ニートにおすすめの就職支援サイト

ニートにおすすめの就職支援サイトまとめ!まずは相談しよう

投稿日:

今回はニートにおすすめの就職支援サイトを一挙まとめていきたいと思います。

ポイントは「支援」です。

単なる就職求人サイトではなく支援サポート付きのサービスをご紹介します。

ニートは是非手厚いサポートを受けながら就職しましょう。

いくつかご紹介しますが、もちろんどのサービスも無料でご利用いただけます。

なお、これからご紹介するのはどれもフリーター就職サイトとなりますが、ニートの方でも問題ありません。

スポンサーリンク

ハタラクティブ

まずおすすめできるのがハタラクティブです。

ニートの方でも利用できる就職サイトは2パターンあります。

それはガチな研修タイプと軽い相談からできるタイプです。

正直なところ、ニートであれば研修タイプで就職した方がいいでしょう。

しかし現実問題、社会から長い間離れていた方がいきなり研修するのは困難です。

だからこそ、まずはハタラクティブのようなサイトで軽く相談することをおすすめします。

そんなことから一番人気なのもハタラクティブです。

スポンサーリンク

UZUZカレッジ

ニートはしばしばIT系の仕事が向いていると言われます。

なぜなら人と接するのが苦手な人でも、コツコツと作業できる職人的な仕事だからです。

もちろん全くコミュニケーションが必要ないと言ったら嘘になりますが、技術さえあればなんとかなってしまいます。

そういう意味でもニートがITエンジニアになるのは決して悪くない選択肢です。

そこでおすすめなのが「UZUZカレッジ」という就職支援サイト。

このサービスを用いれば、素人からでも4週間で技術を身につけることができます。

UZUZカレッジの特徴

【ウズウズカレッジ】は研修型の就職支援サービスです。

コースは全部で3種類。

  • ITエンジニアコース
  • 営業コース
  • ハイブリッドコース(5週間)

ニートの方はハイブリッドコースを選択するといいでしょう。

確かにニートの就職としてITエンジニアは非常におすすめできます。

しかし向き不向きがあるのも事実です。

そんな時ハイブリッドコースならいつでも方向転換が可能になります。

未経験ということでニートに何が向いているかはわかりません。

そういう意味でも是非ハイブリッドコースを選びましょう。

研修自体は1週間延びてしまいますが、たったの1週間で「営業」と「ITエンジニア」と選択肢が広がります。

なお「営業コース」を選択するなら個人的にはジェイックの「営業カレッジ」がおすすめです。

ジェイックが研修型就職サービスのパイオニアですから。

研修内容

具体的な研修内容は以下の通りです。 

営業コース

  • Word/Excel
  • 3C分析
  • テレアポ

ITエンジニアコース

  • プログラミング
  • ネットワーク
  • データベース

後者のコースに関しては具体的にITインフラエンジニアの登竜門と言われるCCNAを取得していきます。

いずれのコースを選ぶにせよ、就職するのに必要最低限のスキルを習得できることは間違いありません。

ご利用の条件

以下の条件に当てはまる方のみご利用いただけます。

  • 18歳〜29歳で最終学歴は高卒以上の方
  • カリキュラムに90%以上参加できる方
  • 東京まで通える方

なお研修は平日の10:00〜17:00に実施されます。

後述するジェイックよりもやや遅めの開始です。

というわけで以上の条件を満たせる方は是非「UZUZカレッジ」を利用しましょう。

まずは説明会からのスタートとなります。

ご予約はWEBで可能です。

スポンサーリンク

ジェイック

次におすすめなのが「ジェイック」の営業カレッジです。

営業カレッジの特徴

ジェイックがおくる「営業カレッジ」は研修型の就職サービスです。

営業カレッジでは10日間の研修を通じて社会人としての基礎を培います。

ニートですと、通常自信を失っていることも珍しくありません。

そんな時ジェイックの営業カレッジを利用すれば、誰もが自信を取り戻せるでしょう。

もちろん自信だけでなく、営業スキルでさえもつけることができます。

これでもうニートなんて言わせません。

「営業カレッジ」の研修内容

「営業カレッジ」の研修カリキュラムは以下の通りです。

  • ビジネスマナー 
  • 仕事に対するマインド 
  • コミュニケーション 
  • 営業職に関すること 
  • 営業体験 
  • 履歴書対策
  • 面接対策 
  • 自己PR対策

