ニートの統計データ

うしろめたい?ニートの気持ち!

投稿日:

ニートの気持ちを考えたことはありますか。

一体ニートはどんな気持ちで毎日引きこもっているのでしょうか。

働きたいとは思っていないのでしょうか。

我々はつい日常における行き場のないのストレスを誰かにぶつけがちです。

ステレス社会で闘っている人はさぞかしこう思うでしょう。

「働くてもいいニートが羨ましい」

「ニート最高」

果たして本当にニートは最高なのでしょうか。

ニート自身はどう思っているのでしょうか。

今回はニートの気持ちをお伝えします。

ニートの気持ち

多くの方々のイメージとは裏腹に、ニートは決して楽観的ではありません。

以下のデータがそれを示します。

「仕事をしていないとうしろめたい」82.8%、 「社会や人から感謝される仕事がしたい」82.5%、「仕事をしていくうえで人間関係に不安を感じる」80.9%、「どこでも通用する専門技能を身につけたい」80.4%であった。80%前後がニート状態であることを「うしろめたい」「世間体が悪い」と感じており、ニート状態にあることが精神的な負担になっていることがうかがえる。

<参照:ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書

「仕事をしていないとうしろめたい」

「仕事をしていくうえで人間関係に不安を感じる」

このように、ニートの気持ちはものすごくネガティブということができます。

しかし「社会から人から感謝される仕事がしたい」というようなある種、希望をもっていることも確かです。

働きたいというのが本音

ニート時代の私もそうでしたが、全く働きたくないというわけではないのです。

きっかけがなかったり、どこか不安だったりと一歩が踏み出せない。

ただ、それだけなんです。

同級生や地元の仲間が汗水垂らして働いているのに、自分だけはクーラーガンガンのなかひたすら寝ているだけ。

「うしろめたい」という罪悪感が生まれない方が難しいでしょう。 

ニートだって本音をいうと働きたいのです。

この働きたい気持ちと後ろめたい気持ちが交錯し、自分の中へと病が徐々に侵食してきます。

ニートだって役に立ちたい

またニートは仕事に関する価値を見出せていないのも事実です。

「職場の同僚、上司、部下などとは勤務時間以外はつきあいたくない」「仕事はお金を稼ぐための手段であって、面白いものではない」

<参照:ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書

前者に関しては何も否定できません。

これは仕事のスタイルによって様々ですから。

勤務時間以外は本人の自由です。

しかし後者の価値観に対しては、考えを改める必要があるかもしれません。

確かにお金はものすごく大事です。

そして仕事が手段だというのうなずけます。

しかし仕事というのは手段であるのと同時に生きる目的にもなるのです。

人は仕事があるからこそ、生きていくことができます。

事実、仕事のない人の死亡率は非常に高いです。

人を仕事を通じて、誰かのためになっていると感じて初めて幸福を感じます。

 「社会や人から感謝される仕事がしたい」

というニートの気持ちはまさに、幸福感の欠如を表しているでしょう。

ニートだって誰かの役に立ちたい。役に立って心が満たされたい。

このように幸福を感じるために仕事というものは存在します。

幸福を感じさせてくれる仕事の存在は決して単なる手段なんかに収まりません。

以上がニートの気持ちとなります。

ただ一丁前に気持ちだけあってもしょうがないので、やはり行動が一番大切です。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-ニートの統計データ

関連記事

ニートの種類!タイプは様々です。

ニートの種類は様々です。 一概にニートと言ってもいろんな型が存在します。 あなた ...

ニートの人口推移について!どの年代のニートが多いのか?

ニートの人口推移は誰しも気になるところでしょう。 過去から今にかけてニートはどれ ...

なぜ?ニートが働かない理由

ニートはなぜニートなのか。 ニートは働きたくないのか。 働きたくても働けないのか ...