フリーターの実態

フリーターと正社員のメリットとデメリットを挙げてみる

更新日:

私は両方経験してきたからこそわかりますがフリーターと正社員、どちらにもメリットがあります。

メリットがあるということは当然デメリットも。

今回はそれぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

あなたが選ぶのはフリーターですか、正社員ですか?

全てあなた次第です。

スポンサーリンク

フリーターのメリット

まずはフリーターのメリットから。

責任が少ない

フリーターの最大のメリットは責任が少ないことです。

責任感に押し負けてフリーターになってしまう人もいます。

フリーターは気楽でいいよな

まさにその通りで気楽じゃなきゃフリーターなんてやってられません。

気楽に高い金を出して買う。

それがフリーターです。

場所と働く時間を選べる

好きな時間、好きなところで働けるのがフリーターの魅力の一つです。

アルバイトなら基本的にシフト制で、異動も一切ありません。

一方で正社員が働く時間を選べることは皆無です。

仮にシフト制の会社でも自分の希望が全て通ることはありえません。

会社の規模によって、異動が伴うこともあります。

時間と場所に融通きくのがフリーターなのです。

好きな分だけ働ける

次も時間に関するメリットなのですが、今度は量です。

フリーターなら自分の都合に合わせて労働時間を決められます。

たくさんお金が欲しい人はたくさん働いてよし、そこまでお金が必要ない人は減らしてよし。

こんなことができるのもフリーターだからです。

受かりやすい

基本的には正社員になるより、アルバイトで採用される方が簡単です。

これは誰でも予想がつくでしょう。

正社員の方が経営者側からしたらやはりそれなりにコストがかかるので精査しなければなりません

それに解雇しにくいですから。

一方でアルバイトは言い方悪いですが、要は使い捨てです。

ですから比較的簡単に受かることができます。

なかなか仕事が見つからない人がアルバイトから始めるのもそのためです。 

すぐに辞められる

正社員をすぐに辞めた私が言うのも説得力ないのですが、フリーターは比較的簡単に職場を変えられます。

もちろん私のように、正社員でも辞めれる権利はあるでしょう。

しかしイメージ的にはやはりアルバイトを辞めるのと、社員を辞めるのとでは敷居が異なります。

アルバイトが嫌ならやめればいいのです。

所詮アルバイトなのですから。

スポンサーリンク

フリーターのデメリット

次はフリーターのデメリットについてお伝えします。

将来性がない

フリーターの将来性には期待できません。

正社員に将来性があるかどうかは謎ですが、あくまでも将来性とは可能性の話。

目標もなくフリーターをやり続けた人に未来はありません

頑張って目標を持って積み上げてきた正社員にはきっとチャンスが訪れるでしょう。

いずれにせよ、フリーターが正社員の将来性に敵うわけありません。

イメージが悪い

フリーターのイメージは非常に悪いです。

将来性がないと思われているのがフリーターですから、事実がどうであれ印象は非常に悪くなります。

そんなわけでイメージの悪いフリーターは一切信用されません。

それが仕事面であろうと、恋愛面であろうと、何をするにも不利になるということを覚えておきましょう。

収入に格差が生じる

フリーターの年収が正社員に比べ低いのは明らかです。

フリーターと正社員の年収比較

しかも正社員は基本的にボーナスが支給され、キャリアが増えるにつれ収入も増加します。

だからこそ、人々は正社員に将来性を見出すのです。

フリーターを続けても給料はほとんど変わりません。

フリーター最大のデメリットはこの収入格差だと言えるでしょう。

若い頃の差はなんとかして耐えられますが、中年以降にもなると、もはや天と地の差です。

スポンサーリンク

正社員のメリット

次に正社員のメリットについてお伝えします。

社会的信用が生まれる

社会人で安定的な収入があるというだけで信用は生まれます

よくよく考えてみたら当然です。

あなたが知らない誰かにお金を貸す場合、フリーターか正社員だったら、どちらがいいでしょうか。

基本的には正社員なはずです。

特に大企業の正社員であれば無条件に信用してしまうこともあるでしょう。

いずれにせよ、収入の安定しているサラリーマンがお金を借りやすいのは事実です。

それが社会的信用というものですから。

信用面に関しては断然、正社員の方が有利です。

正社員は最低限のステージ

一般の人は正社員になるのが常です。