注目すべき点は営業体験でしょう。

いざ就職した時に困らないよう「営業カレッジ」では実際に営業体験を行います。

もちろん、いきなり営業体験が始めるわけではなく座学にて知識をつけた上で行うので何も心配は要りません。

厳選された20社と面接会

研修が終わった後はご褒美です。

内定に直結するであろう、厳選された20社との面接会に参加します。

なお研修修了者の内定率は80%を超えるので、この面接会まで参加できれば就職はもらったも同然といえるでしょう。

もちろん油断は禁物です。

就職後の定着率94.3%

またジェイックは就職後のアフターフォローも充実しています。

具体的には、入社前研修や個別相談です。

このアフターケアがあるからこそ、不安なく新しい場所での社会人生活をスタートさせることができます。

もちろんアフターフォローは強制ではないので必要な方だけ利用しましょう。

なお、ジェイックはこの取り組みが評価され「日本HRチャレンジ大賞 奨励賞」という栄えある賞を受賞しました。

就職後の定着率94.3%の賜物です。

ご利用の流れ

全体の流れは以下の通りです。

  1. 説明会
  2.  JAIC営業カレッジ(2週間)
  3. 面接会 
  4. 就職決定

ちなみに研修期間は2週間とはいえど実際の研修日数は10日間です。

社会人の生活を模擬体験するという意味で、平日9時半~16時半という時間帯を設定しています。

というわけで内定が出るまでには1か月を想定しておくといいでしょう。

実際のところは、営業カレッジ卒業後1ヶ月以内には約70%の人が、3ヶ月以内には約80.3%が内定を決めています。

利用上の注意点

とても素晴らしいサービスであるに違いないのですが、利用するにあたっていくつか条件があります。

[年齢層] 18歳~29歳

[属性] 既卒者、第二新卒者、中退者(高校中退は除外)、フリーター、ニート

在学中でない20代の方なら基本的にどなたでも「営業カレッジ」にご参加いただけます。

ちなみに研修は連続して行われますが、何らかの事情で継続して参加するのが難しいという方は一度ジェイックにご相談ください。

他にも研修なしで個別に求人を紹介してくれることもあるので、いずれにせよまずは説明会に参加してみることをおすすめします。

JAIC女子カレッジ

次にご紹介するのは、同じく「ジェイック」がお送りする「女子カレッジ 【JAIC】」です。

「営業カレッジ」のご利用をお考えの女性は是非こちらのサービスも一緒にご検討することをおすすめします。

女子カレッジ」なら仕事における女性特有の悩みを解決できる企業を紹介してくれるでしょう。

研修は6日間

単刀直入に「営業カレッジ」との違いを挙げていくと、まず研修期間が異なります。

「女性カレッジ」は「営業カレッジ」よりも短く、研修期間は6日間です。

もとより女性は男性よりも優秀ですからより短い期間でも十分スキルは習得できます。

厳選された15社と面接会

「営業カレッジ」は20社でしたが、「女子カレッジ」はやや少なめの15社の紹介となります。

もちろん数が減っても何も心配することありません。

なぜなら50,000社を超える契約企業の中から女性が安心して働ける職場を紹介してくれるからです。

様々な業界、職種、規模から自分にあった企業を見つけましょう。

「女子カレッジ」の研修内容

「女子カレッジ」では主に以下のことを学んでいただきます。

  • 女性のキャリアについての学び 
  • 美しいビジネスマナー 
  • ロジカルコミュニケーションスキル 
  • 実践研修 
  • プレゼンテーションスキル 
  • その他、多数カリキュラム

これらの内容を6日間で習得していただくわけですから、相当密度の濃い研修になるでしょう。

なお全体の流れとしては、営業カレッジとほとんど変わりません。

こんな人におすすめ

女性特有の悩みを解決してくれるということで、就職に関してこんな悩みをお持ちの方におすすめです。

  • 産休をしっかりとれる会社がいい 
  • 安定した仕事に就きたい 
  • 子育てと仕事が両立できる環境で働きたい 
  • 楽しく働きたい 
  • 仕事もプライベートも充実させたい 
  • 結婚して仕事も続けたい

また「営業カレッジ」同様に利用には条件があります。

[年齢層] 18歳~29歳

[属性] 既卒者、第二新卒者、中退者(高校中退は除外)、フリーター、ニート

[性別] 女性

営業カレッジの条件に女性が追加されただけです。

もちろん女性でも営業カレッジは受けれますからお好みでお好きな方を選択するといいでしょう。

研修期間や内容と違いはいくつかありますが、最終的に大きく違うのは紹介企業となります。

バリバリ営業として働きたい女性なら営業カレッジがおすすめです。

なお、お住まいの地域によっても利用できるサービスが限られてきますので詳しくは以下のページをご覧ください。

詳細はこちらから

女子カレッジ 【JAIC】

TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業

次にご紹介するのが「TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業by東京しごとセンター」です。

東京しごとセンターということで、東京都の管轄サービスとなります。

ちなみに国の管轄下であるハローワークをこれから利用しようと考えていた方は今すぐこちらのプロジェクトに切り替えましょう。

ニートがハローワークだけで就職するのはあまりおすすめできません。

若者正社員チャレンジ事業ならハローワークの弱点をほどんど補ってくれるでしょう。

TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業の特徴

当プロジェクト最大の目玉は「未経験者でも最短28営業日で正社員になれる」というものです。 

都による手厚いサポートを通じることで、このような公約が果たされます。

ちなみにハローワークだと「職業紹介」だけで終わってしまうので、正直ニートからしたら物足りません。

ニートだからこそ、絶対にサポートは必要です。

全体の流れ

「最短28営業日で正社員になる」ためのカリキュラムは以下の通りです。

  1. 参加申し込み⇒脱ニート!脱フリーター!+若者正社員チャレンジ事業
  2. 事前カウンセリング&事前セミナー 
  3. 合同企業説明会 
  4. 実習先企業の決定 
  5. 実習前セミナー 
  6. 企業内実習(約20日間) 
  7. 応募・面接・採用へ

