フリーター就職コラム

「フリーターになりたい」人に告ぐ!やめましょう

更新日:

もしあなたが今、正社員でフリーターになりたいというなら、全力で阻止します。

元脱サラ大卒フリーターだからこそわかるのです。

わざわざフリーターになっていいことはないと。

それでももし、あなたがどうしてもと言うのならせめてフリーターのメリットとデメリットだけは理解しておきましょう。

フリーターになりたいのはなぜ?

そもそもなぜあなたはフリーターになりたいのでしょうか。

フリーターになりたい特別な理由がない限り、いきなりなるのはやはり危険です。

また理由があったとしても、所詮そんなのは言い訳に過ぎません

私は起業したいからという理由で会社を退職しましたが、よくよく考えるとおかしな話です。

なぜ起業したいと思ったのでしょうか。

それは少なからずとも現状に満足していなかったからです。

現状に満足していたらきっと起業なんていう発想には至らなかったでしょう。

ということで結局のところ、フリーターになりたいのに立派な理由なんてないのです。

フリーターにならずとも活動できる

別にフリーターにならずとも活動できることはたくさんあります。

例えば副業。

もし会社が副業を禁止していたとして、ばれたらその時はその時です。

会社にバレるくらいの影響力を持ったことを誇りに思いましょう

もちろんクビになる可能性もありますが、その時に独立するのでも全く遅くありません。

とこれはあくまでも極端な例ですが、事実私はフリーターになった意味が皆無でした。

なりたくてなったわけではありませんが、フリーターでも正社員でも働いている時間数はほぼ一緒

それだったら正社員をやりながら、副業としてビジネスを始めた方がよっぽど利口といえるでしょう。

なぜ働く時間がほぼ一緒になってしまうのかというと、それだけフリーターの給料は低いのです。

フリーターと正社員の年収比較

 

このグラフが示す通り、さして働いている時間は変わらないのに、フリーターと正社員の収入差は一目瞭然です。

ですからもしあなたが、フリーターになりたいと思うのならもう一度胸に手を当て自分に聞いてみてください。

あなたのやりたいことは本当にフリーターにならないとできないことですか。

会社を辞めることがおすすめできない

フリーター云々というよりも会社を辞めることがおすすめできません。 

利益0の恐ろしさ

会社の利益がいきなり0になった時のことを想像してみましょう。

その状態がずっと続けば当然倒産です。

それと一緒で、無作為に会社を辞める行為はまさに自殺行為と言えます。

今まであった固定収入がいきなり0になるわけですから、健全な状態を保つのは非常に困難です。

さらに来年になると、ずっしりと住民税が徴収されます。

住民税は前年の収入によって決まりますから、収入が減った時点で来年は苦しむことになるでしょう。

無職であろうと、フリーターであろうと平等に税金や保険料は徴収されます

当たり前ですが、収入を断つ行為は非常に恐ろしいことなのです。

一度辞めると就職したくなくなる

私なんてモロにそうなのですが一度離職してしまうと、社会復帰したくなくなります。

こちらのグラフはフリーター期間別の正社員になれた割合です。

フリーター期間別の正社員になれた割合 001

もし仮にあなたが会社を辞めフリーターになったところで、それが長続きしてしまうと正社員に戻れなくなります。

事実3年超えのフリーターはもっとも就職率が低いです。

このように一度離職してしまうと、就職したくなくなってしまいます。

一生フリーターでいいなんて言う人もいますが、個人的にはおすすめできません。

フリーターと正社員の結婚率の差フリーターと正社員の年収差も明らかだからです。

会社を辞めてフリーターになるという行為は何かを失ってしまうというリスクも考えなければなりません。

フリーターになりたい人がならずして解決する方法 

フリーターになりたいという悩みは転職で解決できる

「今の仕事が嫌だからフリーターになりたい」

なんて人は別にフリーターになる必要ありません。

転職すればいいのです。

もちろん働きながら就職活動しましょう。

そのような人はごまんといますし、事実以前の私の職場にも会社に黙って就活している上司がいました。

大卒の3割が3年以内に退職する」という有名なデータもあります。

ですからあなたが転職したって至って普通のことなのです。

第二新卒カードを使おう

しかも第二新卒というカードを使えば就職だってすぐに決まるでしょう。

あなたが何歳かはわかりませんが、若ければ尚更フリーターになる前に転職することをおすすめします。

例えば30代フリーターなんて就職市場においてもとことん不利ですから。

一度フリーターになって就職するより、仕事をしながら転職活動する方がはるかにイメージもいいです。

それでなくてもフリーターはイメージが悪いですから。

選択肢を多く持つという意味でも「フリーターになりたい」なんて言わずに転職を検討しましょう。

なお、転職の際は若手就職支援サービスの利用がおすすめです。

基本的に第二新卒者は年齢的にもフリーターと同じ市場で戦うことになりますが、カードがある分だけ有利に転職活動を進められます。

第二新卒特有のいろいろな悩みも聞いてくれるでしょう。

とにかくフリーター経験者からしたら、決してフリーターはおすすめできません。

たいていの場合がフリーターにならずしても解決できることが多いですから。

スポンサーリンク

フリーター就職サイトを一括比較!

おすすめフリーター就職サイト

こんな方は今すぐチェック!!

  • どのサイトを使えばいいかわからない
  • フリーターでも就職できるのか不安
  • 自分にあったサイトが知りたい
  • 就活のやり方が知りたい

-フリーター就職コラム

関連記事

フリーターはイメージがとにかく悪い

フリーターの何がいけないかというと、正直イメージだけです。 イメージこそが全て。 ...

フリーターにおすすめの仕事はありません

フリーターにおすすめの仕事はありますか? とよく聞かれますが、そんなものはいっさ ...

フリーターで親の扶養に入るのはアリか?

フリーターで親の扶養に入ろうとする人がいますが、果たしてその選択肢は正解なのでし ...

フリーターが資格よりも大事にするものは実績とスキル

資格を取れば、就職できると思い込んでいる人がしばしばいます。 果たして本当にそう ...

フリーターが起業で成功するために

私の経歴を大げさに言うと、一応大卒フリーターで起業したということになります。 起 ...