ニートから派遣社員

ニートにおすすめの派遣サイトを比較!

更新日:

ニートの就職には紹介予定派遣がおすすめです。

今回はそんなニートが紹介予定派遣を探すのにピッタリな派遣サイトをご紹介します。

まずは派遣サイトの種類からお伝えしましょう。

2種類の派遣サイト

例えば、同じ会社から提供されている「マイナビ派遣」と「マイナビスタッフ」はどちらも派遣サイトです。

このように派遣サイトは大きく分けて2つに分けられます。

果たしてどのような違いがあるのでしょうか。

派遣サイト

一般的な派遣サイトでは、様々な派遣会社を横断して職を探すことができます。

もちろん利用者からしたら重要なのは派遣元の会社ではなくあくまでも派遣先の企業でしょう。

そんなわけでこの類の派遣サイトでは仕事内容を見てから募集するのが一般的です。

ただし肝心なのはその後。

仮に働きたい会社があったとしてもまずはその派遣元の会社に登録しに行かなければなりません。

アルバイトの求人サイトとの違いはまさにそこで、アルバイト求人だったらそのままいきなり面接することになるでしょう。

ある種二度手間でもあるのが一般的な派遣サイトの特徴です。

ちなみにマイナビ派遣はこちらに分類されます。

派遣サービス

一方で「派遣サービス」は直接派遣会社に登録します。

その派遣会社が派遣している企業しかサイトには掲載されません。

ですから一般的な派遣サイトに比べ求人掲載数は劣りますが、他の派遣会社にたらい回しされる可能性は一切なくなります。

一つの会社への登録だけで全て完結するという意味でも私は派遣サービスの方が好みです。

イメージ的にはこのような派遣サービスの会社が、求人を掲載するのに派遣サイトを利用します。

ちなみにマイナビスタッフはこの派遣サービスに分類されます。

そんなわけでマイナビ派遣を使って見つけた仕事がマイナビスタッフの派遣先企業だったなんていうことは珍しくありません。

これぞ二度手間です。

やはり手間が増える可能性を考慮しても派遣サービスの利用をおすすめします。

また派遣サービスなら個人的にカウンセラーが担当者としてつくので、自分にあった仕事を紹介してくれるでしょう。

おすすめの派遣サービス

マイナビスタッフ

まずおすすめなのが【マイナビスタッフ】 です。

期間限定の派遣はもちろんのこと、正社員を目指せる紹介予定派遣の求人も揃っています。

マイナビという大手企業が運営していることもあり、誰でも安心してサービスを利用することができるでしょう。

リクルートスタッフィング

次におすすめなのが「リクルートスタッフィング」。

同じリクルート社が提供するリクナビ派遣との違いはこれまでに説明した通りです。

「マイナビ派遣」と「マイナビスタッフ」の関係は「リクナビ派遣」と「リクルートスタッフィング」の関係に等しいと言えます。

なお「マイナビスタッフ」と「リクルートスタッフィング」の違いですが、こればかりは非常に難しく正直好みの問題でしょう。

ちなみに私が新卒で就活した際はリクナビとマイナビの両方登録していましたが、派遣サービスの場合はその必要はありません。

どちらか一方でも必ず企業を紹介してもらえるからです。

もちろん紹介企業はそれぞれ違いますが、どちらも大手なので大量に求人を取り揃えているの間違いありません。

というわけでリクルート好きの方は是非「リクルートスタッフィング」に登録しましょう。

ハタラクティブハケン

未経験者向け就職サイト【ハタラクティブ】 から派遣専用のサービス【ハタラクティブハケン】が生まれました。

ハタラクティブハケンの目玉は豊富な紹介予定派遣案件です。

ハタラクティブハケンではスキル不要の未経験OK求人を540件以上豊富に扱っています。

まさに紹介予定派遣専用の派遣サイトと言っても過言ではないしょう。

その証拠にハタラクティブハケンの正社員化実績は80%越えです。

正社員を本気で目指したいニートは是非この派遣サイトを利用して就職しましょう。

以上がニートにおすすめの派遣サイトです。

派遣からであればニートにとって社会復帰のいい訓練になること間違いなし。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-ニートから派遣社員

関連記事

ニートは紹介予定派遣を利用して就職しよう!

いきなりニートから正社員になるのが不安な人もいるでしょう。 そこでおすすめなのが ...

ニートから派遣社員になる方法とメリット・デメリットについて

ニート脱出方法として最初から正社員を目指す人もいれば、ひとまず派遣社員から始める ...