フリーターの将来と末路

生涯フリーターがいけない理由

更新日:

生涯フリーターで生きて行くなんていう人がしばしばいます。

果たしてそれで本当にいいのでしょうか。

ちょっと考えてみましょう。

生涯フリーターでも問題ない

結論から言うと、生涯フリーターでもなんら問題ありません。

だって当人の問題なのだから。

本人がそれでいいというならそれでいいのです。

他人が口出しできることではありません。

それに現状、フリーターでも貧乏は免れませんが生きて行くこと自体は可能です。

もし無理なら生活保護を受ければいいでしょう。

もちろんこれは比喩で、これくらい割り切れるというのなら生涯フリーターでも問題ないということ。

全ては自分次第です。

ちなみにフリーターの将来として生活保護は現実的ではありません。

ホームレスでさえも生活保護を利用したことのある人はたったの25%という数字も出ているくらいですから。

あくまでも自分はホームレスになってもいいんだという心構えの方はフリーターでも何ら問題ないということです。

私は生涯フリーターなんてまっぴらごめん

私自身は生涯フリーターなんてまっぴらごめんです。

なぜなら貧乏が嫌だから。

どうあがいたってフリーターで金持ちになることはできません。

それだったら正社員の道を選んだ方がはるかに幸せです。

フリーターよりも正社員の方が給料がいいのは間違いないですから。

フリーターと正社員の年収比較

このグラフを見ても割り切れるほど私は強い人間ではありません。

このグラフが恐ろしくて仕方ないです。

生涯フリーターがいけない理由 

生涯フリーターがいけない理由は何一つありません。

自分がいけないと思うならいけないですし、いいと思うのならいいのでしょう。

ただ私から言わせてもらうとしたら「本当にそれで楽しいの?」ってことです。

私にはフリーターの楽しさがわかりません。

周りからは蔑まれ、友人も結婚して徐々に付き合いが悪くなり、行くつく先は孤独です。

孤独が嫌なら生涯フリーターは避けなければいけません。 

正社員というだけで人は安心する

生涯フリーターの方に朗報です。

人は正社員というだけで安心します

これはもはや人々の暗黙の了解と言っても過言ではないでしょう。

ですから、生涯フリーターに疑念がある方は是非一度就職してみてください。

意外にも今の情勢だったら就職は簡単に決まりますし、フリーターの仕事よりも楽な場合もあります。

信じられない話ですが、パソコンで「マインスイーパー」などのゲームをやっている会社員もいるくらいです。

フリーターをやめたくないのは単に環境を変えたくないだけ。

人は環境の変化を嫌いますからそれは当然の摂理です。

それでも慣れてさえしまえば、条件も良くフリーターより快適な暮らしが待っているかもしれません。

騙されたと思って是非就活してみましょう。

我慢するのは最初だけですから。

生涯フリーターではなく正社員を目指すべき理由

生涯フリーターを防ぎ、正社員を目指すべき理由はとてもシンプルです。

フリーターの生涯賃金が低いから

有名なデータですがフリーターの生涯賃金はとてつもなく低いです。

フリーターの生涯賃金はたったの6,000万円です。

一方で正社員の生涯賃金は2億5,000万円となります。

このように正社員に比べてフリーターの年収が低いのは明らかです。

生涯フリーターが世間一般的によく思われないのはまさにこのデータがあるからこそ。

生涯低収入が嫌な人はやはり正社員にならざるをえないでしょう。

フリーターは生涯独身の可能性が高いから

また結婚したい人で生涯フリーターは許されません。

実際に正社員とフリーターの結婚率の差は明らかです。

フリーターの有配偶率及び結婚率

このようにフリーターと結婚したい人なんてほとんどいません。

総じてフリーターはモテないのです。

フリーターが結婚相手に一体どんなメリットを差し出せるというのでしょうか。

メリットを与えられるからこそ愛されるのです。

無条件の愛をくれるのは母親だけ。

そこはしっかり理解しておきましょう。

というわけで結婚したいならいますぐにでも正社員になることをおすすめします。

生涯フリーターにならないために必要なこと

生涯フリーターを防ぐためにはいますぐ、就職活動することをおすすめします。

それはフリーター期間が長くなるにつれ就職できなくなってしまうのは明らかだからです。

フリーター期間別の正社員になれた割合 001

フリーター歴6か月以内で就職できた人は男性が72.5%女性が56.5%です。

一方でフリーター歴3年超の就職率は男性が57.0%女性が38.3%とどちらも最低水準にあります。

だからこそ生涯フリーターを防ぐには早めの就職活動が有効なのです。

せめて中年フリーターになる前に正社員になりたいところ。

中年フリーターの就職率が低いのは明らかですし、フリーター向け就職支援サイトも30歳以上は基本的にサポートしていませんから。

生涯フリーターが嫌なら今就職活動することをおすすめします。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーターの将来と末路

関連記事

怖い?不安?絶望?フリーターの末路に関するすべて!将来どうなる?

フリーターの将来や末路と聞くと、ほとんどの人がよいイメージを持たないでしょう。 ...

女性フリーターの4つの将来戦略について

男性フリーターの将来は決して明るいものではありません。 しかし女性フリーターの将 ...

フリーターに将来の夢は必要か否か

フリーターにも色々いて、将来の夢がある人とない人がいます。 将来の夢がないフリー ...

フリーターの将来は独身だとかなり不安

100歩譲って、生涯フリーターでもいいでしょう。 しかし生涯独身だけは絶対に避け ...

フリーターの将来は生活保護受給者!?それともホームレス?

フリーターをやっていて将来が不安でも、最悪生活保護を受給すればいいと思っている方 ...