ニートから派遣社員

ニートは紹介予定派遣を利用して就職しよう!

投稿日:

いきなりニートから正社員になるのが不安な人もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、紹介予定派遣という働き方です。

紹介予定派遣を使えばニートだって安心して就職することができます。

スポンサーリンク

紹介予定派遣とは

この言葉を聞き慣れない方のほうが多いでしょう。

紹介予定派遣とは派遣の働き方の一種で、最長で半年で社員になることができます。

通常、派遣の仕事には契約期間があり、更新がなければ新たな職を探さなければなりません。

そういう意味でも派遣は非常に不安定な働き方なのですが、紹介予定派遣はちょっと違います。

なぜなら紹介予定派遣は社員契約か更新なしか最長半年で白黒はっきり結果が出るからです。

もちろん社員になるためには期間内で結果を残し、しっかりとアピールしなければなりません。

スポンサーリンク

ニートに紹介予定派遣がおすすめの理由

ミスマッチを防げる

紹介予定派遣を使えば、会社とのミスマッチを防ぐことができるでしょう。

いざニートから正社員になってみて蓋を開けてみたら全くイメージと違かったなんていうのはよく聞く話です。

社員になる前に現場を体験できる紹介予定派遣だからこそニートは安心して就業先を決められるでしょう。

ニートはもう二度とミスマッチによって自信を喪失することはできません

これまでに挫折をたくさんしてきたニートこそ紹介予定派遣を使いましょう。

ニートには期限が必要

紹介予定派遣には最長半年という期限があると言いました。

この期限には本人がダラダラしなくて済むというメリットがあります。

仮にアルバイトから正社員を目指したとしましょう。

その場合、いつ社員になれるのかも本当になれるのかも定かではありません。

かといって社員を目指すぐらいですからシフトに貢献していることは間違いなく、よっぽどのことがない限り契約を打ち切られることもないでしょう。

そこが問題なのです。

結局ダラダラしてしまって気がついたら、就職できる年齢でなくなってしまうことも珍しくありません

そういう意味でもニートには良かれ悪かれ、期限が必要です。

正社員登用というエサをまかれる心配がない

期限があることで、企業側もエサで釣ることができません。

すなわち、紹介予定派遣を募集するのは本気で社員を必要としている企業となります。

これが期限つきでないアルバイトからだとすると、正社員登用をエサとして長くこき使い続けることができてしまうでしょう。

このように期限を設けることは求職者にとってメリットだらけです。

ダメだったらダメで次に進めば問題ないですし、仮に採用されそうになっても合わないと思ったら辞退することもできます。

ニートだからこそ、企業は吟味したいところです。

30歳を過ぎてもチャレンジできる

就職というものは30代を超えると一気に難しくなりますが、紹介予定派遣はその限りではありません。

そのため30代以上の就職手段としても大変人気の働き方となっています。

というわけでニート期間が長期化してしまっていて就職が不安な方もふるって応募しましょう。

紹介予定派遣はチャレンジできる場でもあるので、ミスを恐れることはありません。

スポンサーリンク

紹介予定派遣の注意点

紹介予定派遣は残念ながら不採用になるケースもあります。

その点を把握した上で、応募するようにしましょう。

もっとも派遣会社に勤めている私の友人によると、多くが社員として契約に結びついているとのことです。

というわけで「どうせ受からない」と思ってチャレンジしないのは非常に損していることになります。

また社員になれるとはいえど正社員ではなく契約社員の可能性もあるので、そこは入念にチェックするようにしましょう。

同じ労力を使って社員になるわけですから、待遇的にも契約社員よりも正社員の方が断然おすすめです。

ニートで就職を検討されている方は是非、紹介予定派遣も視野に入れてみましょう。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-ニートから派遣社員

関連記事

ニートにおすすめの派遣サイトを比較!

ニートの就職には紹介予定派遣がおすすめです。 今回はそんなニートが紹介予定派遣を ...

ニートから派遣社員になる方法とメリット・デメリットについて

ニート脱出方法として最初から正社員を目指す人もいれば、ひとまず派遣社員から始める ...