ニートの末路

ニートの最高の末路!社会復帰は無理なのか

投稿日:

ニートの暗い末路ばかりを見ていても仕方ないので、たまには明るい未来も想像してみましょう。

一度ニートになったからと言って、絶望を感じることはありません。

ニートからの社会復帰は無理でないのですから。

今回はニートの社会復帰できる確率について見てみましょう。

果たしてどれくらいのニートが社会復帰に成功しているのでしょうか。

社会復帰こそニートの最高の末路です。

ニートの社会復帰できる確率

厚生労働省発表のデータによると、社会復帰できた割合は以下の通りです。

「就業にいたった」者は43.5%、「求職中など」が23.0%で、在塾中に「就業できなかった」者が33.5%いる。

<参照:ニートの状態にある若年者の実態及び支援策に関する調査研究報告書

もちろんこの数字はニート全体を表しているものではありません。

あくまでも、求職施設を利用した人の中での確率となります。

ちなみに母集団は409名です。

つまりこの施設を利用して180人近くが就業に至ったということになります。

半分以下です。

やる気にさえなれば就職なんていつでもできると思っている方は考えを改める必要が出てくるでしょう。

やる気のある求職者だって半分未満しか決まらないのですから。

ニートの次なる雇用形態

就業とはいえど、すべての人が正社員になれるわけではありません。

同研究調査によるニートの次なる雇用形態は以下の通りです。

「就業にいたった」者の雇用形態は、「正社員」19.1%、「アルバイト」49.4%、 「契約社員・臨時社員など」21.9%であった。

アルバイト、契約社員、正社員の順に数が減っていきます。

やはりいきなりの正社員はやや困難なのかもしれません。

それでも、この間まで無職で引きこもっていたニートからしたらこれが大きな一歩になるのは間違いないでしょう。

最初はバイトでもいいのです。

バイトを通じて「正社員になりたい」と思えるのが理想ですから。

自信を取り戻すという意味でも「アルバイト」「契約社員」を決して誤った選択ではありません。

むしろ次につなげるための正しいステップとも言えます。

最高の末路を迎えるために

このように就業に至るためには、まず求職活動をしなければ話になりません。

確かになかなか決まらなくて辛い時期もあるでしょうが、選考を受けない限りは決して受かりません。

就職をする上で、落ちない人の方が珍しいのです。

ということでもし脱ニートを遂げ、最高の末路を迎えたいならめげずに求職活動あるのみです。

特にニートはハマると抜け出せなくなってしまいますから、早いうちに行動しましょう。

もっともニートでも若ければ簡単に決まるという問題ではありません。

ニート期間と就業の成否との関係を見ると、「3年超~5年以下」の50.7%がもっとも高く、以下「1年超~3年以下」45.1%、「1年以下」44.2%、「5年超」42.3%となる。

このようにニート期間と就業の成否に相関は見られませんから。

重要なのは今。

今の行動が就業を決めるのです。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-ニートの末路

関連記事

ニートの末路!病気とケガに注意しよう

ニートの末路として注意しなければならないのが、病気と怪我です。 最終的な成り果て ...

ニートの末路!一度ハマると抜け出せない

ニートの末路はいくつか予想がつきます。 そのうちの一つが一生ニートということ。 ...

ニートの末路!女も男も結婚できません

これからお伝えするニートの末路はいたって当たり前のことです。 ニートは結婚できま ...

ニートの末路はホームレス!

ニートには様々な末路が考えられますが、一つはホームレスです。 ニートとホームレス ...

ニートの末路は孤独死!?

ニートは最悪孤独死するのではないでしょうか。 これぞ人間的に最も恐ろしい末路と言 ...