ニートの末路

ニートの末路!一度ハマると抜け出せない

投稿日:

ニートの末路はいくつか予想がつきます。

そのうちの一つが一生ニートということ。

ニートは一度ハマると抜け出せません。

ニートは年齢層が高い

なぜニートは一度ハマると抜け出せないのかというと、一つは年齢層です。

ニートの年齢層は非常に高いと言えます。

2015年における年齢別ニートの割合は以下の通りです。

年齢 15歳〜19歳20歳〜24歳25歳〜29歳30歳〜34歳
割合(人数) 14%(8万人)26%(14万人) 30%(17万人)30%(17万人)

この表からも分かる通り、ニートは年齢が上がるにつれ人数も増えていきます。

企業における社員もそうですが、基本的に平均年齢が高いほど辞める人が少ないです。

これをニートに置き換えると、平均年齢が高いがゆえに脱ニートする人も少ないと言えるでしょう。

ニート期間が長くなるにつれ抜け出せない

また厚生労働省発表の調査研究に以下のようなデータがあります。

ニート状態にある期間は「1年以下」41.1%、「1年超~2年以下」13.2%、「2年超~3年 以下」7.7%、「3年超~5年以下」6.5%、「5年超」11.5%であった。ニート状態になって一 年以内に支援機関に来訪する者が多いことが印象的だが、支援活動が緒についたばかりのためか、複数年におよぶケースのほうが多数派となる。支援活動が本格化した後の変化に注目する必要がある。 年齢とニート期間との関係を見ると、年長者にはニート期間の長い者が多く、年少者にはニート期間の短い者が多くなる。

<参照:ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書

当たり前ですがニート期間の長い人ほど、年齢も高くなるとのこと。

逆に年齢が高く、ニート歴が短い人は少数派だと言えます。

にも関わらずニートは年齢が上がるにつれ人数も増えていくわけですから、年長者における脱ニートの難易度が窺い知れるでしょう。

一度ハマると抜け出せない理由

なぜニートは一度ハマると抜け出せないのか。

それは孤独な時間が長く経過するにつれ、環境の変化に適応できなくなってしまうからです。

つまりニート期間が長くなればなるほど、リハビリに要する時間も増えていきます。

ニートは外的刺激が少なすぎます。

その状態を長い間続けて、いきなり外に出ろというのも無理な話です。

人は長期間監禁されると、免疫が備わっていないため外界のウイルスに耐えられないと言います。

これはあくまでも比喩ですが、ニートもまさに同じ状況です。

いきなりストレスに耐えられるわけがありません。

というわけで、ニート期間が長くなるにつれニートはなかなか抜け出せなくなります。

もしこのような末路を辿りたくないなら、若いうちから外に出て免疫をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-ニートの末路

関連記事

ニートの末路!病気とケガに注意しよう

ニートの末路として注意しなければならないのが、病気と怪我です。 最終的な成り果て ...

ニートの末路!親が死んだら一生孤独!生活保護は受けられない

「いつまでもあると思うな親と金」 という諺はニートだからこそ、噛み締めておきたい ...

高学歴ニートの末路!就職できるの?

昨今よく聞く高学歴ニート。 私も大卒という意味では、一種の高学歴ニートだったのか ...

ニートの末路!女も男も結婚できません

これからお伝えするニートの末路はいたって当たり前のことです。 ニートは結婚できま ...

ニートの最高の末路!社会復帰は無理なのか

ニートの暗い末路ばかりを見ていても仕方ないので、たまには明るい未来も想像してみま ...