そんなわけで人として最低限のステージとして正社員でいてほしいという方もいます。

例えば、フリーターとは絶対結婚できないという女性も多いです。

ところが正社員となれば別。

いくら給料が低くとも、正社員というだけで勝手に将来を見出してくれますから。

この最低限の条件として非常に有効なのが正社員ということを覚えておきましょう。

事実、フリーターの結婚は非常に難しいです。

それは大人として最低限のステージに立てていないから。

結婚したかったら正社員になることをおすすめします。

人脈形成がしやすい

正社員からフリーターになってみて感じましたが、本当に人脈ができにくいです。

仕方ありません。

なぜなら、毎回決まった人に会うのがアルバイトなのですから。

そして当然、人脈が人脈を生み出すこともありません。

バイト先だけで完結してしまうことが多いです。

人脈というのは持ちつ持たれつのセーフティネットワークですから是非とも形成しておきたいところです。

フリーターはいわば人脈があっても、相手にメリットを提供できないのが問題と言えるでしょう。

そういう面でも正社員は非常に人脈形成がしやすいです。

フリーターよりも正社員の方が相手に与えられるメリットは計り知れないですから。

正社員のデメリット

次に正社員のデメリットをお伝えします。

正社員だから安定しているわけではない

正社員だから一生安泰」という考えは非常に危険です。

なぜなら今の時代、終身雇用制ではありませんから。

会社が傾く可能性もあれば、クビになる可能性だってあります。

さらに正社員だからといって、給料が自動的に増えるとも限りません。

これだけはやはり景気に左右されてしまいます。

そんなわけで一番安泰なのは正社員だからといって一生安泰と思っていない人です。

正社員=安泰だと思っている人に正社員は向かないでしょう。

働いた時間=給料ではない

これは会社にもよるのかもしれませんが、月給ということに甘んじて、みなし残業ということで計算される場合があります。

ちなみに私の以前の会社は1分単位での支払いでした。

みなし残業の何がいけないかというと、会社側が得をする場合です。

社員でも働いた分だけ給料をもらえるのは当然の権利でしょう。

にも関わらずブラックな話なのですが、そのような会社も残念ながら存在します(少なくとも私の知る限りで)。

そして一方、面白いことにフリーターは時給制ですから分単位で支払われることが多いです。

企業として社員を大切にしないといけないのは当たり前ですが、アルバイトさんはそれ以上に大切にしなければなりません

大事な労働力ですし、トラブルを起こしやすいのもアルバイトですから。

丁重に扱う必要があります。

ですから給料未払いなんてのはもってのほか。

そんなわけで給料に関して、より透明性があるのはフリーターです。

正社員は必ずしも働いた時間だけ給料がもらえるとはいえません。

会社を優先させる必要がある

特に出世組ですが、異動一つとっても会社を優先させなければなりません。

基本的に正社員である以上、会社の異動に拒否権はないのです。

会社があそこへ行けと言ったら行かなければなりません。

会社を優先させずに出世することは不可能です。

正社員には会社に対する忠誠心を要します。

そのような意味でもやはり正社員の自由度は高くないということができるでしょう。

フリーターと正社員のメリット、デメリット まとめ

結局のところ、その人が何を取るのかによってフリーターになるべきか、正社員になるべきか変わってきます。

二つを天秤にかけ、総合的に判断することは不可能なのです。

状況は変化します。

あなたは今、何が欲しいのでしょうか。

その欲しているものに合わせて、正社員かフリーターかを選択するようにしましょう。

重要なのは、正社員になるかならないかではなく、あなたが何を欲しているのかです。

全てを得ることは不可能ですから、メリット・デメリットを吟味した上で、ぜひ判断しましょう。

ちなみにやりたいことが見つからない人は正社員になっておくことをおすすめします。

フリーターにはいつでもなれますが、正社員だと若さが求められますから。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーターの実態

関連記事

フリーターと正社員のあらゆる違いについて

私のフリーター時代は、正社員の友人とさほど収入は変わりませんでした。 頑張ってい ...

フリーターとは?人口推移と割合について

一体日本にはどれくらいのフリーターが存在しているのでしょうか。 今回はフリーター ...