未分類

ニートの原因に共通するのはコミュニケーション能力の欠如

更新日:

ニートの原因に共通するのはコミュニケーション能力の欠如

ニートの原因はいくつかありますが、どれもその根底にあるのは同じものです。

それはコミュニケーション能力。

多くのニートコミュニケーションに関して苦手意識を持っています。

ニートの原因はコミュニケーション能力の欠如

厚生労働省発表のデータに以下のような調査結果があります。

一般的に就労に必要と思われる基礎的スキル6項目について苦手意識があるかを尋ねた。 「人に話すのが不得意」が64.4%と突出しており、対面コミュニケーションの苦手意識が目立つ。 26項目を挙げて就労に必要な生活行動の苦手意識を尋ねると、「面接に通る」(75.1%)、 「面接で質問に答える」(64.8%)、「職場で友達をつくる」(64.6%)、「上司から信頼される」 (64.1%)といった項目の苦手意識が目立つ。 一般的な対人関係を含め、コミュニケーションの苦手意識は今回調査されたニートの状態にある若者にかなり広く共通する特性である。

<参照:ニートの状態にある若年者の実態及び 支援策に関する調査研究報告書

この結果が示す通り、コミュニケーションの方法は数あれど皆ニートは「人に話すのが不得意」ということになります。

人に話すのが苦手だからこそ質問に答えたり、友達を作ったり、上司から信頼されるのが困難なのです。

ニートは友達がいないのか?

一見するとニートには友達がいないかのよう思えてしまいますが、決してそんなことはありません。

同調査にこんなことが記されています。

調査協力者の交友関係を見ると、非常に限定的で、高等学校以降にあっても小学校から中学校の頃の限られた数人とのつきあいに留まるとの報告が多くなされた

このことから、幼少期から自然発生的に獲得してきた交友関係から思春期以降に自覚的に獲得する(つまり、好きでも嫌いでもない 関係や利害に基づいた関係、儀礼的につき合う関係をも包含した)新たな交友関係の形成、 という高次で多層的な社会関係がそこには認められないことが伺える。

つまりは少なからずとも、未だに地元の友人とはつるんでいるということです。

友達が決していないのではありません。

友達を自ら作るのが苦手なのです。

それゆえにニートはネットワークが狭くかつ対人関係に厚みがないと言えます。

ニートは友達を作ろう

というわけでニートの方はまず友達作りから始めましょう。

新たな友達ができれば自信にもつながります。

また友達というのは時によき相談相手にもなりますし、参考にもなるでしょう。

というわけで新たな友達を作ることで得られるメリットは計り知れません。

ではどうやって友達を作るのか。

それはインターネットです。

Twitterでもなんでもいいですから、同じ趣味の人を見つけましょう。

共通の趣味があれば友達だって簡単にできるはずです。

インターネットで友達を作るのが怖いだなんて言ってられません。

怖いのはコミュニケーションが段々と取れなくなってしまう自分ですから。

そうならないためにも、新しい友達を作りコミュニケーション能力を高めていきましょう。

あわせて読む
ニートの原因まとめ!対策は人とたくさん出会い、会話すること!
ニートの原因まとめ!対策は人とたくさん出会い、会話すること!

考えられるニートの原因をまとめます。 原因を知れば対策だって、改善だってできてしまうでしょう。 ニートの原因まとめ ニートの原因には以下のようなものがあります。 優しい 家庭環境 学歴 無欲 精神障害 ...

続きを見る

-未分類

Copyright© フリーター・ニートの就職道|正社員を目指せ , 2019 All Rights Reserved.