ニートから正社員

ニートが就職する際に聞かれる空白期間の言い訳について

投稿日:

面接官も芸がないもんですから、必ず突っ込んでくるでしょう。

「この空白期間は何をしてらっしゃったのですか?」と。

そこで今回はニートが就職する際に絶対聞かれるであろう空白期間の答え方についてお伝えします。

空白期間は言い訳せず正直に答える

結論からです。

空白期間は言い訳せずに正直に答えましょう。

適当に取り繕ったとしてもボロが出るのがオチです。

だったら正直に答えた方がいいでしょう。

それに嘘をついて入社したところで最終的に苦しむのは自分です。

背伸びしてもミスマッチを引き起こすだけ。

自分がニートだったという過去は誰にも変えられません。

重要なのは自分が今何をしたいか、何ができるか

面接となると過去に目がいきますが、正直昔の話なんてどうでもいいことです。

大切なのはあなたがその会社に「何を持ってこれるのか」ということ。

逆に言えば過去の栄光にすがってるような人が採用されることはありません。

過去の栄光から、会社への貢献を計算できるような場合であれば別ですが、結局重要なのは今なのです。

今あなたがしたいのか、何ができるのかよく答えられるようにしておきましょう。

ニートから這い上がった人なんて山ほどいます。

ニートだから今後もダメだなんていうのは迷信に過ぎません。

ジョージ・クルーニー主演の映画「マイレージ・マイライフ」にこのような名ゼリフがあります。

帝国を築き上げた成功者もみんな苦境をバネにしたんだ

ニート時代という苦境をバネにこれからの行動を決定しましょう。

面接での回答例

かといって、ニートが「入社したらこれを成し遂げます」と言っても説得力がまるでありません。

ニートに誰もお金を貸したがらないように、ニートには一切信用がないのです。

正直に「何もしていません」と答えたところで果たして本当に就職できるのでしょうか。

実際のところ空白期間に関して、言い訳せず正直に答えても採用される見込みは限りなく薄いでしょう。

では一体どうすればいいのか。

それはニートから就職しようと改心したところを起点として回答すればいいのです。

就職するためにどんな準備、どんな勉強をしたのでしょうか。

それを面接官に正直にぶつけましょう。

ニートが就職するにあたって会社から期待されるのは、これからの取り組み姿勢です。

スキルがないことは企業側も重々承知しているでしょうから、今自分にできる役割だけをしっかりと果たしましょう。

何もやっていない人はいない

仮にニート時代に同じゲームを5,000時間プレイしてたとしましょう。

それこそ、立派なアピール材料になりえます。

なぜなら同じゲームを5,000時間も続けられる人はそういないからです。

ゲームに5,000時間ハマることができるなら、会社の業務にだってハマってしまう可能性も導き出せることでしょう。

もちろん実際にハマるかどうかは別の話として、大事なのは合理性です。

あなたがこれまでにハマってきたものの数々を仕事に変換するだけで、相手は納得するでしょう。

とにかく、空白期間に関する言い訳を考えるくらいなら、これまでにハマってきたものを思い出しましょう。

その熱量こそ、相手の企業が仕事に求めているものとなるのですから。

これまでに何もやっていない人はいません。

何かしら好きなことやものがあったはずです。

それをそのまま面接で答えましょう。

自分を偽るくらいなら、就職しない方がマシです。

ニートだった偽りのないあなたを必要としてくれる会社が見つかるまでとことんチャレンジし続けましょう。

ニートが就職する際に聞かれる空白期間の言い訳なんて必要ありません。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-ニートから正社員

関連記事

ニートから正社員に直接なる方法とメリット・デメリットについて

ニート脱出の作戦はいくつかあります。 そのうちの一つがニートから正社員というダイ ...

ニートは就職できない?ニートの就職率は?

一見するとニートは就職できない感じもしますが、果たして真相はどうなのでしょうか。 ...

ニートの就職にハローワークがおすすめできない理由

ニートの就職のやり方はいくつかありますが、その一つがハローワークです。 就職の仕 ...