高卒フリーター

高卒フリーターの末路!就職できるのか?就活はどうすればいい?おすすめの就職サイトは?

更新日:

今回は高卒フリーターの末路についてお伝えします。

心配なのは就職できるかどうかということ。

就職さえできてしまえば、高卒だろうと何ら問題ありません。

果たして高卒フリーターは就職できるのでしょうか。

Https arisago com official wp content uploads 2017 09 o260

高卒フリーターでも就職できる

結論からいうと、高卒フリーターでも余裕で就職可能です。

コネがなくても、学歴がなくても就職できる方法がひとつだけあります。

それは、フリーター就職サイトの利用です。

フリーター就職サイトを使えば高卒者でも、軽く内定率は80%を超えるでしょう。

しかし、この方法には一つだけ欠点があります。

年齢です。

フリーター就職サイトは学歴不問ですが、20代までしか利用することができません。

ですから、高卒フリーターでも20代なら逆にチャンスです。

いずれにせよ、高卒フリーターの就職は学歴よりも年齢が鍵となります。

高卒フリーターの就職率

高卒フリーターの就職率を見てみましょう。

以下のグラフは学歴別にフリーターの就職率を示します。

学歴別フリーター就職率

高卒フリーターの就職率は男性で23.5%,女性で8.7%です。

数字的には低く感じますが、一つ上の学歴でもある短大卒フリーターと就職率はほとんど変わりません。

むしろ男性に関しては高卒フリーターの方が短大卒フリーターよりも上回っています。

というわけで就職率から見ても高卒フリーターは決して絶望する必要はありません。

就職は不可能ではありませんから。

高卒フリーターの就職希望率

さらに希望が見えてきます。

以下は学歴別のフリーター就職希望率を示したグラフです。

学歴別フリーターの転職希望率のグラフ

高卒フリーターが就職を希望する割合は男性で37.9%,女性で25.1%です。

何が言いたいのかというと、就職希望率がそこまで高くない割には就職率が高いということ。

振り返ってみると、高卒フリーターの就職率は男性で23.5%,女性で8.7%です。

せっかくなのでこの数字を就職希望者だけで割ってみましょう。

その時、就職できる確率は男性でおよそ62%,女性で34.7%となります。

この数字が表すのはまさに高卒フリーターでさえも就職は希望したもの勝ちということ。

就職したいと考える高卒フリーターは、物怖じせずガンガン就職を希望していきましょう。

当たり前ですが、先行を受ければ受けるほどチャンスは広がります。

高卒フリーターの末路

高卒フリーターの末路は本人次第です。

就職を希望し続ければいずれは就職できます。

希望でさえも持たなかったら一生フリーターになってしまうでしょう。

とにかく大事なのは就職するという決意をすること。

そうすれば就職してごく普通の生活がおくれます。

さらに重要なのは年齢が若いうちにその決断を下すことです。

高卒中年フリーターともなると、当然就職率は下がっていきます。

フリーター就職市場においては学歴と年齢は唯一の武器です。

高卒フリーターだからこそ、年齢で勝負する必要があるでしょう。

就職の難易度が上がる30代前に就職することをおすすめします。

中年フリーターに差し掛かることで、結婚もできずに将来生活保護やホームレスに現実味が帯びてきてしまうのです。

高卒フリーターは就職サイトを利用しよう

特別なコネがない限り、選択肢はひとつです。

フリーター就職サイトを利用しましょう。

フリーター就職サイトなら、学歴関係なく平等に扱ってくれますから。

フリーター就職サイトを利用して、就職に成功している高卒者は数多くいます。

それに、フリーター就職サイトは学歴よりも年齢重視です。

ですから20代の高卒フリーターの方は迷わず登録しましょう。

就職において、学歴よりも年齢が優遇されるのは滅多にありませんから。

このチャンスを逃すことは許されません。

結局フリーターはどう転がっても20代の就職が有利なのです。

高卒フリーターだからこそ、お早めに。

高卒フリーターにハローワークがおすすめできない理由

続いて、高卒フリーターの就活スタイルについてお伝えします。