これまでに研修型の就職支援サービスをご紹介してきましたが、当プロジェクトはどちらかというと「実習」の色が強いといえるでしょう

というのも「TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業by東京しごとセンター」では最終的に実習先がそのまま就職先になるからです。

もちろん企業側から断られることもあれば、合わないと感じてこちらから辞退することもできます。

いずれにせよ、入社前から自分に合った職場かどうかを知ることができるのは非常にありがたいことだといえるでしょう。

最大10万円の『キャリア習得奨励金』がもらえる

研修ではなくあくまでも実習ですから、期間に応じてお金をもらうことができます。

その金額は最大で10万円

日給にすると5千円ですが、他の就職支援サービスの研修では一円ももらえませんから非常に大きいです。

なんといってもニートですから、ほとんどの場合が金欠でしょう。

就職活動は何かとお金がかかります。

そういう意味でもこの10万円の価値は非常に重みがあるといえるでしょう。

社会復帰に必要な貴重なお金ですから。

ちなみに奨励金の支払いは申請書類を提出後、約1ヶ月程度で振り込まれます。

アルバイトの給料日だと思って気長に待ちましょう。

ご利用の条件

利用条件は他の就職支援サービスよりも少々厳しくなります。

具体的には以下の通りです。

大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校または高等学校等を卒業して3年以上が経過した29 歳以下の求職者で、以下の要件のいずれかを満たす方が対象となります。条件が合う方であれば選考はありません。

  • 卒業後、就職就業経験がない方 
  • 卒業後、非正規での就業経験のみの方 
  • 直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方

3年以上経過というのが一つのポイントになるでしょう。

また条件というほどではありませんが、いくつか参加する上での注意点があります。

  • お住まいの地域に関係なくご参加いただけますが、実習先は都内です
  • 実習期間中に面接等が入ると、様々な調整や面接の準備不足になるため、その他の就活との並行はおすすめはできません
  • 並行でアルバイトをする場合は、体調や時間面で実習に支障が出ない範囲でお願いいたします
  • 交通費の支給はありません
  • 参加する前提でご登録をお願いしています

運良く条件を満たした方は是非「TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業by東京しごとセンター」に応募しましょう。

10万円がもらえる就職支援サービスは他にありません。

ニート向けおすすめ就職支援サイトまとめ

ニートは就職支援が必要不可欠

以上が支援付きの就職サイトです。

ニートは決して、支援なしで就職活動してはなりません。

それこそ就職活動が長期化してしまう原因です。

長期化すれば、モチベーションの低下にもつながりせっかくのチャンスがふいになります。

ニートが就職するなら短期決戦がおすすめです。

結局人は環境がモノをいうのですから。

適切なサポートが受けられる環境であれば社会復帰も遠くはありません。

ニートのタイプ別おすすめ就職支援サイト

結局どの就職支援サイトを利用したらいいかわからない

という方も少なからずいるはず。

そこでニートのタイプ別におすすめサイトをまとめます。

まずIT企業に就職したいという方は【ウズウズカレッジ】の「ITエンジニアコース」を選択しましょう。

次にITをやって見たいけどちょっと不安という方は同サービスの「ハイブリッドコース」がおすすめです。

続いて、就職が不安な女性ニートの方は「女子カレッジ 【JAIC】」を。

ちょっと金欠でどうしてもお金が欲しい方は「若者正社員チャレンジ事業」を。

そして就職に関して右も左もわからないような人こそまずはハタラクティブで相談から始めてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-ニートにおすすめの就職支援サイト

関連記事

ニートにおすすめの就職サイト「TOKYO START LINE 若者正社員チャレンジ事業by東京しごとセンター」で10万円貰おう!

ニートの就職のやり方はいくつかあります。 ハローワークで探す人もいれば、就職サイ ...

IT系に就職したいニートにおすすめのサイト「UZUZカレッジ」!未経験でも4週間で!

人とのコミュニケーションがあまり好きでないニートだからこそIT系への就職はおすす ...

ニートにおすすめの就職サイト「ジェイック」で社会人としての基礎力を身につけよう

ニートにおすすめの就職サイトで「ジェイック」というサイトがあります。 なぜ「ジェ ...

女性ニートにおすすめの就職サイト「JAIC女子カレッジ」!内定率80%超え!

今回ご紹介するニートにおすすめの就職サイトは「ジェイック」の仲間です。 その名も ...

ニートの就職で不安なら「ハタラクティブ」を利用しよう!

ニートの就職支援サイトは多数あります。 どれも手厚いサービスでニートの就職をサポ ...