ニートの統計データ

ニートの人口推移について!どの年代のニートが多いのか?

投稿日:

ニートの人口推移は誰しも気になるところでしょう。

過去から今にかけてニートはどれくらい増えているのでしょうか。

ニートの人口推移

以下の表はニートの人口推移を表しています。

neet-jinkou.png

<参照:総務省「労働力調査」

ニート=若年無業者と思ってもらって構いません。

11年間での推移ですが、ニートの数自体は減っています。

2005年のニート人口は64万人で、2015年は56万人です。

ところが人口あたりの割合は10年前と比べても、さほど変化はありません。

2005年は全体の2.0%に対し、2015年はわずか増減幅+0.1%で2.1%となっています。

なぜニートの人数は減ったのに割合が変わらないのかというと、少子高齢化の影響が大きいと考えられるでしょう。

ニートの割合が減らない限りは決して問題が改善されているとは言えません。

これらのデータから分かるのは、11年もの間100人の同級生のうち約2人がニートになっている状況です。

ニートの年齢層

次にニートを占める年齢層について見てみましょう。

ニートの年齢について

<参照:総務省「労働力調査」

この表は、年齢ごとのニート推移です。

一体どの年齢層のニートが多く占めているのでしょうか。

いつの時代もニートは「15歳〜24歳」よりも「25歳〜34歳」のほうが多いと言えます。

ニート全体における年齢層の割合は以下の通りです(2015年)。

年齢 15歳〜24歳25歳〜29歳
割合(人数) 40%(22万人) 60%(34万人) 

さらに年齢を細かく分類すると以下の通りになります(2015年)。

年齢 15歳〜19歳20歳〜24歳25歳〜29歳30歳〜34歳
割合(人数) 14%(8万人)26%(14万人) 30%(17万人)30%(17万人)

年齢が上がるにつれニートの割合も増えています。

ここで懸念しなければならないのは、時間の経過とともにニートが減らないということです。

途中参入のニートがいるにせよ、数字が積み上がっているわけですから、脱ニートできる割合もそこまで多くないと予想できます。

とにかく脱ニートするなら早いうちに対策を打たなければなりません。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイトまとめ

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-ニートの統計データ

関連記事

なぜ?ニートが働かない理由

ニートはなぜニートなのか。 ニートは働きたくないのか。 働きたくても働けないのか ...

うしろめたい?ニートの気持ち!

ニートの気持ちを考えたことはありますか。 一体ニートはどんな気持ちで毎日引きこも ...

ニートの種類!タイプは様々です。

ニートの種類は様々です。 一概にニートと言ってもいろんな型が存在します。 あなた ...