ニートから正社員

ニートから正社員に直接なる方法とメリット・デメリットについて

投稿日:

ニート脱出の作戦はいくつかあります。

そのうちの一つがニートから正社員というダイレクトコースです。

今回はその方法及びメリット・デメリットについてお伝えします。

ニートから正社員になる方法

就職支援サービスの利用

ニートから正社員に直接なるにはやはりこの方法しかありません。

それは就職支援サービスの活用です。

就職支援サービスであれば、安心してニートでも就職できるでしょう。

なおニートにおすすめの就職支援サイトはいくつかあります。

いずれにせよ、ニートが正社員を目指すなら就職支援サービスの利用がベストです。

一人での求職活動は就職までの期間を長期化してしまう恐れがあります。

ニートだからこそ、誰かに相談しながら就職しましょう。

ハローワークを利用

ニートがまず思いつくのが、ハローワークの利用でしょう。

ニートの友人も真っ先にハローワークを思い浮かべてました。

ハローワークは国の行政機関でもある厚生労働省の管轄なので、いちばん有名なのもうなづけます。

しかしニートの就職でハローワークを利用するのは断じておすすめできません。

なぜならハローワークの業務は「サポート」ではなく「紹介」だけに留まるからです。

社会から遠ざかっていたニートにとって就職支援は必要不可決。

したがってニートが正社員を目指すなら違ったアプローチ方法を考える必要があります。

ちなみにハローワークは失業給付の手続きも行っているので、必要な方は行かざるをえません。

転職サイトの利用

転職サイトを利用してニートから正社員を目指す方は多数います。

転職サイトとして有名なのは例えばリクナビNEXTです。

特に新卒で就職活動を行っていた方なら一度は「リクルート」という企業を聞いたことがあるでしょう。

そんなリクルート社が提供する転職サイト「リクナビNEXT」ですがやはりニートの就職にはおすすめできません。

たしかに未経験向けの求人を検索すれば、ニートでも働ける会社が見つかるでしょう。

しかし何と言っても転職サイトは文字通り「転職」したい方向けのサービスです。

ニートの就職とは若干ニュアンスが違うのはなんとなくわかるでしょう。

何しろ、ニートに必要なサポートでさえも基本的にはありません。

そういう意味でも転職サイトは中級者向けと言えます。

ニートは違った方法を模索しましょう。

ニートから正社員を直接目指すメリット

ニートを脱出したいだけなら何も直接正社員を目指すだけが手段ではありません。

アルバイトから正社員を目指すことだって、派遣社員から正社員を目指すことだって可能です。

ニートから直接正社員を目指すことの何がいいのでしょうか。

そのメリットをお伝えします。

一番手っ取り早い

アルバイトから正社員登用や派遣社員からの正社員は正直、時間がかかります。

前者に関しては本当に正社員になれるかも不透明です。

ところが就職支援サービスを利用すれば、早い人だと1か月近くで内定をもらうことができます

最大のメリットはまさにそこで早いうちに正社員になっておかないと、結局諦めてしまう可能性も出てくるでしょう。

そうならないためにも、やはりニートは直接正社員になることをおすすめします。

結局正社員になる

中にはゆっくりと社会復帰したいと考えるニートも少なくありません。

もちろんその考え方は理解できます。

しばらく社会から遠ざかっていると、非常に不安ですから。

ところが最終的に正社員になるというなら、早いうちに慣れておいたほうがいいでしょう。

正社員に遅くなろうと、早めになろうと、嫌なことは結局味合うハメになります。

それだったら嫌なことは早めに済ませておいたほうがいいはずです。

ゆっくりと正社員になりたいというのはいわば問題解決を先送りにしてしまっている可能性があります

先送りしていいことなんて何一つありません。

「正社員になりたいけど…」と思った瞬間に就職活動することをおすすめします。

会社が合わなかったら、また変えればいいだけの話です。

ニートから正社員を目指す直接目指すデメリット

もちろんニートから正社員を直接目指すのはメリットだけではありません。

年齢制限あり

残念ながら就職支援サービスを使って就職できるのは20代までです。

30代を過ぎるとなるとサービス自体が利用できなくなってしまいます。

なお30代からの就職は「紹介予定派遣」がおすすめです。

ということで結局、30代を過ぎるとニートから直接正社員になるのは諦めなければなりません。

ニートから直接正社員を目指すのは年齢がネックになるというデメリットがあるのです。

最初は辛く感じる

ニートから正社員に直接なったとすると何を隠そう、最初は辛く感じるはずです。

最初というのは環境に適応するまでのことを指します。

とはいえニートであろうとなかろうと、環境の変化に強い人はそういません。

多くの方が転勤を嫌がるのを考えれば想像つくでしょう。

ですからニートだからといって何も怖れることはないのです。

環境の変化に拒否反応を示すのは誰だって一緒

さらにはその環境の変化だけが自身を進化させてくれます。

辛さの数だけ成長していると思って、多少は我慢しましょう。

もちろん我慢のしすぎは厳禁です。

確かにニートからアルバイトになった方が確かに最初は楽でしょう。

しかし、楽なのは確実に最初だけ。

ましてやアルバイトでさえも多少は嫌な思いをしなければなりません。

そういう意味でも結局嫌な思いをするのなら、いきなり正社員になってしまった方が絶対にお得です。

ニートからアルバイト、アルバイトから正社員で2回嫌な思いをするところ、直接だと1回で済みますから。

というわけで就業希望のある20代のニートは是非、就職支援サービスの力を借りて直接正社員を目指しましょう。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-ニートから正社員

関連記事

ニートが就職する際に聞かれる空白期間の言い訳について

面接官も芸がないもんですから、必ず突っ込んでくるでしょう。 「この空白期間は何を ...

ニートの就職にハローワークがおすすめできない理由

ニートの就職のやり方はいくつかありますが、その一つがハローワークです。 就職の仕 ...

ニートは就職できない?ニートの就職率は?

一見するとニートは就職できない感じもしますが、果たして真相はどうなのでしょうか。 ...