に自由が利きます。

ということで、誘われることも自然と多くなるでしょう。

もちろん、付き合いがいいことは決して悪いことではありません。

しかし全てに参加する必要は一切ないです。

行っても行かなくてもいいようなものは、行く必要が全くありません。

よって楽しいからという理由だけであなたが飲み会に入り浸っているようなら、いますぐ行動を改善しましょう。

友達は減りますが、仕方ありません。

遊んでばかりだと、本当に一生フリーターになってしまいます。

息抜きが多い

息抜きは確かに大切ですが、息抜きのしすぎは厳禁です。

むしろ息抜きというのは、自分がサボってしまったことに対する言い訳にすぎません。

息抜きというのはサボりそのものです。

サボっている暇があるなら目標に向かって行動しましょう。

漫画やスマホゲーム、YouTubeなんて持っての他です。

息抜きは時間の無駄ということで本当に一生フリーターになりかねません。

明確な目標がない

もし脱フリーターしたいというのなら、明確な目標を持つようにしましょう。

明確な目標とは自分でコントロールできる目標です。

決して「〇〇になりたい」というような曖昧な目標ではありません。

具体的に言うと「回数」はコントロールできるいい目標になります。

例えば、俳優になりたいなら「1日10回台本を読む」というような明確な目標です。

このように明確な目標を持つことで自分を前進させてくれます。

もっとも、目標があってもそれを継続できなければ意味がありません。

継続するためにも、息抜きや遊びはほどほどにしましょう。

夢の損切りができない

稀に頑張っても一生フリーターになってしまう人がいます。

それは難易度の高い目標を持つ人たちです。

夢があることは立派なことです。

しかし、いつまでも夢を追いかけるわけにはいきません。

就職という観点から見ると、期限というものがあります。

具体的に言うと、フリーターの就職は20代が圧倒的に有利です。

30代フリーターの就職となると一気に職業選択の幅が狭くなってしまいます。

夢を追うなら、一生フリーターの覚悟を持ちましょう。

成功に代償はつきものです。

一生フリーターでいいと思っている

一方で目標がなく、一生フリーターでも構わないと考えている人もいます。

そのような人が一生フリーターになってしまうのは当然の摂理でしょう。

ただしあまりおすすめできません。

それはフリーターの将来や末路が決して明るいものではないからです。

実際に一生フリーターを続けると、貧乏な独居老人になってしまう可能性が非常に高まります。

まさに孤独死まっしぐらです。

そういう意味でも特にやりたいことがないフリーターは就職することをおすすめします。

就職しておくだけで将来の選択肢が増えるのは間違いありません。

フリーターの結婚はとても難しいです。 

中年フリーター

中年フリーターの就職は簡単ではありません。

そのまま一生フリーターになってしまう可能性も非常に高いです。

よって特にやりたいことがなくても中年フリーターに差し掛かる前に就職するようにしましょう。

中年フリーターになることを避けるだけでも一生フリーターは回避できます

せめて30歳になるまでに決断が必要です。

決断の遅さが一生フリーターを招きます。

回避方法は就職

一生フリーターにならないためにやることは単純で、それは就職です。

就職すれば一生フリーターでなくなります。

フリーターが手堅く就職する方法はフリーター就職サイトの利用です。

フリーター就職サイトの利用は就職成功率が最も高くなります。

フリーターが就職に失敗するのはサポートなしで活動するからです。

就職に成功するためにもぜひ、就職支援を受けるようにしましょう。

ほとんどのフリーターが支援を受けながら就職活動を行っています。

無料ですし、利用しない手はありません。

正社員というだけで人は安心する

生涯フリーターの方に朗報です。

人は正社員というだけで安心します

これはもはや人々の暗黙の了解と言っても過言ではないでしょう。

ですから、生涯フリーターに疑念がある方は是非一度就職してみてください。

意外にも今の情勢だったら就職は簡単に決まりますし、フリーターの仕事よりも楽な場合もあります。

信じられない話ですが、パソコンで「マインスイーパー」などのゲームをやっている会社員もいるくらいです。

騙されたと思って是非就活してみましょう。

我慢するのは最初だけです。

正社員を目指すべき理由

生涯フリーターを防ぎ、正社員を目指すべき理由はとてもシンプルです。

  • 生涯賃金が低いから
  • 生涯独身の可能性が高いから

それぞれの理由についてみていきましょう。

生涯賃金が低いから

有名なデータですがフリーターの生涯賃金はとてつもなく低いです。

フリーターの生涯賃金はたったの6,000万円です。

一方で正社員の生涯賃金は2億5,000万円となります。

このように正社員に比べてフリーターの年収が低いのは明らかです。

生涯フリーターが世間一般的によく思われないのはまさにこのデータがあるからこそ。

生涯低収入が嫌な人はやはり正社員にならざるをえないでしょう。

生涯独身の可能性が高いから

また結婚したい人で生涯フリーターは許されません。

実際に正社員とフリーターの結婚率の差は明らかです。

フリーターの有配偶率及び結婚率

このようにフリーターと結婚したい人なんてほとんどいません。

フリーターが結婚相手に一体どんなメリットを差し出せるというのでしょうか。

メリットを与えられるからこそ愛されるのです。

無条件の愛をくれるのは母親だけ。

そこはしっかり理解しておきましょう。

というわけで結婚したいならいますぐにでも正社員になることをおすすめします。

まとめ

以下のような人が一生フリーターになりやすいです。

  • 一生フリーターを続けると、貧乏な独居老人になってしまう
  • 30歳を超えると、就職が難しくなり一生フリーターに
  • 一生フリーターが嫌な方は就職するしかない

もちろん自分が一生フリーターでいいというのなら何ら問題ありません。

それでもフリーターより正社員の方が幸福を感じやすいのは確かです。

そんなわけで、フリーターでいることに明確な理由がない人は就職しましょう。

極論ですが、一生フリーターと一生社畜だったら後者の方が断然幸せです。

-フリーター・ニートの結婚・将来・お金

Copyright© フリーター・ニートの就職道|正社員を目指せ , 2019 All Rights Reserved.