学歴が大卒に劣る高卒でも何ら問題ありません。

年齢にもよりますが、やり方次第で楽に就職ができてしまいます。

しかし高卒フリーターが就職するのにやはりハローワークはおすすめできません。

その理由は高卒フリーターだからこそ、手に職をつけた方がいいからです。

ハローワークの業務は訓練ではなく職業紹介のみとなります。

機械的に求人を振り分けられるだけなので、どんな仕事を紹介されるか分かったものではありません。

高卒フリーターはスキルを身につけながら就職活動を行いましょう。

ハローワークは適していません。

高卒フリーターにアルバイトから正社員がおすすめできない理由

学歴に自信がないからこそアルバイトから正社員登用を狙う方もいます。

しかし、大学に出ていなくても就職は可能です。

むしろ、アルバイトから正社員を狙うにあまり、年齢だけを重ねてしまう危険性があります。

大事なのは学歴よりも若さです。

フリーター就職サイトなら、高卒はもちろん中卒の方でさえも就職が決まります。

高卒の方は大学にいっていないぶん、若さで勝負しましょう。 

20代高卒フリーターの就活方法

10代20代の高卒フリーターにおすすめの就活方法はズバリ、フリーター就職サイトの利用です。

もはや特別なコネがない限り、フリーター就職サイトを利用しないという選択肢はないでしょう。

数多くの高卒フリーターの方が、そのようなサイトを利用して就職に成功しています。

またなぜ10代や20代におすすめなのかというと、フリーター就職サイトは20代までしか利用できないからです。

そんなわけで、20代の今だからこそフリーター就職サイトの利用をおすすめします。

大卒ではないのに、就職できてしまうのはフリーター就職サイトだからこそ。 

30代高卒フリーターの就活方法

個人的には30代も20代も同じ方法で就活をしてもらいたいのですが、それができません。

なぜなら研修型の就職サービスを含めたフリーター就職サイトが利用できるのは20代までだからです。

30代になると利用できません。

就職するなら30歳まで」と言われるのも納得できます。

では残念ながら高卒フリーターで30代になってしまった場合はどのように就活すればいいのか。

結論から言うと、紹介予定派遣という働き方を利用して就職するしかありません。

紹介予定派遣は最長半年で正社員になれる派遣社員のシステムです。

最長半年ということで、逆に就活が長引く心配もなくなります。

30代という年齢だからこそ、もはやスキルを習得している暇はありません。

紹介予定派遣のような実践形式の現場に、無理やりにでも早く出ることが大切です。

高卒フリーターの就活に大切なこと

高卒フリーターの就職に大切なのはズバリ、スピードです。

大学に行っていない分、尚更早く行動しなければならないでしょう。

早く行動して、大卒に負けないくらいのスキル、経験、実績を身につけておくことが大切です。

また30代になってしまうと、スキル習得の機会でさえも奪われてしまいます。

ですから可能な限り、高卒フリーターは20代のうちに就職してしまいましょう。

仮にやりたいことがなくてもスピードは意識しなければなりません。

やりたいことができるのを待っていたらあっという間に30歳は来てしまいます。

やりたいことよりも自分の役割を見つけ、それをスキルにすることが大切です。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-高卒フリーター

関連記事

高卒フリーターの就活!おすすめの就職サイトは?

今回は高卒フリーターの就活スタイルについてお伝えします。 学歴が大卒に劣る高卒で ...

高卒フリーターの専門学校や大学への進学がおすすめできない理由

高卒フリーターは自分の学歴にコンプレックスを持ちがちです。 そのコンプレックスを ...

高卒フリーターの人口と割合と確率について

高卒フリーターは決して珍しいものではありません。 むしろ学歴別に見たら一番多い属 ...

高卒フリーターにおすすめの就職資格はありません

高卒フリーターは大学に行けなかった反動からか、非常に勉強熱心です。 勉強熱心とい ...

高卒フリーターが留学する必要はない

高卒フリーターが留学する必要はありません。 今回はその理由についてお伝えします。 ...